セラミック治療について分かりやすく教えてください

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミック治療について」です。
近年、歯科ではセラミック治療を希望する人が増えています。

セラミック治療とは詰め物や被せ物をセラミックにする治療であり、
以前は銀歯が主流でしたが、それがセラミックに変わりつつあるのです。
そこで、ここではセラミック治療について分かりやすく解説していきます。

銀歯よりもセラミックを選ぶ意味

詰め物や被せ物の素材に銀歯ではセラミックを選ぶことで、次のメリットが得られます。

審美性が高くなる

いわゆる見た目の美しさです。銀歯を使用している人はやはりそれを人に見られたくないと思うでしょうが、
セラミックは審美性が高く、一瞬口を開いたくらいでは天然の歯と見分けがつかないほどでしょう。
様々な審美治療がある今、詰め物や被せ物には審美を求める人が増えているのです。

二次虫歯を防ぎやすくなる

セラミックは銀歯に比べて二次虫歯を防ぎやすくなっています。
ツルツルとした素材の特徴からプラークが付着しにくく、また歯としっかり接着するため隙間も生じにくく、
銀歯の欠点とされていた二次虫歯が起こりやすい問題が解消されているのです。

長持ちしやすい

人工物の寿命は毎日のケアの程度次第で長くも短くもなり、その点はセラミックも例外ではありません。
ただし、一つの素材として比較するとセラミックは保険診療の銀歯に比べて質が高く、
相対的に考えて長持ちしやすい特徴があるのです。

金属アレルギーが起こらない(一部のセラミックを除く)

金属アレルギーの人は、それだけが理由となって銀歯を使用できません。
一方セラミックは陶器ですから、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。
ただし一部のセラミックはこれに該当せず、メタルボンドは仕様上金属を使用してあります。

メリットだけではなくデメリットも理解する

上記で解説したことは言わばセラミックのメリットですが、一方でデメリットがあることも知っておきましょう。

費用が高くなる

セラミックは自由診療、銀歯は保険診療です。
この時点で費用に大きな差があり、つまりセラミックは銀歯に比べて費用が高くなります。
ただし条件さえ満たしていれば、保険診療専用のセラミックもあります。

「欠け」や「割れ」のリスクがある

正式な治療として国に認められている以上、セラミックは強度においても問題ありません。
しかし銀歯と比較した場合、単純に強度で勝るのは金属である銀歯でしょうし、
あまり強く噛んでしまうとセラミックは欠けることや割れることがあります。

<セラミックの健康保険適用について>
「条件さえ満たせば保険診療専用のハイブリッドセラミックがある」と解説しましたが、
具体的には次の条件を満たしていなければなりません。

条件1. 厚生労働省に施設基準の届け出を行い、認可された歯科医院である
条件2. 歯科補綴治療に関する専門知識、及び3年以上の経験を持つ歯科医師が在籍している
条件3. 厚生労働省の定める歯科用CAD/CAM装置で製作する
条件4. 製作する歯科医技工所との連携がとれている
条件5. 被せ物のハイブリッドセラミックに限られる(詰め物の場合は除外)
条件6. 対応できる歯が限られる

セラミックの種類を把握

セラミック治療で使用するセラミックには種類があります。
そして種類によって細かい特徴が異なり、患者さんは次の中から好きなタイプのセラミックを選択できます。

オールセラミック

文字どおり100%セラミックでできています。
セラミックの種類の中で100%セラミックなのはこのオールセラミックのみであり、
審美性と耐久性が極めて高いのが特徴、ただしそれだけに費用が高いのが欠点です。

ハイブリッドセラミック

レジンにセラミックの微粒子を混ぜたタイプで、材質的にはレジンとセラミックの中間に位置します。
レジンの影響で年数経過が変化すると変色が起こり、元の審美性も他の種類のセラミックに劣ります。
ただし費用が安く、お手軽なセラミックとして位置づけられています。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたタイプです。
セラミックが割れてもフレームが無事なら容易に修理でき、強度の高さが特徴になっています。
ただし、見る角度によっては金属が見えてしまいますし、金属アレルギーの対象にもなります。

ジルコニアセラミック

イメージとしてはメタルボンドの上位タイプで、メタルボンド同様に強度に優れたセラミックです。
金属ではなく人工ダイヤモンドを使用しており、審美性はメタルボンドより美しくなっています。
なおかつ金属を使用していないことから、ジルコニアセラミックなら金属アレルギーの人でも使用できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療についてまとめます。

1. 銀歯よりもセラミックを選ぶ意味 :審美性が高くなる、二次虫歯を防ぎやすくなるなど
2. メリットだけではなくデメリットも理解する :費用が高くなる、「欠け」や「割れ」のリスクがある
3. セラミックの種類を把握 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら3つのことから、セラミック治療について分かります。
セラミック治療について誤解を招きやすいのが、本文内でも解説した健康保険適用についてです。
条件を満たした場合はセラミック治療でも健康保険が適用されますが、
これは従来のセラミック治療にそのまま健康保険が適用されるわけではないので注意してください。
タイプはハイブリッドセラミックに限定、それも自由診療のハイブリッドセラミックに比べて質は劣ります。