ホーム >Blog > 毎食後の歯磨きを徹底させれば、子供の虫歯は予防できますか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

毎食後の歯磨きを徹底させれば、子供の虫歯は予防できますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「子供を虫歯から守ろう」です。
親は子供の身体の健康を守りますが、口の中の健康においても例外ではありません。

特に子供は大人に比べて虫歯になりやすく、そのため虫歯予防を徹底する必要があるでしょう。
さて、虫歯予防の方法として真っ先に連想するのは歯磨き、
では毎食後に歯磨きを欠かさない習慣を身につけさせれば、子供の虫歯は確実に予防できるのでしょうか。

子供が虫歯になりやすい理由

まず、なぜ子供は大人に比べて虫歯になりやすいのでしょうか。理由として次のことが挙げられます。

お菓子が好き(糖の摂取が多くなる)
ダラダラ食いをしやすい
永久歯に比べて乳歯は弱い
歯磨きの技術が未熟

これらに注目すると、食生活に関する理由が2つ・歯に関する理由が2つあることが分かります。
子供はお菓子が大好きですが、お菓子には虫歯の原因菌の好物である糖が含まれており、
そのため糖の摂取が多くなって大人に比べて虫歯になりやすいのです。

また、ダラダラ食いは食事の時間がムダに長くなることで、脱灰の時間を長くしてしまいます。
口の中では歯が溶かされる脱灰とそれを修復する再石灰化が繰り返されており、
ダラダラ食いによって脱灰と再石灰化のバランスが乱れ、脱灰が優勢になってしまうのです。

次に、歯に関する理由として今回のテーマでもある歯磨きにおける問題点が分かります。
子供は歯磨きの技術が未熟であり、それどころか歯磨きの大切さを知らない子供も多いでしょう。
そのため、大人に比べて磨き残しが多くなり、細菌が残ることで虫歯になってしまうのです。

歯磨きにとって大切なこと

上記の説明から分かるとおり、子供は歯磨きの技術が未熟であり、そのため多くの磨き残しが発生します。
この状態では、いくら歯磨きの回数を重ねても虫歯予防の効果は低く、
そもそも歯磨きにとって大切なのは回数や頻度ではなく精度です。

これは大人にも言えることですが、精度の低い歯磨きをいくら繰り返しても虫歯の予防は難しいでしょう。
一方で、精度が高い歯磨きなら1日1回の歯磨きでも虫歯を予防することが可能です。
とは言え、子供はどうしても上手に歯を磨けないため、親は次のことを心掛けましょう。

夜の歯磨きの時には仕上げをする

朝も夜も仕上げをするのは現実的に考えて時間がなく、
そこで時間に余裕のある夜の歯磨きでは親が仕上げをしてあげてください。
特に子供は奥歯を磨けていないことが多く、奥歯・歯と歯の間を丁寧に磨いてあげましょう。

歯磨きの大切さを伝える

虫歯の怖さ、歯を失う怖さを知らない子供にとって、歯磨きは面倒に感じるものでしょう。
そのため、歯を磨くように伝えてもさっさと磨いてテレビの続きに夢中になる子供も少なくなく、
「なぜ歯磨きが大切なのか」を親がしっかりと子供に伝えてあげてください。

検診を受けて子供の虫歯を予防する

子供の虫歯を予防するには歯磨きだけでは難しく、小児歯科で定期的に検診を受診するのがおすすめです。
小児歯科の検診では次の予防治療を受けられ、いずれも虫歯の予防効果が高まります。

フッ素塗布

フッ素を塗布して虫歯の原因菌の出す酸に溶かされにくい、丈夫で強い歯にします。
フッ素自体は市販の歯磨き粉に配合されていますが、
予防治療で塗布するフッ素はより濃度が高く強力なものです。

シーラント

奥歯の溝を専用のプラスチックで塞ぎ、細菌の侵入・蓄積を防ぎます。
もちろんプラスチックは身体に無害なもので、仮に飲み込んでしまっても問題ありません。
プラスチックは自然に溶けていくため、処置後は普通に生活していて構いません。

ブラッシング指導

正しい歯の磨き方を医師が丁寧に教えます。
また、プラークを染め出して磨き残しの多さを実感してもらいます。
子供のブラッシング指導では、親も正しい仕上げの仕方を覚えることができます。

※このような予防治療は、予防歯科を受診すれば大人でも受けられます

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供を虫歯から守ろうについてまとめます。

1. 子供が虫歯になりやすい理由 :お菓子が好き(糖の摂取が多い)、ダラダラ食いをしやすい、乳歯は弱い
2. 歯磨きにとって大切なこと :回数ではなく精度が大切。磨き残しの多い歯磨きでは虫歯を予防できない
3. 検診を受けて子供の虫歯を予防する :フッ素塗布、シーラントなどの予防治療を受けられる

これら3つのことから、子供を虫歯から守ろうについて分かります。
「乳歯はいずれ抜けるため虫歯になっても問題ない」と間違った解釈をしている人も多いのですが、
乳歯の虫歯は将来生えてくる永久歯にも悪い影響をもたらします。

そのため、例え乳歯でも虫歯は予防しなければならず、特に子供は虫歯になりやすいので親は注意してください。
虫歯予防の基本は毎日の歯磨きですが、歯磨きにとって大切なのは精度であり、
歯磨きが上手にできない子供は親が仕上げをして磨き残しを減らしてあげましょう。

PAGE TOP