ホーム >Blog > 痛みがないほど初期の虫歯はどうすれば発見できますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

痛みがないほど初期の虫歯はどうすれば発見できますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯の早期発見と早期治療」です。
虫歯になると歯が痛くなりますが、正確には虫歯になった瞬間に歯が痛むわけではありません。

虫歯は歯の表面に発症しますが、そこから歯の奥に向けて進行していき、
象牙質に到達することで歯が痛むようになるのです。
このため虫歯を早期治療するのであれば、歯に痛みを感じる前の段階で虫歯を発見しなければなりません。

虫歯の自覚と痛み

虫歯を自覚して歯科医院に行く人は、そもそもなぜ自分が虫歯だと気づいたのでしょうか。
おそらくそれは、歯に痛みを感じたことが理由だと思います。
「歯が痛むようになったため虫歯を自覚して歯科医院に行った」…このパターンがほとんどでしょう。

このパターンから分かるとおり、歯の痛みは虫歯を自覚するきっかけとなる、ある意味では大切な症状ですね。
しかし、初期の虫歯にはその痛みがなく、そのため初期の虫歯は自覚するのが難しいのです。
それは虫歯の早期発見の難しさを意味しており、早期発見が難しいことで早期治療も難しくなるのです。

定期検診の重要性

虫歯の早期発見が難しいのは、あくまでも自分で虫歯を自覚できないからです。
歯科医が診察すれば初期の虫歯も発見可能であり、そこで重要になってくるのが定期検診です。
歯科医院では定期検診を受診することができ、その中で口の中の健康状態もチェックします。

このため、自覚できないほど初期の虫歯でも、定期検診を受診すれば発見できるのです。
定期検診では様々な予防治療を行うことから、その目的は虫歯の予防のみと考えてしまいがちですね。
しかしそれだけではなく、このように虫歯を早期発見して早期治療できるメリットもあるのです。

虫歯の早期治療のメリット

そもそも、虫歯を早期治療することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット1. 歯を削らなくてすむ

絶対とは断言できないものの、初期の虫歯なら歯を削らずに治せる可能性があります。
プラークコントロールをしっかりと行い、歯の再石灰化を促進させることで初期の虫歯は治るため、
大切な歯を削らずにすむ、また歯を削る辛い治療を受けなくてすむことが大きなメリットです。

メリット2. お金と時間の負担が軽くなる

虫歯治療は保険診療ですが、それでも通院の回数が長引けば費用に影響してきますし、
そこまでたくさんの通院となるとスケジュールの管理も大変です。
その点、虫歯を早期治療すれば治療期間も短くてすみますし、それだけ費用も安くなるでしょう。

メリット3. 二次虫歯の予防につながる

虫歯は一度治療しても再発することがあり、それを二次虫歯と呼びます。
二次虫歯は歯を削った場合に起こりやすく、なぜなら歯を削ることで脆い象牙質が露出するためです。
虫歯を早期治療して歯を削らなければ、象牙質が露出することがなく二次虫歯を予防しやすくなります。

虫歯を放置するとどうなるか

虫歯において最も大切なのは早期治療ですが、一方で最もやっていけないのは虫歯の放置です。
いずれ治療すれば良い…そう思って放置してしまうと、次の問題が起こります。

痛みが増す

虫歯は象牙質まで進行すると痛みを感じるようになりますが、痛みの程度は一定ではありません。
象牙質から神経まで進行すれば、神経に炎症が起こって痛みが増してしまいます。
その痛みは激痛と呼べるほどで、夜も眠れないほどズキズキとした痛みに苦しめられてしまうのです。

神経を失う

虫歯を放置すれば、やがて歯の神経が死んでしまいます。
神経が死ぬことで痛みが解消されるため、中にはこれをメリットと捉える人もいるでしょう。
しかし、神経を失ってしまえば歯は脆くなり、細菌に感染しやすくなる上に割れやすくもなるのです。

歯を失う

歯を失う病気としては歯周病を連想しがちですが、虫歯でも歯を失います。
虫歯になると歯が溶かされていきますが、治療しない限りずっと溶かされ続けてしまうのです。
最終的には歯はボロボロになり、そこまで重症化すると治療においても抜歯しなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の早期発見と早期治療についてまとめます。

1. 虫歯の自覚と痛み :虫歯の痛みは辛いものの、それは虫歯を自覚する大切なきっかけにもなる
2. 定期検診の重要性 :初期の虫歯は痛みがないため自覚しづらいが、定期検診を受診すれば発見できる
3. 虫歯の早期治療のメリット :歯を削らなくてすむ、お金と時間の負担が軽くなる、二次虫歯の予防になる
4. 虫歯を放置するとどうなるか  :痛みが増す、神経を失う、歯を失う

これら4つのことから、虫歯の早期発見と早期治療について分かります。
虫歯を早期治療することには一切デメリットがないのですが、問題はそれを実践する難しさであり、
なぜなら初期の虫歯には痛みがないため、虫歯を自覚すること自体が難しいのです。
そこでおすすめなのが定期検診です。定期検診を受診すれば初期の虫歯の発見と治療が可能であり、
3ヶ月~6ヶ月に1回くらいは定期検診を受けて口の中の健康状態を確認してもらいましょう。

PAGE TOP