ホーム >Blog > 虫歯治療で抜歯するくらいなら、治療せずにそのままにしておきたいです

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯治療で抜歯するくらいなら、治療せずにそのままにしておきたいです

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯の放置の問題」です。
虫歯治療では基本的に歯を残すことを前提としていますが、どうしてもそれができないケースもあります。

重度段階まで虫歯が進行した場合、虫歯は治せても歯は既にボロボロになっており、
完全に機能を失った歯は抜歯の処置をするしかありません。
しかし、それでも虫歯は治療しなければならない病気です。

虫歯を放置するとどうなるか

一度でも進行した虫歯は、いくらプラークコントロールを完璧に行ったとしても治りません。
治療せずに放置すれば虫歯は進行していき、次のような症状が起こります。

痛みが酷くなる

虫歯の痛みは、象牙質が露出することによる知覚過敏だけではありません。
放置すれば虫歯は象牙質から神経まで進行し、神経が虫歯菌に侵されると炎症を起こします。
そうなると痛みはより酷くなり、激痛と呼べるほどのズキズキとした痛みを感じるようになるのです。

神経を失う

虫歯が神経まで進行した場合、放置すればやがて神経は死んでしまうでしょう。
また、治療した場合も神経の除去が必要になり、いずれにしても神経を失うことになります。
神経を失った歯は栄養が届かなくなり、黒く変色して脆くなってしまうのです。

歯を失う

歯を失う病気は歯周病だけではありません。
虫歯を放置すれば歯はどんどん虫歯菌の出す酸で溶かされていき、最終的にはボロボロの状態になります。
ここまで虫歯が進行すると、例え治療しても抜歯しなければなりません。

脳梗塞や心筋梗塞が起こる

虫歯菌は歯を完全に溶かしても生き続け、やがては血液の中に入ってくるでしょう。
そして、血液の中に入ることで血管を通じて全身に回ります。
この時、虫歯菌が脳や心臓に回ることで脳梗塞や心筋梗塞が起こることがあります。

…重度段階まで虫歯が進行すれば、確かに治療しても歯を残せないかもしれません。
しかし、治療しなければ脳梗塞や心筋梗塞が起こる危険性があり、
実際に虫歯を放置したことによってこれらの病気が起こり、死に至ってしまった事例もあるのです。

虫歯で歯を失った後の問題

重度段階の虫歯では、治療において抜歯が必要になることがあります。
さて、虫歯を放置し続ける人の意見として、「どちらにしても歯を失うなら放置する」というものがありますが、
ここで考えなければならないのが歯を失った後の問題です。

虫歯を放置して歯を失い、なお放置し続ければ患部は歯が失われた状態が続きます。
そうなると隣接する歯に影響し、スペースが発生したことで隣接する歯が傾いてしまうのです。
当然歯並びは悪くなり、他の健康な歯が虫歯になるリスクが高まってしまうでしょう。

一方、治療による抜歯の場合はその後の対処も行います。
歯を失った場合は入れ歯、インプラント、ブリッジの選択肢となり、
最終的には「人工の歯」という形で失った歯の代わりを入れることができるのです。

脳梗塞や心筋梗塞ももちろん怖いですが、
虫歯を放置している人は歯を失うことだけでなくその後の問題も考えてみてください。
歯を失ったままの生活には問題が多く、そのため対処となる治療をしなければなりません。

虫歯予防の歯磨きの仕方

虫歯を重度段階まで進行させないためには、そもそも虫歯をしっかりと予防する必要があるでしょう。
その基本は歯磨きですが、歯磨きにおいて大切なのは頻度よりも精度です。
次の方法で歯磨きの精度を高め、磨き残しの少ない歯磨きを実践してください。

デンタルフロスを使う

ブラッシングのみの歯磨きの場合、プラークの除去率は一般的に6割程度とされています。
つまり、ブラッシングだけでの歯磨きでは4割もの磨き残しが発生するのです。
デンタルフロスを使えばプラークの除去率がさらに2割高まり、およそ8割のプラークの除去が可能です。

プラークテスターを使う

プラークテスターは予防歯科や定期検診でも用いられます。
これはプラークを染色するためのもので、磨き残したプラークを目で見て確認できるのです。
このため、歯磨き後に使えば確実に磨き残しを減らせます。

ブラッシング指導を受ける

歯科医院の予防歯科や定期検診では、予防治療の一つとしてブラッシング指導を行っています。
これは正しい歯の磨き方を知るためのもので、自分の歯並びに合った効率の良い磨き方が分かります。
ブラッシング指導どおりに歯磨きをすれば、歯磨きの技術が確実に高まるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の放置の問題についてまとめます。

1. 虫歯を放置するとどうなるか :痛みが酷くなる、神経を失う、歯を失う、脳梗塞や心筋梗塞が起こる
2. 虫歯で歯を失った後の問題 :虫歯で歯を失ったままにしておくと、隣接する歯に様々な問題が起こる
3. 虫歯予防の歯磨きの仕方 :デンタルフロスを使う、プラークテスターを使う、ブラッシング指導を受ける

これら3つのことから、虫歯の放置の問題について分かります。
虫歯は文字どおり歯の病気ですが、放置すれば全身の健康に害をもたらします。
それが虫歯の本当の怖さであり、脳梗塞や心筋梗塞が起こる可能性もあるのです。
確率としては確かに稀ですが、こうした病気の原因となる以上、虫歯は絶対に放置してはいけません。

PAGE TOP