ホーム >Blog > 予防歯科の治療内容を教えてください

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

予防歯科の治療内容を教えてください

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。 今回のテーマは「予防歯科の治療内容」です。 歯科医院で行う治療は、症状を治すためのものだけではありません。 診療科目によっては症状を予防するための治療を行っており、それは予防歯科の予防治療です。 予防歯科では虫歯の予防効果を高める治療に対応しているため、 大切な歯を守るためにも受診することをおすすめします。

歯磨きによる虫歯予防の効果

虫歯予防の基本は毎日の歯磨きであり、それはほとんどの人が毎日行っていることでしょう。 そのため、虫歯を予防するための治療を敢えて受けることに抵抗を感じる人も少なくありません。 しかし、実際には歯磨きだけで虫歯を予防するのは難しいのです。 歯磨きの目的はプラークの除去ですが、ブラッシングによる歯磨きで除去できるプラークはおよそ6割であり、 つまり4割もの磨き残しを発生させていることになります。 これを高めるにはデンタルフロスを使うことで、その場合はプラークの除去率が8割程度まで高まります。 ただ、それでも2割のプラークを磨き残していることになりますから、 歯磨きだけでは虫歯予防としていかに不充分なのかが分かるでしょう。

虫歯の重症化

予防歯科は虫歯予防の効果を高めるものの、あくまで予防のメインは毎日の歯磨きです。 予防歯科の治療はあくまで虫歯予防のサポートであり、 いくら予防歯科を受診していても、自分でプラークコントロールできなければ虫歯の予防は難しいでしょう。 また、自分でも虫歯予防を徹底している人が予防歯科を受診した場合も、 100%虫歯を予防できるとは断言できず、どうしても虫歯になってしまうことはあります。 そう考えると、予防歯科に対してメリットを感じない人もいるかもしれません。 しかし、定期的に予防歯科を受診すればその都度医師が虫歯の有無を確認するため、 虫歯が発症した場合も初期段階で発見でき、虫歯の重症化を確実に防ぐことができるのです。

予防歯科の治療内容

では、予防歯科で行っている実際の治療内容を説明します。 予防歯科では、虫歯予防の効果を高めるために以下の治療を行っています。

フッ素塗布

フッ素が虫歯予防に効果的なことは、多くの人が知っているのではないでしょうか。 予防歯科では、歯磨き粉に配合されているものよりもさらに高濃度のフッ素を塗布します。 フッ素塗布により、虫歯の原因菌の出す酸に簡単に溶かされない丈夫な歯を作ることができます。

ブラッシング指導

歯磨きにとって大切なのは精度であり、頻度ではありません。 例え1日1回の歯磨きでも、精度が高く磨き残しの少ない歯磨きなら、充分虫歯を予防できるのです。 予防歯科では、効率よくプラークを除去できる正しい歯の磨き方の指導を行っています。

PMTC

いわゆる歯のクリーニングで、歯磨きでは除去しきれないプラーク、 プラークが石灰化した歯石、コーヒーやワインなどによる着色を全て除去できます。 PMTCによって歯の表面がツルツルになるため、プラークも付着しにくくなります。

生活習慣改善のアドバイス

虫歯になるリスクは日常生活の過ごし方次第で高くも低くもなります。 例えば、間食の多い人は脱灰が促進されて虫歯になりやすい状態であり、 予防歯科ではこのような生活習慣に対して指導、改善のアドバイスも行っています。

虫歯を早期発見する難しさ

おそらく、多くの人は歯に痛みを感じた時に虫歯を自覚するでしょうが、 歯に痛みを感じた時点で虫歯は既に進行しており、治療のためには歯を削らなければなりません。 一方、初期段階で虫歯を発見すれば、多くの場合は歯を削らずに治療することも可能です。 ただ、実際には虫歯の早期発見は難しく、なぜなら初期の虫歯は痛みを感じないからです。 「歯が痛くない=虫歯がない」と判断する人が多い以上、虫歯の早期発見は難しいでしょう。 しかし、予防歯科を受診している場合は別で、このような初期の虫歯も確実に発見することが可能です。 なぜなら、上記で説明したとおり医師が歯の健康状態を確認するからで、 つまり予防歯科を受診することで虫歯の予防だけでなく、虫歯の大きな進行や重症化を防げるようになるのです。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、予防歯科の治療内容についてまとめます。 1. 歯磨きによる虫歯の予防効果 :通常のブラッシングだけでは、6割程度のプラークしか除去できない 2. 虫歯の重症化 :予防歯科でも100%虫歯を防げるとは限らないが、重症化を防ぐことはできる 3. 予防歯科の治療内容 :フッ素塗布、ブラッシング指導、PMTC、生活習慣改善のアドバイス 4. 虫歯を早期発見する難しさ :初期の虫歯は痛みがなく、自分で発見することは難しい これら4つのことから、予防歯科の治療内容について分かります。 予防歯科では、患者さんの虫歯予防の効果をさらに高めるためのサポートに務めており、 通常の歯磨きでは対処しきれないプラークの除去が可能です。 定期的に受診することで虫歯を予防しやすくなりますし、もちろん歯周病も予防しやすくなります。

PAGE TOP