ホーム >Blog > インプラントに興味があるので、どのような治療なのか教えてください

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

インプラントに興味があるので、どのような治療なのか教えてください

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「インプラントについて」です。
インプラントは人工の歯として大変優秀で、第二の永久歯とも呼ばれています。

とは言え、治療方法は簡単ではなく、決して手軽にできる治療ではありません。
「失った歯を取り戻せる」、「第二の永久歯」…こうしたメリットだけに注目するのではなく、
どのような治療方法なのかもしっかりと知っておきましょう。

インプラントの特徴と構造

インプラントは失った歯への対処として、人工の歯で処置する治療です。
このため、治療の目的としては入れ歯と同じだと解釈すれば良いでしょう。
ただし、その特徴と構造は入れ歯とインプラントでは全く異なります。

インプラントの特徴

入れ歯は人工の歯を再現しているのに対して、インプラントはさらに人工の歯の根も再現しています。
ですから、入れ歯のように不安定で外れてしまうことはないですし、
噛んだ時の咬合力も天然の歯に限りなく近く、天然の歯とほぼ同じ感覚で日常生活を過ごせます。

インプラントの構造

インプラントは、インプラント体・上部構造・アバットメントの3つの部品から成り立っています。
インプラント体とは人工の歯の根、そして上部構造とは人工の歯であり、
インプラント体と上部構造を連結するためのジョイント役を果たすのがアバットメントです。

 

治療の流れ

人工の歯を装着するという点では入れ歯と同じですが、治療の流れは全く異なります。
まず精密検査を行い、これは健康状態によってはインプラントができないのが理由です。
そして、精密検査で異常がなければ本格的な治療に進みます。

まず行うのはインプラント体の埋め込みで、手術によって歯肉を切開して顎の骨に穴をあけて埋め込みます。
その後、インプラント体と骨がしっかりと結合するまで期間を空け、この期間を定着期間と呼びます。
定着期間を経た後、今度はアバットメントを装着してそこに上部構造を装着。

アバットメント装着時には、再びインプラント体を露出させるための手術を行い、
つまりインプラントでは二度の手術を行うことになります。
二度の手術を行う点からこの治療方法は二回法と呼ばれていますが、
一度の手術ですむ一回法と呼ばれる治療方法も存在します。

 

インプラントにするメリット

インプラントにする最大のメリットは、人工の歯でありながら天然の歯に近い感覚を得られることです。
入れ歯の場合、噛み方を間違えると外れてしまいますし、あまりかたいものを食べることはできません。
一方、インプラントは天然の歯に近い咬合力を持つため、入れ歯のような食事制限がないのです。

ここまでインプラントの機能性が高いのは、やはり人工の歯の根を再現しているのが理由であり、
根があるからこそ外れることもなく、またしっかり噛むことができるのです。
また、審美性が高い点もインプラントのメリットと言えるでしょう。

インプラントなら見た目が自然なのはもちろん、使用する中で外れることも外す必要性もないため、
日常生活の中で周囲の人に人工の歯だと気づかれる心配がありません。
つまり、インプラントは人工の歯でありながら天然の歯に近い審美性と機能性を得られるのがメリットです。

 

インプラントにするデメリット

人工の歯における質という点ではインプラントに欠点はほとんどなく、
ただそのための治療そのものがインプラントにするデメリットでしょう。
と言うのも、インプラントは全てにおいて負担の大きな治療になるからです。

まず費用の問題で、インプラントは自由診療になるため費用が高く、1本あたりの相場は30万円~45万円。
さらに治療において手術が必要になるため、身体面や精神面への負担も大きいでしょう。
そして、治療期間が長くかかる点も通院における負担となります。

ですから、インプラントは入れ歯のように手軽かつ気軽にできる治療ではないのです。
つまり、人工の歯としての品質に欠点はないものの、
それを手に入れるまでの過程の中…すなわち治療内容においていくつかのデメリットがあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントについてまとめます。

1.インプラントの特徴と構造:人工の歯の根を再現することで、人工の歯としての安定性が高い
2.治療の流れ:精密検査→一次手術→定着期間→二次手術 ※手術を一回ですます方法もある
3.インプラントにするメリット:天然の歯に近い審美性と機能性で日常生活を過ごせる
4.インプラントにするデメリット:費用が高く、手術を必要とするため身体にかかる負担も大きい

これら4つのことから、インプラントについて分かります。
インプラントにすることで、天然の歯に近い感覚での生活が可能となり、
それこそがインプラントが「第二の永久歯」と呼ばれる理由です。
最も、そのための治療は決して簡単ではなく、長い治療期間、高額な費用、手術を伴う治療など、
患者さんにとって負担が大きい点は否めず、その点はインプラントのデメリットと言えるでしょう。

PAGE TOP