最近よく耳にする「セラミック治療」とは何ですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミック治療の解説」です。
歯科治療に関する情報を見ると、そこでは大抵セラミック治療について解説されています。

虫歯治療などで歯を削った場合、患部は詰め物を入れて処置する必要があり、
詰め物の素材はこれまで銀歯が一般的でした。
しかし、現在ではこの詰め物の素材においてセラミックを希望する人が増加傾向にあります。

セラミック治療の説明

セラミック治療とは、詰め物の素材をセラミックにする治療です。
もっとも、歯の状態では詰め物ではなく被せ物のケースもあるでしょうが、
このような人工物の素材にセラミックを選択するのがセラミック治療になります。

また、既に銀歯やレジンを使用している人がセラミックへの交換を希望するケースもあり、
この場合もセラミック治療によってセラミックに交換することが可能です。
セラミック治療は、文字どおりセラミック治療に対応した歯科医院でのみ受け付けています。

セラミックにすることの利点

セラミックにすることの利点として、次のことが挙げられます。

審美性が高い

詰め物にせよ被せ物にせよ、銀歯の場合は審美性が低い上に目立つ欠点があります。
一方でセラミックの見た目は美しく、天然の歯と変わりない見た目を再現でき、
人工物を人に見られても気にならないほど高い審美性を持っています。

二次虫歯が起こりにくい

銀歯はプラークが付着しやすく、また接着が剥がれやすいため虫歯が再発しやすい問題があります。
セラミックはこれと全く逆の特徴を持っており、
プラークが付着しにくく接着もしっかりとしているため、虫歯が再発しにくくなります。

金属を使用していない

金属アレルギーの人にとっては、素材が金属を使用していることが欠点になります。
その点、セラミックは陶器が素材となっているため金属を使用しておらず、
そのため金属アレルギーの人でもセラミックなら安心して使えます。

頻繁な交換が必要ない

人工物は永久に使用できるものではなく、年数の経過で劣化してやがて寿命が訪れます。
セラミックにおいてもそれは例外ではないですが、銀歯に比べて寿命は長くなります。
ケアさえ怠っていなければ、銀歯ほど頻繁な交換は必要ないでしょう。

セラミックの種類

セラミック治療を行う場合、4つの種類のセラミックの中から好きなものを選択可能です。
それぞれのセラミックには独自の特徴があり、具体的には次のようになっています。

オールセラミック

唯一100%セラミックでできているタイプであり、最も高い審美性と機能性を持っています。
年数経過による変色も起こらないため、審美性だけでなく耐久性が高いのも特徴です。
欠点は費用が高いことですが、費用に見合った価値があるのもまた事実です。

ハイブリッドセラミック

レジンにセラミックの微粒子を練り込んだタイプであり、
素材の位置付けとしてはセラミックとレジンの中間にあたります。
年数経過による変色が起こりますが費用は安く、お手軽なセラミックとイメージすると良いでしょう。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたタイプであり、
金属を使用している特徴が長所にも短所にもなっています。
長所は強度に優れていること、短所はセラミックでありながら金属アレルギーの対象になることです。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドを使用したセラミックであり、メタルボンドの上位モデルのイメージになります。
と言うのも、メタルボンド同様に強度に優れたセラミックなのですが、
メタルボンドに比べて審美性が高く、また金属を使用していないのも優れた特徴の一つです。

これら4つの種類のセラミックの中から選択可能ですが、
取り扱っているセラミックの種類は歯科医院によって異なります。

セラミックの欠点

審美性・機能性の両方において銀歯以上の性能を持つセラミックですが、
一方で次の欠点もあり、長所と短所を把握した上で治療を決断してください。

自由診療のため費用が高い

セラミックは健康保険適用の基準を満たしておらず、
例え健康目的の治療であっても自由診療として扱われています。
このため、保険診療の銀歯に比べて費用は大幅に高くなります。

強度は金属に劣っている

セラミックは寿命の意味での耐久性は優れていますが、硬さの意味での強度は金属に劣ります。
素材が陶器である以上、あまり強い力で噛むと欠けてしまうこともあるでしょう。
もっとも、ジルコニアセラミックなら強度に優れたセラミックにすることで欠点の解消は可能です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療の解説についてまとめます。

1.セラミック治療の説明:詰め物や被せ物などの人工物の素材をセラミックにする治療
2.セラミックにすることの利点:審美性が高くなる、二次虫歯を予防しやすくなるなど
3.セラミックの種類:オールセラミックをはじめとした4つの種類が存在する
4.セラミックの欠点:費用が高い、陶器のため欠けてしまうことがある

これら4つのことから、セラミック治療の解説について分かります。
セラミック治療によって、銀歯を使用することでの欠点を解消できます。
見た目が美しくなり、二次虫歯を予防しやすくなり、
審美面と機能面において銀歯にはない特徴を持っているのがセラミックです。