ホーム >Blog > 虫歯や歯周病から歯を守るためには、どうすれば良いですか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯や歯周病から歯を守るためには、どうすれば良いですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「歯を守るために必要なこと」です。
将来、自分の歯を守るためには虫歯や歯周病を予防しなければなりません。

これらの病気はいずれも歯を失う要因になるため、
虫歯と歯周病を予防することが歯を守るために最も効果的な方法です。
また、発症した場合もすぐに治療することが大切になってきます。

歯磨きの精度を高める

虫歯や歯周病を予防するための基本は毎日の歯磨きです。
とはいえ、適当に磨いていては磨き残しも多く、とても予防として充分な効果は発揮できません。
歯磨きは頻度よりも精度が大切、次の方法で歯磨きの精度を高めましょう。

デンタルフロス・歯間ブラシの使用

通常のブラッシングで除去できるプラークはおよそ6割、つまり4割ものプラークを磨き残してしまいます。
一方、デンタルフロス・歯間ブラシを使用すれば、プラークの除去率はおよそ8割まで高まります。
デンタルフロスは歯と歯の隙間、歯間ブラシは歯と歯肉の境目を磨けるため、使い分けると良いでしょう。

ブラッシング指導を受ける

歯科医院で予防歯科・定期検診を受診すれば、その中でブラッシング指導を受けられます。
これは正しい歯磨きの方法を教えるもので、自分の歯並びに合った歯の磨き方はもちろん、
歯ブラシの持ち方・選び方など、ブラッシングの効果が高まる指導を受けられます。

プラークテスターを使う

プラークテスターを使えば無色透明のプラークを染色でき、磨き残しを目で見て確認することが可能です。
これによって磨き残しを確実に減らすことができますし、
数日連続して使用すれば染色のパターンが把握できるため、自分の歯磨きの弱点も分かります。

生活習慣を改善する

虫歯と歯周病は、日常生活の過ごし方次第で発症しやすくなってしまいます。
そのため、生活習慣を見直して改善することが大切ですが、具体的な改善方法が分からない人も多いでしょう。
そこで、虫歯や歯周病の発症のリスクを抑えるための日常生活の改善方法をまとめます。

疲労やストレスを解消する

虫歯や歯周病は細菌の感染によって発症するため、その点だけで考えれば風邪に似ています。
細菌感染のリスクを減らすには身体の免疫力を高めることが効果的であり、
そのためには充分な睡眠などで疲労を解消し、また適度にストレスを解消するのも大切です。

食生活を改善する

とくに虫歯の場合、食生活によって発症のリスクが大幅に高まります。
ダラダラ食い・間食を続けていると脱灰を促し、簡単に虫歯になってしまうでしょう。
また糖の摂取も虫歯・歯周病が発症するリスクを高めるため、これらに注意した食生活を心掛けてください。

禁煙する

喫煙が身体に有害であることは、既に誰もが知っている事実です。
しかし、口の中の健康においても有害なことを知っている人は少なく、
喫煙は歯周病が発症するリスクを大幅に高めてしまうため、喫煙している人は禁煙することをおすすめします。

歯科医院に関係するアドバイス

虫歯や歯周病を予防することはもちろん大切ですが、発症した時にすぐに治療を受けるのも大切で、
早期治療を心掛けておけば虫歯や歯周病の重症化を防げます。
また、歯科医院では虫歯や歯周病を治すためでなく、予防するための治療を受けることもできます。

最後まで治療を受ける

虫歯や歯周病になった時には、最後まで治療を受けるようにしましょう。
例えば虫歯の場合、痛みが治まったことを理由に治療を中断して通院を止めてしまう人がいますが、
治療途中で通院を止めてしまえば、症状が再発してしまう可能性が高くなってしまうのです。

定期検診を受診する

虫歯や歯周病は初期段階で発見すれば、それほど大きな問題になることなく治せます。
とはいえ、痛みのない初期の虫歯や歯周病を初期段階で自覚するのは難しく、
そこで定期的に検診を受け、その都度医師に虫歯や歯周病の有無を確認してもらいましょう。

予防歯科を受診する

予防歯科では、虫歯や歯周病の予防効果を高める治療を行っています。
例えば、PMTCと呼ばれる歯のクリーニングでは、歯磨きでは除去しきれないプラークを落とせますし、
定期的に予防歯科を受診すれば、自分だけで予防するよりも虫歯や歯周病を遥かに予防しやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を守るために必要なことについてまとめます。

1. 歯磨きの精度を高める :デンタルフロス・歯間ブラシの使用、ブラッシング指導を受けるなど
2. 生活習慣を改善する :疲労やストレスを解消する、食生活を改善する、禁煙する
3. 歯科医院に関係するアドバイス :最後まで治療を受ける、定期検診を受診する、予防歯科を受診する

これら3つのことから、歯を守るために必要なことについて分かります。
歯を失ってしまえば二度と取り戻すことはできず、入れ歯やインプラントで対応しなければなりません。
将来歯を失って後悔しないためにも、今から歯を守ることを考えておきましょう。
また、虫歯や歯周病が発症した時には早期治療を心掛け、進行を食い止めるようにしてください。

PAGE TOP