セラミック治療に興味ありますが、費用の高さに抵抗があります

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミック治療と費用」です。
銀歯とセラミック…審美性や機能性を比較すれば後者が優れているのは言うまでもありません。

しかしセラミックは銀歯に比べて費用が高く、それがセラミックにすることの最大の欠点でもあるでしょう。
最も、セラミックにする治療…つまりセラミック治療は方法次第で安く抑えることが可能であり、
その方法を知っていると知っていないとではトータルで発生する費用に差があります。

なぜセラミック治療は高額なのか

セラミック治療が高額なのは、健康保険が適用されないからです。
では、なぜセラミック治療には健康保険が適用されないのでしょうか。
実は健康保険の適用には基準が定められており、全ての治療費に健康保険が適用されるわけではありません。

「病気の治療で、なおかつそのために必要な最低限の治療」…簡単に言えば、これが健康保険適用の基準です。
まず「病気の治療」という点から判断できるのが、予防治療などは該当しないということですね。
例えば、ホワイトニングは完全に審美目的の治療ですから、基準から分かるとおり健康保険が適用されません。

ではセラミック治療はどうでしょうか?…セラミックは詰め物や被せ物として使用しますから、
虫歯という病気の治療であり、つまり「病気の治療」という基準は満たしているでしょう。
しかし、高い審美性や機能性を兼ねていることから、「最低限の治療」という基準からは外れてしまいます。

このため健康保険適用の基準から外れており、だからこそセラミック治療は高額な自由診療となるのです。
最も、健康保険が改定されたため、現状ではセラミック治療にも健康保険が適用されるようになりました。
ただしその場合、いくつかの条件を満たす必要があり、それはいささか厳しいものになっています。

健康保険適用のセラミック治療とは

2014年、健康保険が改定されてセラミック治療に健康保険が適用されるようになりました。
ただし、セラミック治療における健康保険は次の基準を満たす場合のみしか適用されません。

基準1. 厚生労働省に施設基準の届け出を行い、認可された歯科医院である

基準2. 歯科補綴治療に関する専門知識、及び3年以上の経験を持つ歯科医師が在籍している

基準3. 厚生労働省の定める歯科用CAD/CAM装置で製作する

基準4. 製作する歯科医技工所との連携がとれている

基準5. 被せ物のハイブリッドセラミックに限られる(従来のものより審美性と耐久性が劣る)

上記の基準から分かるとおり、どの歯科医院でも適用されるわけではなく、
基準1~基準4を満たす歯科医院であること、さらに詰め物ではなく被せ物であることが定められています。
さらに、治療対象となる歯も限定されており、次の歯でなければ健康保険は適用されません。

第1小臼歯(前から4番目の歯)

第2小臼歯(前から5番目の歯)

…基本的に、これらの歯に限られますが、
金属アレルギーの方のみさらに次の歯も健康保険適用の対象となります。

第1大臼歯(前から6番目の歯)

第2大臼歯(前から7番目の歯)

第3大臼歯(前から8番目の歯)

第1大臼歯、第2大臼歯、第3大臼歯の場合は金属アレルギーであることの証明が必要で、
それを証明する診断結果、医師の紹介状など持参しなければなりません。

セラミック治療の費用を安くするその他の方法

保険診療と自由診療では費用に大きな差がありますから、
セラミック治療を安くするための最大の方法は、健康保険適用のハイブリッドセラミックにすることです。
ただし健康保険適用の基準は厳しいため、人によってはどうしても自由診療になってしまうと思います。
最も、自由診療のセラミック治療の場合でも次の方法である程度費用を安くすることが可能です。

複数の歯科医院で費用を比較する

セラミック治療に限らず、自由診療の費用は歯科医院ごとで自由に設定できる決まりです。
このため、セラミック治療の費用は歯科医院によって異なっており、
複数の歯科医院で費用を比較して、少しでも安い歯科医院で治療を受ける方法もあります。

医療費控除を利用する

セラミック治療は医療費控除の対象になります。
特にオールセラミックにした場合などは費用が高くなるため、この制度を利用できることは大きいでしょう。
ただしそれを証明する必要があるため、費用を支払ったレシートや領収書は必ず保管しておいてください。

ハイブリッドセラミックにする

健康保険適用のものでなくても、ハイブリッドセラミックは他のセラミックに比べて安く設定されています。
また、自由診療のハイブリッドセラミックは健康保険適用のそれに比べて審美性と耐久性が若干高いですし、
銀歯やレジンに比べれば充分な美しさと使いやすさになっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療と費用についてまとめます。

1. なぜセラミックは高額なのか :審美性と機能性が高いため、基本的に健康保険が適用されない
2. 健康保険適用のセラミック治療とは :特定の基準を満たす場合、保険診療でセラミック治療を受けられる
3. セラミック治療を安くするその他の方法 :複数の歯科医院で費用を比較する、医療費控除を利用するなど

これら3つのことから、セラミック治療と費用について分かります。
費用が高いのが欠点であるセラミックですが、ただそれに見合った価値があるのも事実です。
審美性の高さは言うまでもないですが、例えばセラミックにすると二次虫歯を予防しやすくなり、
審美性だけに限らず機能性も高いのがセラミックの特徴になっています。