ホーム >Blog > 乳歯の虫歯は永久歯の虫歯ほど気にしなくても良いですか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

乳歯の虫歯は永久歯の虫歯ほど気にしなくても良いですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「乳歯が虫歯になることの問題」です。
子供が虫歯になった場合、その虫歯が乳歯という理由で気にしない親もいます。

確かに乳歯はいずれ抜けるため、永久歯ほど大切に守る必要はないと考えてしまうかもしれません。
しかし、乳歯が虫歯になることは決して無視できる問題ではなく、
乳歯の虫歯は将来生えてくる永久歯にも悪い影響をもたらします。

乳歯の子供は虫歯になりやすい

まず覚えておかなければならないのが、乳歯の子供は虫歯になりやすいという事実です。
そもそも乳歯は永久歯に比べてやわらかく、そのため脆く細菌に感染しやすい状態にあります。
永久歯ほど丈夫でないため、大人と同じ感覚で乳歯の虫歯を予防するのは難しいでしょう。
また、乳歯・永久歯に関係なく子供は虫歯になりやすく、これには歯磨きの技術不足・食生活の問題が挙げられます。

歯磨きの技術について

子供は歯磨きが決して上手ではなく、例えば奥歯に至っては磨き切れない箇所も多いでしょう。
また、大人のように虫歯予防の大切さを理解していないため、丁寧に歯を磨こうという意識も少ないですね。
そのため大人に比べて磨き残しが多く、そして磨き残しが多くなることで虫歯になりやすいのです。

食生活について

親が何も注意しなければ、子供の食生活は虫歯になる要因だらけです。

糖の摂取

子供の大好きなお菓子には必ずと言って良いほど糖が含まれています。
糖は虫歯の原因菌の大好物ですから、お菓子を食べるほど虫歯にもなりやすいのです。

ダラダラ食い

ダラダラ食いは歯の脱灰と再石灰化のバランスを壊し、脱灰を優位にさせます。
脱灰が優位になることで再石灰化が追い付かず、少しずつ歯が溶かされてしまいます。

間食

夕食を待ちきれずにお菓子を食べるのは、子供にありがちな行動です。
しかし、間食が多いと脱灰の頻度が高くなり、脱灰と再石灰化のバランスが崩れてしまいます。

乳歯の虫歯と永久歯への影響

乳歯はやがて永久歯に生えかわりますが、それまで永久歯は乳歯の下に存在しています。
つまり、乳歯が生えている時点で永久歯は誕生しており、乳歯の虫歯は永久歯にも悪い影響を与えます。

歯の健康への影響

乳歯の虫歯が進行すれば、やがては歯の根まで虫歯の原因菌に感染します。
この時、歯の根のすぐ近くに存在する永久歯も虫歯の原因菌に感染してしまい、
永久歯の変色・永久歯が虫歯になりやすくなるなどの問題を引き起こします。

歯並びへの影響

確かに乳歯はいずれ抜けますが、虫歯で抜けてしまうと本来よりも早いタイミングに抜けたことになり、
永久歯はすぐに生えてきません。そのため歯を失った状態が続き、隣接する歯が移動してしまうのです。
この時、移動した歯が永久歯の生えるスペースを邪魔してしまい、永久歯が正常な位置に生えられなくなります。

顎の成長への影響

成長期である子供は顎も成長していきますが、噛む動作を行わなければ顎は正常な成長をしません。
乳歯が虫歯になることで噛む歯が限定されてしまうと、どうしても飲み込む動作が早くなり、
充分な噛む動作が行われなくなるため顎の成長を促せなくなります。

子供を虫歯から守る歯科検診

小児歯科は「虫歯を治す」よりも「虫歯を予防する」の考えを大切にしており、
そのため検診時には虫歯予防に効果的な次の治療を受けられます。

フッ素塗布

フッ素を塗布して、虫歯の原因菌の出す酸に溶かされない強くて頑丈な歯を作ります。
フッ素は虫歯予防に効果的なことから、現在では多くの歯磨き粉に配合されていますが、
予防治療で塗布するフッ素は濃度が高く、より高い効果を得られます。

シーラント

歯磨きで子供が磨き残しやすい奥歯の溝を、専用のプラスチックを使って塞ぎます。
奥歯の溝が塞がれることで、その箇所への虫歯の原因菌の侵入を防ぎます。
プラスチックは身体に無害なものですし、時間が経過すれば自然に溶けていくため除去の作業も必要ありません。

歯磨き指導

プラークテスターを使って磨き残しを実感してもらった上、正しい歯磨きの仕方を指導します。
また、子供は歯磨きの技術が未熟なため、歯磨き指導を行った後も親の仕上げは欠かせません。
そのため、親に向けて正しい仕上げの方法も指導します。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、乳歯が虫歯になることの問題についてまとめます。

1. 乳歯の子供は虫歯になりやすい :歯磨きの技術不足・糖を摂取する食生活などが理由として挙げられる
2. 乳歯の虫歯と永久歯への影響 :乳歯が虫歯になると、永久歯も虫歯になりやすいなどの問題が起こる
3. 子供の虫歯から守る歯科検診 :フッ素塗布・シーラント・歯磨き指導などの予防治療を行っている

これら3つのことから、乳歯が虫歯になることの問題について分かります。
乳歯が抜けた後に永久歯は生えてきますが、乳歯が生えている時点で永久歯は既に誕生しており、
そのため乳歯の虫歯を放置すれば永久歯に悪い影響を与えてしまいます。
いずれ抜ける乳歯とは言え、しっかりと虫歯予防してください。

PAGE TOP