ホーム >Blog > セラミックの長所は、見た目の美しさだけですか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックの長所は、見た目の美しさだけですか?

  西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。 今回のテーマは「セラミックの長所」です。 セラミックの審美性の高さは、誰もが知る長所でしょう。   しかし、セラミックは審美性だけでなく機能性においても優秀であり、 そのため、例え見た目にこだわらない人でもセラミックにするメリットはあるのです。 そこで、ここでは審美性の高さ以外のセラミックの長所について解説していきます。  

虫歯が再発しづらくなる

虫歯治療した歯が再度虫歯になることがあり、これを二次虫歯と呼びます。 銀歯を使用している人の多くはこの二次虫歯に悩まされやすく、 実際に虫歯の再発と治療を繰り返している人は多いでしょう。   その点、セラミックにすると二次虫歯を予防しやすくなります。 まず、セラミックは素材がツルツルしているためプラークが付着しにくく、 さらに歯としっかり接着するため隙間が生じにくく、セラミック周辺を清潔に保ちやすいのです。  

長い間使用できる

一般的に銀歯の寿命は長くて5年ほどであり、どんなにケアをしていても劣化してしまいます。 そして、劣化することで金属イオンが溶け出してしまい、歯肉が黒く変色してしまうのです。 一方、セラミックの寿命は長く、ケアが万全なら10年以上使用することも可能です。   とくに、オールセラミックの場合は年数が経過しても変色などの劣化が起こらないため、 使用している間はずっと高い審美性を維持できます。 ただし、いくらセラミックでもケアを怠れば長持ちせず、これはケアが万全であることを前提とした長所です。  

金属アレルギーが起こらない

セラミックの素材は陶器であり、いわば普段使用している茶碗や湯吞みと同じです。 そのため金属を使用しておらず、これは金属アレルギーの人にとって大きな長所といえるでしょう。 なぜなら、金属アレルギーの人は金属を使用していることが理由で銀歯を使用できないからです。   ただし、この長所については全てのセラミックにいえることではなく、 メタルボンドと呼ばれるタイプを除いたセラミックの長所なので注意してください。 メタルボンドはセラミックの一種ですが、内部のフレームに金属を使用しています。  

セラミックと健康保険

セラミックを希望しない人の理由の多くは、おそらく費用の高さではないでしょうか。 セラミックは自由診療のため、銀歯に比べて費用が高くなるのが欠点です。 ただし、一定の基準を満たしている場合はセラミックでも健康保険の適用が可能です。  
  • 基準1. 厚生労働省に施設基準の届け出を行い、認可された歯科医院である
  • 基準2. 歯科補綴治療に関する専門知識、及び3年以上の経験を持つ歯科医師が在籍している
  • 基準3. 厚生労働省の定める歯科用CAD/CAM装置で製作する
  • 基準4. 製作する歯科医技工所との連携がとれている
  • 基準5. 被せ物のハイブリッドセラミックに限られる
  基準となるのはこれら5つで、 注意点として「被せ物に限られること」「ハイブリッドセラミックに限られること」が挙げられます。   つまり、詰め物の場合はその時点で自由診療になりますし、 被せ物の場合もオールセラミックなど他の種類のセラミックを選択することはできません。 また、保険診療のハイブリッドセラミックは従来のものに比べて審美性・耐久性の面で劣っています。   とはいえ、これらの基準を満たしていても歯の箇所によっては健康保険が適用されない場合もあるため、 保険診療でのセラミック治療を希望する人は一度医師に相談してみると良いでしょう。  

セラミックの短所について

セラミックには多くの長所がある一方で、次の短所もあります。  
  • 基本的に自由診療になるため費用が高い
  • 陶器なので割れることがある
  もっとも、これらの短所については解消方法もあり、 例えば費用の高さにおいては上記の健康保険適用も含め、ハイブリッドセラミックを希望すると良いでしょう。   また、強度の高さが気になるならメタルボンド・ジルコニアセラミックを選択するのがおすすめで、 これらは金属や人工ダイヤモンドを使用した強度の高いタイプになっています。  

まとめ

いかがでしたか? 最後に、セラミックの長所についてまとめます。   1. 虫歯が再発しづらくなる :プラークが付着しにくく、隙間も発生しづらいため 2. 長い間使用できる :ケアが万全なら、セラミックの寿命は銀歯に比べて相対的に長持ちしやすい 3. 金属アレルギーが起こらない :メタルボンドのみ金属を使用しているので注意 4. セラミックと健康保険 :基準を満たしていれば、保険診療でセラミック治療をすることが可能 5. セラミックの短所について :費用が高い、割れることがあるなど(ある程度の解消方法も存在する)   これら5つのことから、セラミックの長所について分かります。 いずれも審美性とは無関係の長所であり、セラミックの長所が審美性の高さだけでないことが分かるでしょう。 二次虫歯を予防しやすいなど、セラミックは機能性においても優れており、 例え見た目にこだわらない人でも、セラミックにするメリットはいくつかあるのです。

PAGE TOP