ホーム >Blog > 銀歯ではなくセラミックの方が良いのではないかと言われましたが、それはなぜですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

銀歯ではなくセラミックの方が良いのではないかと言われましたが、それはなぜですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミックと銀歯の比較」です。
詰め物や被せ物の素材は、以前は銀歯が一般的でした。

しかし最近ではそうではなく、素材にセラミックを選択する人が増えています。
これがいわゆるセラミック治療であり、患者さんにセラミックをすすめる医師も多いでしょう。
と言うのも、セラミックには銀歯にはないメリットが複数あるからです。

銀歯の問題点

費用が安くて頑丈などが銀歯のメリットですが、逆に言えばメリットはそれくらいしかありません。
一方で銀歯にはデメリットが多く、実際の問題点を次にまとめます。

見た目が悪い

目立つ銀歯はとても審美性が高いとは言えません。
目立たないと思われがちな奥歯ですが、銀歯だと口を開いた時に目立ちますし、
長く使用することで金属イオンが溶け出して歯肉まで変色してしまいます。

虫歯が再発しやすい

これには二つの理由があります。まず一つは、銀歯の素材はプラークが付着しやすいからです。
もう一つは接着の弱さで、元々銀歯は歯とくっつけることができず、専用の接着剤を使って処置します。
その接着剤の力はセラミックのものほど強くなく、そのため隙間が生じて細菌が入りやすいのです。

あまり長持ちしない

銀歯は保険診療の素材を使用しているため、材質的にはそれほど優れたものではありません。
このため、自由診療のセラミックに比べると相対的に長持ちしにくいのです。
人工物の寿命はケア次第で大きく変わりますが、同じケアをすること前提ならセラミックの方が長持ちします。

金属を使用している

人工物に金属を使用することは、金属アレルギーの人によって大きなデメリットです。
銀歯は文字どおり金属を使用しているため、金属アレルギーの対象になってしまいます。
一方、セラミックは陶器ですから、金属アレルギーが起こらない上に身体にも優しい素材を使っているのです。

…銀歯の問題点としてこのようなことが挙げられますが、セラミックはこれらの問題を全て解消しています。
審美性が高い、二次虫歯を予防しやすい、長持ちしやすい、金属を使用していない(一部のセラミックを除く)、
こうした銀歯の問題点を解消していることが、多くの人がセラミックを希望する理由です。

セラミックの種類

「セラミック治療」と一言で言っても、使用するセラミックにはいくつかの種類があり、
患者さんはその中から好きな種類のセラミックを選択できます。
ただし、取り扱っているセラミックの種類は歯科医院によって異なります。

オールセラミック

100%セラミックでできており、そのためセラミックの特徴が存分に活かされたタイプです。
他のセラミックに比べて美しく、また変色が起こらないためその美しさをずっと維持できます。
審美性も機能性も他のセラミック以上に優れていますが、唯一の欠点は費用の高さでしょう。

ハイブリッドセラミック

材質的にはセラミックとレジンの中間に位置しており、レジンにセラミックの微粒子を練り込んだタイプです。
レジンが含まれている分、審美性は他のセラミックに劣りますし、年数が経過することで変色も起こります。
このため性能面で比較すれば特に秀でた部分はないですが、その分費用が安くてお手軽なのが特徴です。

メタルボンド

見た目はセラミックですが、中身のフレームが金属でできているタイプです。
見る角度によって金属が見えてしまいますし、セラミックでありながら金属アレルギーの対象なのが欠点です。
一方、金属の強度を兼ね備えたメタルボンドは、奥歯でも安心して使用できます。

ジルコニアセラミック

メタルボンドの欠点を解消したタイプです。人工ダイヤモンドを使用したジルコニアセラミックは強度が高く、
さらにメタルボンドよりも美しく、金属も使用していません。
イメージとしてはメタルボンドの上位タイプですが、一方で費用が高いのが欠点です。

セラミックのデメリット

セラミックは銀歯にはないメリットがある一方で、デメリットもあります。
メリットだけでなく、デメリットも把握した上でセラミック治療を受けてください。

費用が高い

セラミックは健康保険が適用されないため、銀歯に比べて費用が高くなります。
最も、費用を抑える方法もあり、例えば医療費控除の利用やハイブリッドセラミックの選択です。
またセラミック治療の費用は歯科医院によって異なるため、複数の歯科医院で費用を比較しても良いでしょう。

強度は銀歯に劣る

長持ちする意味の耐久性においては、セラミックは銀歯より優れています。
しかし、頑丈さの意味の強度においては、セラミックは銀歯より劣っているのです。
最も、メタルボンドやジルコニアセラミックにすることでそのデメリットは解消可能です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックと銀歯の比較についてまとめます。

1. 銀歯の問題点 :見た目が悪い、虫歯が再発しやすい、あまり長持ちしない、金属を使用している
2. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック
3. セラミックのデメリット :費用が高い、強度は銀歯に劣る

これら3つのことから、セラミックと銀歯の比較について分かります。
セラミックが銀歯に比べて審美性が高いことは既に知っているかもしれませんが、
実は審美性だけでなく機能性においてもセラミックの方が優れているのです。
セラミックをすすめる医師が多いのは、こうした機能性の高さも考慮してのことでしょう。

PAGE TOP