ホーム >Blog > 急な歯の痛みへの対処方法を教えてください

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

急な歯の痛みへの対処方法を教えてください

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。 今回のテーマは「急な歯の痛みへの対処方法」です。 歯の痛みにおいて最も厄介なのは、急なタイミングで痛みに襲われるという点です。 本来、歯が痛くなったら歯科医院に行くのが正しい対処であり、それは言うまでもありません。 しかし、実際には歯科医院に行けない時間帯に歯が痛むことも稀ではなく、 そのような事態に備えて応急処置としてできることを覚えておいて方が良いでしょう。

鎮痛剤を飲む

いわゆる痛み止めを飲んで対処する方法です。 痛み止めは歯科医院でも処方されますが、ドラッグストアで販売されているものでも構いません。 ただ、痛み止めの効果の欄に「歯痛」と明記されていることは確認してください。 <痛み止めで対処する場合の欠点> 効果が出るまでに時間がかかるため、即効性は期待できない 激痛ほどの痛みの場合は、完全には痛みが解消されない可能性がある

正露丸を詰める

薬の力を使うという点では痛み止めと同じ方法ですが、 正露丸の場合は飲むのではなく患部に詰めるのが正しい使用方法です。 正露丸は粘土状になっているため押し込めば簡単に詰められますし、時間の経過で自然に溶けていきます。 <正露丸を詰めて対処する場合の欠点> 詰めてある箇所が目に見える位置だと、口を開いた時の見た目が悪くなる 正露丸の味を感じるため、人によってはその味をマズく感じて苦痛

頬側から冷やす

この方法のポイントは、単に「冷やす」ではなく「頬側から冷やす」という点です。 直接冷やすのは患部への刺激となり、知覚過敏などを引き起こしてしまうかもしれません。 ですから、氷をくるんだタオルや解熱用のシートを貼るなどして頬側から冷やしましょう。 <頬側から冷やして対処する場合の欠点> 濡れタオルを使って対処する場合、ずっと手でタオルを抑えておかなければならない 時間の経過で冷たいものに取り換える必要がある

歯科の救急センターに行く

夜間の急な歯の痛みは充分起こり得ること…そのため、歯科にも救急センターが存在します。 その場で全ての治療を終えることは不可能ですが、応急処置として痛みへの対処は可能です。 「〇〇(住んでいる地域) 歯科 救急」で検索して、あらかじめ連絡先や住所を控えておくと良いでしょう。 <歯科の救急センターで対処する場合の欠点> 歯科医院まで行かなければならない 混み具合によっては待ち時間が発生する

噛み合わせる行為を控える

歯が痛いと患部が気になり、また痛みを紛らせるためわざとガチガチと噛み合わせる人がいます。 しかしそれは全くの逆効果で、患部に衝撃を与えることは症状悪化を招きます。 むしろ、噛み合わせる行為を控えて患部に別の歯が当たらないようにした方が良いでしょう。 <噛み合わせる行為を控えて対処する場合の欠点> 口呼吸になりやすいため、口の中の環境自体は一時的に悪くなる 痛みの原因によっては大した効果を期待できない

ぬるま湯でうがいをする

患部を洗浄する意味でも、歯が痛む時にはぬるま湯でうがいをしましょう。 仮に食べカスが詰まって歯が痛んでいるのであれば、これだけで痛みは解消されます。 冷水は強めのうがいは刺激が強すぎるため、ぬるま湯で丁寧なうがいを繰り返すのがポイントです。 <ぬるま湯でうがいをして対処する場合の欠点> 就寝時に歯が痛んだ場合は、うがいをするたびに起きなければならないのが手間や負担になる 優しく丁寧なうがいの繰り返しは、それなりの根気が必要

歯が痛む時にやってはいけないこと

歯が痛む時の対処として、一見効果的に思えつつも実は逆効果となってしまう行為があります。 歯が痛み時、ついやってしまいがちな禁止行為を次にまとめます。

温める

身体に起こる症状によっては温めるべきケースがありますが、歯の痛みに対しては逆効果です。 温めてしまうと血行が良くなるため、血液が神経を圧迫して痛みが増してしまいます。

喫煙

普段からタバコを吸う人だと、歯が痛む時に気を紛らわす意味でタバコを吸おうとするかもしれません。 しかしタバコは有害な刺激物であり、むしろ症状が悪化してしまいます。

運動する

例えば仕事中に歯が痛くなると、痛みを忘れる目的で普段以上に身体を動かして仕事に励む人がいます。 しかし身体を動かすことは運動となり、運動は血行が良くなるため痛みが増してしまいます。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、急な歯の痛みへの対処方法についてまとめます。 1.鎮痛剤を飲む:ドラッグストアで販売されているものでも効果がある。即効性がないのが欠点 2.正露丸を詰める:患部に押し込んで詰める。正露丸を詰めた状態では歯の見た目が悪くなるのが欠点 3.頬側から冷やす:患部を直接ではなく頬側から冷やす。濡れタオルを使うと交換の手間がかかる 4.歯科の救急センターに行く:夜間でも対応できる救急センターがある。待ち時間が必要なケースもある 5.噛み合わせる行為を控える:噛み合わせない方が痛みを感じにくい。一時的に口呼吸になりやすい 6.ぬるま湯でうがいをする:丁寧でゆっくりとしたうがいを繰り返す。うがいの繰り返しは根気が必要 7.歯が痛む時にやってはいけないこと:基本的に温める行為は禁止。血行が良くなると痛みが増す これら7つのことから、急な歯の痛みへの対処方法について分かります。 ズラリと挙げましたが、あくまで応急処置であることを忘れないでください。 どの方法でもある程度痛みは解消されるでしょうが、そこに治療としての効果はなく、 そのため痛みがおさまったとしても翌日には必ず歯科医院に行きましょう。

PAGE TOP