ホーム >Blog > 虫歯の痛みが自然におさまりました。虫歯は自然に治るのでしょうか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯の痛みが自然におさまりました。虫歯は自然に治るのでしょうか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯の痛みの有無における事実」です。
虫歯の有無、さらには虫歯の進行度は歯科医院で診察してみないことには分かりません。

しかし、これを自身で判断してしまう人も多く、その場合は虫歯の痛みの有無を参考にしています。
「歯が痛くないから虫歯はない」、「歯が痛いから虫歯がある」、「虫歯の痛みがおさまったから虫歯が治った」、
こうした判断をする人が多いのですが、実はその判断には間違った部分があるのです。

初期の虫歯に痛みはない

まず、「歯が痛くないから虫歯はない」の考えは間違っており、
なぜなら「歯が痛くない=虫歯がない」とは限らないからです。
虫歯は最初に歯の表面にできますが、歯の表面のエナメル質は象牙質と違って刺激を感じません。

このため、歯の表面だけ虫歯になった状態では痛みを感じないのです。
つまり、歯が痛くなくても初期の虫歯ができているかもしれませんし、
他にも神経を失った歯に虫歯が再発した場合など、痛まない虫歯のケースはいくつかあるのです。

進行した虫歯は自然には治らない

痛みを感じないほど初期の虫歯なら、プラークテスターで再石灰化を促せば治すことができます。
しかし、一度でも進行した虫歯は自然には治らず、治すためには治療するしかありません。
ここで重要なのは、初期の虫歯には痛みを感じないということです。

つまり、痛みを感じる時点でその虫歯は既に進行しており、
一度でも痛みを感じた以上、その虫歯が自然に治ることはないのです。
このため、虫歯の痛みがおさまったのは虫歯が治ったからではないということになります。

虫歯の痛みがおさまる理由

虫歯の痛みには二つのケースがあり、一つは虫歯が象牙質まで進行した時の知覚過敏、
もう一つは虫歯が神経まで進行した時の神経の炎症による激痛です。
それぞれの痛みのケースでは突如痛みがおさまることがあり、その理由は次のとおりです。

知覚過敏の痛みがおさまる理由
そもそも知覚過敏は常に痛むわけではなく、象牙質が何らかの刺激を受けることで痛みを感じます。
例えば食事で冷たいものを飲食すれば、その冷たさが刺激となって歯が痛むでしょう。
しかし、食事を終えた後は刺激を受けなくなることで痛みを感じなくなります。
つまり、知覚過敏による痛みはむしろ痛みがおさまるものなのです。

神経の炎症の痛みがおさまる理由
虫歯が神経まで進行すると痛みが増し、常にズキズキとした激痛を感じるようになるでしょう。
しかし、ここでなお虫歯を放置した場合は一変して痛みを感じなくなります。
これは虫歯の影響で神経が死んでしまったためで、感覚を失ったことで痛みも感じなくなるのです。
つまり、神経の炎症の痛みがおさまるのは、虫歯が治ったどころかむしろ悪化していることになります。

虫歯を放置して起こる問題

虫歯の痛みがおさまっても、それは虫歯が治ったわけではありません。
ですから、虫歯が治ったと思って治療を受けなければ、それは虫歯を放置することになるでしょう。
しかし、進行した虫歯は絶対に放置してはならず、放置することで次の問題が起こるのです。

歯を失う

歯を失う病気は歯周病のイメージがありますが、虫歯も治療しなければ最終的に歯を失います。
虫歯になると虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされ、治療しなければ歯はボロボロにされてしまうのです。
また、重症化した場合は治療しても歯を残せないことがあり、その場合は抜歯するしかありません。

大きな病気が起こる

確率自体は稀ですが、虫歯を放置したために脳梗塞や心筋梗塞が起こることがあります。
これは虫歯菌が血液に入り込み、血管を通じて脳や心臓に回ってしまうことが原因です。
滅多に起こることではないものの、実際に起こって死亡した事例があるのも事実です。

…虫歯には歯の痛みだけでなく、このような怖さがあることを知っておかなければなりません。
そして、虫歯を放置すればこのような問題が実際に起こってしまう可能性があるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の痛みの有無における事実についてまとめます。

1. 初期の虫歯に痛みはない :虫歯になりたての状態では痛みを感じない
2. 進行した虫歯は自然には治らない :虫歯は一度でも進行すると自然には治らない
3. 虫歯の痛みがおさまる理由 :知覚過敏は元々常に痛まない。神経の炎症は神経が死ぬと痛みがおさまる
4. 虫歯を放置して起こる問題 :歯を失う、大きな病気が起こる

これら4つのことから、虫歯の痛みの有無における事実について分かります。
まとめると、まず歯の痛みの有無は虫歯の有無を判断する根拠にはならず、
なぜなら進行前の初期の虫歯では痛みを感じないからです。

つまり、虫歯で痛みを感じるということはその虫歯は進行していることになり、
一度でも進行した虫歯は自然には治りません。
このため、虫歯の痛みがおさまったとしてもそれは虫歯が治ったわけではないのです。

PAGE TOP