ホーム >Blog > 虫歯を治療しないとどうなるの?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯を治療しないとどうなるの?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯を治療しなかった場合に起こる問題」です。
あなたは虫歯を自覚した時、つい放置してしまうことはないでしょうか。

「丁寧に歯磨きすればきっと治る」…そう思って虫歯を治療しない人は少なくなく、
その結果虫歯が重症化してしまうケースは稀ではありません。
そこで、ここで改めて虫歯を治療しなかった時に起こる問題をお話ししていきます。

虫歯を治療しないと進行する

虫歯は進行する病気であり、治療しなければ進行していきます。
最も、正確に言えば完全に初期の虫歯の場合は、ケア次第で自然治癒が可能です。
しかし、それは単に歯磨きすれば良いわけではなく、食生活の改善も必要になるでしょう。

さらに歯磨きにも精度が求められ、磨き残しの多い歯磨きでは進行を食い止めることはできません。
そして、虫歯が一度でも進行してしまえばその時点で自然治癒は見込めず、
治療しない限り虫歯菌は生き続け、虫歯はどんどん進行していってしまいます。

虫歯を治療しないと歯が痛くなる

虫歯になると歯が溶かされ、進行度に比例して虫歯の穴は深くなっていきます。
そして、虫歯の穴が象牙質まで到達すれば、穴を通じて象牙質は剥き出しの状態になります。
そうすると敏感な象牙質が直接刺激を受けるようになり、知覚過敏が起こるのです。

これが虫歯の痛みの原因であり、つまり虫歯を放置すればやがて歯が痛くなってしまいます。
また、さらに神経まで進行すれば今度は神経が炎症を起こすため、
その場合は常にズキズキとした痛み…「激痛」の表現が相応しいほど辛い痛みを感じてしまいます。

虫歯を治療しないと神経を失う

虫歯が神経まで進行すると、起こる問題は痛みが増すだけではありません。
神経が虫歯菌に感染してしまい、やがて神経は死んでしまうのです。
最も、神経が死ねば痛みを感じなくなるため、中にはそれをプラスに考える人も少なくありません。

確かに、神経を失うことで虫歯の痛みからは解放されますが、
神経を失った歯は栄養が供給されなくなるため脆くなってしまいます。
また、それは歯の見た目にも影響して、神経を失った歯は黒く変色してしまいます。

虫歯を治療しないと歯を失う

虫歯を治療しなければ、最終的には確実に歯を失います。
具体的には、歯周病のように歯が抜けるのではなく、ボロボロに溶かされてしまうのです。
実際、虫歯が末期段階まで進行すれば、その時点で歯は既に原型を失っているでしょう。

ここまで進行してしまうと、虫歯を治療しても歯を残すことはできません。
歯は完全に機能しない状態になっていますから、治療の過程で抜歯が必要になります。
それなら治療しなくても良いと考える人もいますが、それはそれで全く別の問題が起きてしまうのです。

虫歯を治療しないと病気の要因になる

虫歯を治療しなければやがて歯を失いますが、歯がボロボロになったとしても虫歯菌は生き続けています。
では、生き続けた虫歯菌はどこへ行くのか?…それは血液の中です。
歯を破壊した虫歯菌はやがて血液に入り込み、血管を通じて全身へとまわります。

この時、虫歯菌が脳にまわってしまえば脳梗塞が起こる要因になりますし、
心臓にまわってしまえば心筋梗塞が起こる要因となり、実際に発症して死亡した例も過去に存在します。
つまり、虫歯の放置は命にかかわる病気を招き、それこそが虫歯の本当の怖さです。

虫歯を治療しないと治療が辛くなる

これは、治療が怖くて虫歯を治療しない人に言えることです。
「虫歯治療=歯を削って詰め物で処置する」のイメージが強いですが、あくまでそれは一例。
虫歯の進行度によっては全く別の治療が必要になってくるのです。

例えば、虫歯が進行すれば歯を削るにしてもその範囲は深くなりますし、
神経が虫歯菌に侵されている場合は神経の除去、根管の清掃や消毒もしなければなりません。
つまり、治療を怖れて虫歯を放置すれば、逆にもっと大きな治療をしなければならなくなるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯を治療しなかった場合に起こる問題についてまとめます。

1.虫歯を治療しないと進行する:虫歯は進行すると自然治癒は不可能
2.虫歯を治療しないと歯が痛くなる:象牙質まで進行すれば歯が痛み、神経まで進行すれば激痛を感じる
3.虫歯を治療しないと神経を失う:神経が死ぬと歯は脆くなり、見た目も黒く変色する
4.虫歯を治療しないと歯を失う:虫歯は歯を溶かし、最終的には完全に破壊する
5.虫歯を治療しないと病気の要因になる:虫歯菌が血液に入ることで、脳梗塞や心筋梗塞の要因になる
6.虫歯を治療しないと治療が辛くなる:虫歯が進行すれば、それに応じた治療が必要になる

これら6つのことから、虫歯を治療しなかった場合に起こる問題について分かります。
虫歯を治療しない理由は、きっとささいなことでしょう。
しかし、そのささいな理由による虫歯の放置が、数々の大きな問題を引き起こしてしまいます。
そうなってしまう前に、虫歯は必ず治療してください。

PAGE TOP