ホーム >Blog > 歯が痛い時に温めるべきか冷やすべきかで迷います

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯が痛い時に温めるべきか冷やすべきかで迷います

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「歯が痛い時の正しい対処と間違った対処」です。
身体のどころが痛む時、温めるか冷やすかで悩む人は多いと思います。

これは症状によって使い分ける必要があり、例えば頭痛の時は冷やすケースが一般的ですし、
慢性的な腰の痛みなどは温めるケースが一般的です。
つまりケースバイケース…では、歯の痛みに対してはどちらが効果的なのでしょうか。

歯が痛む時には冷やすべき

歯が痛む時には冷やすのが正しく、これは歯の痛みが神経の圧迫によって起こっているのが理由です。
神経のそばには血管が通っており、血管の中には血液が流れています。
この時、血流が盛んになっていることで神経が圧迫され、それによって歯に痛みを感じます。

ですから、血流を抑えることが歯の痛みの解消につながるわけですが、
温めてしまえば血行が良くなってむしろ血流はより盛んになってしまうでしょう。
このため、歯が痛い時には温めてはならず、冷やすのが正しい対処となるのです。

患部を直接冷やしてはいけない

上記の説明から、歯が痛む時には冷やすべきだということが分かりますが、
ただ冷やし方にも注意が必要で、間違った冷やし方をするとやはり逆効果になってしまいます。
ここでやってはいけないのが、「患部を直接冷やすこと」と「冷やしすぎること」の2つです。

患部を直接冷やすのは患部に対して強い刺激となり、冷やしすぎるのは血液の循環に障害をもたらします。
そのため、冷やす時は直接ではなく間接的に冷やす方法が正しく、
例えば「氷をくるんだタオルを頬に当てる」や「解熱用のシートを頬に貼る」が正しい冷やし方です。

無意識に温めてしまう行為に注意

歯が痛む時には温めてはいけない…そう分かっていつつも、温めてしまう人は少なくありません。
歯が痛い時にじっと耐えているのは難しく、多くの人は何らかの方法で痛みを解消しようとするでしょう。
しかし、その「何らかの方法」を実践したために温めてしまうことがあるのです。

例えば「気を紛らわせようと運動する」…運動すれば身体が温まりますから、これも温める行為に該当します。
さらに「気分を落ち着けるためゆっくりと入浴する」…これも温める行為ですよね。
このように、思わぬ行動が温める行為となってしまい、痛みが悪化するケースもあるのです。

その他の対処方法の紹介

歯が痛い時には冷やすと効果的ですが、有効な対処方法は他にもあります。
1つ目に鎮痛剤を飲むこと、これは歯科医院で処方されたものはもちろんとして、
「歯痛」の効果があるものならドラッグストアで販売されているものでも構いません。

2つ目にぬるま湯でうがいをすること、患部への刺激とならないぬるま湯でうがいを繰り返し、
細菌や食べカスを除去できればそれで痛みが解消されることもあります。
3つ目に正露丸を詰めること、正露丸は飲むのではなく押し込んで患部に詰めるのが正しい使用方法です。

「冷やす=治療」ではない

確かに、歯が痛い時に冷やせばある程度痛みを抑えることができますし、
痛みの程度次第では完全に解消できるかもしれません。
しかしそれはあくまで痛みが一時的に解消されただけであり、根本的な解決にはなりません。

例えば虫歯による痛みの場合、冷やして痛みが解消されても虫歯は治りません。
冷やすのは言わば応急処置であって、治療としての効果は全くないのです。
ですから、例え冷やして痛みが解消されたとしても、後日必ず歯科医院に行ってください。

救急センターの利用について

歯が痛ければ本来歯科医院に行くと思うので、
冷やして応急処置をする場合は歯科医院に行きたくても行けないケースでしょう。
例えば、診療時間が終わった夜の時間帯に突然歯が痛むなどのケースが該当しますね。

ただ、あまりにも痛みが辛い場合は歯科の救急センターを利用する選択もあります。
「〇〇(自分の住む地域)、歯科、夜間、救急」などで検索すれば、
最寄りの救急センターが確認できるため、万一の事態に備えて連絡先を控えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯が痛い時の正しい対処と間違った対処についてまとめます。

1.歯が痛む時には冷やすべき:血流を抑えることが痛みの解消につながるため、冷やすのが正しい
2.患部を直接冷やしてはいけない:直接冷やすと患部に刺激を与えてしまう
3.無意識に温めてしまう行為に注意:運動や入浴は温める行為に等しくなってしまう
4.その他の対処方法の紹介:痛み止めを飲む、ぬるま湯でうがいをする、正露丸を詰める
5.「冷やす=治療」ではない:冷やして痛みが解消できても、痛みをもたらした原因は解消されていない
6. 救急センターの利用について :夜間救急で利用できる歯科の救急センターが存在する

これら6つのことから、歯が痛い時の正しい対処と間違った対処について分かります。
まとめると、正しい対処となるのは冷やすことで、ただ直接ではなく頬側から冷やしてください。
一方、間違った対処となるのは温めることで、温めると血行が良くなるため逆効果になってしまいます。
最も、冷やして痛みが解消されても治療としての効果はなく、そのため後日必ず歯科医院に行きましょう。

PAGE TOP