ホーム >Blog > 虫歯が進行すると、どのような症状や問題が起こるのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯が進行すると、どのような症状や問題が起こるのですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯の進行で起こる症状と問題」です。
虫歯は一般的な病気である一方、症状については誤解している人が多いですね。

例えば「虫歯になると歯が痛む」…これは正しいですが、虫歯で起こる症状はそれだけではありません。
また「虫歯は自然に治る」…これは初期の虫歯においてのみ言えることで、
進行した虫歯は治療しない限り治りません。今回、こうした虫歯の進行や症状をテーマにした説明をします。

症状1. 歯が白や茶色に変色する

虫歯は最初、歯の表面に発症します。最も、歯の表面はエナメル質の保護が及んでいますから、
虫歯が発症した時点で歯が痛むことはありません。
初期の虫歯は歯の見た目にあらわれ、患部が白や茶色に変色するのです。

<問題点>
初期の虫歯の症状における最大の問題点は、虫歯を自覚しにくいことです。
多くの場合、虫歯を自覚するきっかけはおそらく歯の痛みでしょうが、
初期の虫歯では痛みがないため自分が虫歯であることに気づきにくく、結果として進行を許してしまうのです。

症状2. 歯が痛くなる

虫歯が象牙質まで進行した場合、患部はエナメル質の保護が失われ、象牙質が剥き出しの状態になります。
象牙質は刺激に対して敏感ですから、この状態になると歯に痛みを感じてしまうでしょう。
これは知覚過敏と呼ばれる症状で、冷たいものや熱いものを飲食しただけでも刺激になってしまうのです。

<問題点>
まず知っておかなければならない問題点は、歯に痛みを感じる虫歯は既に進行しているということで、
歯が痛くなった当日に歯科医院に行ったとしても、早期治療という意味ではタイミングは遅いのです。
虫歯の早期治療を心掛けるなら、初期段階…つまり、痛みを感じる前に虫歯を治療しなければなりません。

症状3. 痛みが酷くなる

象牙質まで虫歯が進行した後、今度はさらに奥の神経まで虫歯菌は到達します。
この状態になると神経が炎症を起こしてしまい、ズキズキとした激痛を常に感じてしまいます。
この時の激痛は相当なもので、例え痛み止めを飲んでも完全に痛みを解消するのは不可能なくらいです。

<問題点>
ここまで進行した虫歯は深刻で、例え治療しても神経を残せないかもしれません。
とは言え、放置すれば歯の神経は死んでしまいますし、どちらにしても神経を失うことになるでしょう。
神経を失うことで痛みは解消されるものの、歯に栄養が届かなくなるため歯が脆くなってしまいます。

症状4. 歯を失う

治療しないまま虫歯を放置すると、最終的には確実に歯を失います。
そもそも虫歯は虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされてしまう病気であり、
やがてはそこに歯が残っているか分からないほどボロボロに溶かされてしまうのです。

<問題点>
末期段階まで虫歯が進行すると、治療しても被せ物を立てられず、歯としての機能が完全に失われます。
このため抜歯の処置をするしかなく、つまり治療しても歯を失ってしまうのです。
歯を失った場合は入れ歯やインプラントなどの治療が必要になり、人工の歯で対処するしかなくなります。

症状5. 脳梗塞や心筋梗塞が起こる

起こる割合としてはごく稀ですが、虫歯を放置し続けることで脳梗塞や心筋梗塞が起こります。
これは虫歯菌が血液に入り込むためで、血液に入り込んだ虫歯菌が血管を通じて全身に回ってしまうのです。
この時、脳や心臓に回ることで脳梗塞や心筋梗塞が起こり、実際にそれが起こって死亡した例もあります。

<問題点>
これが虫歯の本当の怖さであり、命にかかわる病気が起こる原因となります。
最も、虫歯になっても治療すればこの問題が起こる心配なく、自分の意思次第で100%回避できる問題です。
虫歯の放置が思わぬ事態を引き起こすことがあり、そのため虫歯になった時は確実に治療してください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の進行で起こる症状と問題についてまとめます。

1. 歯が白や茶色に変色する :虫歯は歯の表面に発症し、虫歯が発症した箇所は白や茶色に変色する
2. 歯が痛くなる :虫歯が象牙質まで進行すると歯が痛くなり、これは知覚過敏による痛みである
3. 痛みが酷くなる :象牙質からさらに虫歯が進行すると、神経が炎症を起こして痛みは激痛に変わる
4. 歯を失う :末期段階まで虫歯が進行すれば、既に歯は原型を留めておらず、治療時も抜歯が必要になる
5. 脳梗塞や心筋梗塞が起こる :ごく稀な例として、虫歯菌が脳や心臓に回ることで脳梗塞などが起こる

これら5つのことから、虫歯の進行で起こる症状と問題について分かります。
虫歯は進行度するほど辛くて深刻な症状が起こり、問題の解決も容易ではなくなります。
虫歯を放置する人の中には、治療が嫌で放置する人もいるでしょう。

しかし、放置することでむしろ辛い治療が必要になってしまうため、
治療が嫌なら尚更早く歯科医院に行くべきです。
大きな病気を引き起こす要因にもなることから、虫歯は必ず治療しなければなりません。

PAGE TOP