ホーム >Blog > ホワイトニング歯磨き粉を使えば、ホワイトニングと同じ効果がありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

ホワイトニング歯磨き粉を使えば、ホワイトニングと同じ効果がありますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「ホワイトニングについての説明」です。
審美治療が一般化しつつある今、歯科医院でもホワイトニングを希望する人が多くいます。

審美治療の欠点は審美目的の治療であるため健康保険が適用されず、
そのため費用が高いことで、ホワイトニングにおいてもそれは同じことが言えるでしょう。
そこで、費用が格段に安くすむ市販のホワイトニング歯磨き粉に興味を示す人も多いのですが、
これは歯科治療のホワイトニングとは全く意味が異なるので注意してください。

効果の差

市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科治療のホワイトニングは全くの別物と考えてください。
と言うのも、そもそもそれぞれのホワイトニングではその仕組みや使用する成分が違うのです。

市販のホワイトニング歯磨き粉

歯の表面の汚れや着色の除去、もしくは汚れや着色の付着を予防する効果のみであり、
表面の奥…つまり象牙質の変色を白くする効果は一切ありません。
ですから、効果は「ホワイトニング」よりも「歯の表面のクリーニング」とイメージした方が良いでしょう。

歯科治療のホワイトニング

歯の表面の汚れや着色の除去に加え、象牙質の変色を白くする効果があります。
最も、象牙質は実際に白くなるわけでなく、エナメル質を構造変化させて白く見せているのが仕組みです。
歯そのものを白くするには、歯科治療のホワイトニングでしか対応できません。

…まとめると、例えば歯の表面にコーヒーやワインによる着色が起こった場合、
市販のホワイトニング歯磨き粉を使えば充分なそれを除去する効果があるでしょう。
しかし黄ばんだ歯など、象牙質が変色している場合は歯科治療のホワイトニングでしか白くできないのです。

歯科治療の3つのホワイトニング

歯科治療のホワイトニングでは、過酸化水素や過酸化尿素を含んだ薬剤によってエナメル質を構造変化、
それによって変色した象牙質をマスキングして歯を白く見せます。
そして、この仕組みを採用した歯科治療のホワイトニングには3つの種類があります。

オフィスホワイトニング

歯科医院にて歯科医の施術によって行います。
歯科医が薬剤を使用しますからその濃度も高く、そのため効果が出るのも早いのがメリットでしょう。
ただし後戻りもしやすく、「早く歯が白くなるが後戻りも早い」がオフィスホワイトニングの特徴です。

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニングですが、使用する薬剤は歯科医院での受け取りになります。
安全性を考慮して薬剤の濃度は低く、そのため効果が出るまでに少々時間がかかります。
一方で白さを長く維持できますから、オフィスホワイトニングと全く逆の特徴があると考えれば良いでしょう。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングをあわせた方法のため、効果の高さはナンバー1です。
早く歯が白くなりますし、なおかつその白さを長く維持することができます。
効果で比較すれば最もおすすめですが、その分費用が高いのがデュアルホワイトニングの欠点でしょう。

…このように、歯科医院のホワイトニングには3つの種類がありますが、どれも仕組みは同じです。
また、ホワイトニングの効果に永続性はないため、
白さを維持するには定期的にホワイトニングする必要があります。

歯科治療のホワイトニングでも白くならないケース

歯科治療のホワイトニングは効果が高く、
市販のホワイトニング歯磨き粉では対応できない象牙質の変色も対応可能です。
しかし、そんな歯科治療のホワイトニングでも白くならないケースがあります。

人工物

詰め物や被せ物、入れ歯やインプラントやブリッジなど、人工物のホワイトニングはできません。
例えば銀歯を白くしたい場合はホワイトニングできず、その場合はセラミック治療で対処可能です。

テトラサイクリンで変色した歯

テトラサイクリンは抗生物質の一つで、以前は子供の風邪薬に含まれていました。
現在でも治療によっては使用されており、このテトラサイクリンの影響で変色した歯はあまり白くなりません。

神経を失った歯

原因はどうであれ、神経を失った歯は黒く変色します。
この場合…つまり、神経を失ったことが原因で変色した歯はホワイトニングでもほとんど白くなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングについての説明をまとめます。

1. 効果の差 :市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科治療のホワイトニングは別物
2. 歯科治療の3つのホワイトニング :オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニング
3. 歯科治療のホワイトニングでも白くならないケース :人工物、テトラサイクリンで変色した歯など

これら3つのことから、ホワイトニングについての説明が分かります。
市販のホワイトニング歯磨き粉と歯科治療のホワイトニングと同じと考えてはいけません。
もちろん、市販のホワイトニング歯磨き粉を悪く言っているわけではないですが、
含まれている成分が異なるため象牙質を白くする効果はなく、歯科治療のホワイトニングとは全くの別物です。

PAGE TOP