ホーム >Blog > 銀歯は抵抗があるので詰め物を入れたくないのですが、それは可能でしょうか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

銀歯は抵抗があるので詰め物を入れたくないのですが、それは可能でしょうか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「詰め物の必要性」です。
虫歯治療では進行度によって歯を削り、その後は詰め物を入れて処置します。

さて、詰め物と言えば銀歯を連想する人が多いでしょうが、
銀歯は目立つため審美性は低く、そのため詰め物の処置に抵抗がある人も少なくありません。
時には、「銀歯の詰め物は入れたくない」と要望する患者さんもいるほどです。

詰め物の必要性

結論から言うと、いくら入れたくないと言っても詰め物をなしにすることはできません。
詰め物は状態として虫歯の治療跡を覆っていますが、これは審美的な意味で処置しているわけではなく、
患部を細菌の感染から守る…言わば保護するのが目的で処置しているのです。

本来、歯は表面のエナメル質が象牙質を保護していますが、
歯を削ったことでその箇所のエナメル質は失われ、患部は象牙質が剥き出しになっています。
この象牙質は刺激に対して非常に敏感であり、なおかつ脆い特徴があるのです。

ですから、そのままにしておくと患部は再び細菌に感染するでしょうし、
何より象牙質が露出していることで知覚過敏が起こってしまいます。
こうした問題を防ぐのが詰め物であり、そのため詰め物をなしにすることはできないのです。

銀歯のメリットとデメリット

詰め物を銀歯にする場合、次のメリットとデメリットがあります。

<銀歯のメリット>

費用が安い

銀歯は保険診療のため費用が安く、その手軽さがメリットになっています。
また、手軽であることからどの歯科医院でもまず対応できるでしょう。

強度が高い

銀歯は金属ですから、強度が高くて安心して使えます。
ただしあくまでこれは硬さであり、長持ちを意味する耐久度においては特に優れているわけではありません。

<銀歯のデメリット>

審美性が低い

銀歯の最大かつ目立つ欠点で、銀歯の審美性は決して高くありません。
最も、審美性にこだわりがない素材だからこそ保険診療として扱われているのです。

二次虫歯になりやすい

二次虫歯とは虫歯の再発です。銀歯は劣化すると接着が剥がれやすくなりますし、
またプラークが付着しやすい素材のため、詰め物で処置した歯が再度虫歯になることも稀ではありません。

金属を使っている

金属を使っていることは強度が高くなる点ではメリットですが、
金属アレルギーの人にとってこの上ないデメリットと言えるでしょう。

長持ちしづらい

他の素材と比較した場合、銀歯の寿命はそれほど長くありません。
劣化によって接着が弱まり、また金属イオンが溶け出して歯肉が黒く変色してしまいます。

…メリットとデメリットを挙げると、明らかにデメリットが多いように思えるでしょう。
確かにそれは事実であり、銀歯は審美性も機能性も必要最低限のレベルに留まっており、
そのため保険診療である手軽さこそ銀歯のメリットなのです。

セラミックのすすめ

銀歯の詰め物が嫌な人は、セラミックにする方法もあります。
セラミックは銀歯にはないメリットが多くありますから、銀歯が嫌な人でもセラミックなら満足できるでしょう。

<セラミックの特徴>

審美性が高い

セラミックは詰め物でありながら見た目が美しく、天然の歯の中に混ざっても違和感がありません。
また、セラミックの白さは調整可能であり、そのため自分の歯の色に合った自然な白さを再現できます。
しかもその美しさを長く維持でき、特にオールセラミックの場合は変色することもありません。

二次虫歯を予防しやすい

虫歯の再発であり二次虫歯は銀歯だと起こりやすいですが、セラミックだと予防しやすくなります。
これはセラミックが歯としっかり接着すること、製作過程においてサイズの誤差が生じにくいこと、
素材的にツルツルしていてプラークが付着しにくいことなどが理由をして挙げられます。

長持ちしやすい

詰め物の寿命は毎日のケア次第で長くも短くもなるため、一概に寿命の長さを断言できません。
ただ、相対的に保険診療の銀歯よりも自由診療のセラミックの方が素材の質の差で長持ちしやすく、
同じケアをすることを前提として考えれば、セラミックは銀歯より長持ちするでしょう。

金属を使っていない(一部のセラミックは除く)

セラミックは陶器ですから、銀歯ように金属を使用していません。
このため、金属アレルギーの人でもセラミックなら安心して使用できますが、
メタルボンドのみ一部金属を使用しており、全てのセラミックがこれに該当するわけではありません。

…こうして挙げてみると気づくと思いますが、
セラミックのメリットはいずれも銀歯のデメリットとなっていた部分です。
つまりセラミックは銀歯の欠点が解消されていますが、その分自由診療のため費用は高くなります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、詰め物の必要性についてまとめます。

1. 詰め物の必要性 :治療した歯を二次虫歯から保護するために必要
2. 銀歯のメリットとデメリット :メリットは費用が安く、デメリットは審美性が低いことなどが挙げられる
3. セラミックのすすめ :銀歯のデメリットが全て解消されているのがセラミック。ただし自由診療になる

これら3つのことから、詰め物の必要性について分かります。
まず、選択肢として詰め物をなしにすることはできません。
ただし素材を選択することはでき、銀歯もその中の一つです。
銀歯の詰め物を好まないのであれば、自由診療になりますがセラミックにする選択肢もあります。

PAGE TOP