ホーム >Blog > 子供の虫歯予防についてお話を聞きたいです

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

子供の虫歯予防についてお話を聞きたいです

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「子供の虫歯予防について」です。
子供の虫歯予防に対しては、みなさん分からないことがたくさんあると思います。

「乳歯が虫歯になるのは問題ないのではないか?」、「どうすれば子供の虫歯を予防できるのか?」、
このように、子供の虫歯予防については様々なテーマが挙げられているでしょう。
そこで、ここでは子供の虫歯予防について参考になることをいくつか説明していきます。

乳歯は抜けるのに虫歯になってはいけないの?

乳歯はいずれ抜けるため、だったら虫歯になっても問題ないと考えている人がいます。
これは間違いで、例え乳歯でも虫歯治療は必要ですし、それ以前に予防しなければなりません。
乳歯が生えている時点では永久歯は姿を見せないものの、既に誕生して乳歯の下に存在しているのです。

ですから、乳歯が虫歯になって進行すれば、その下に存在する永久歯に影響を与えます。
虫歯菌の影響で永久歯が変色することがありますし、また乳歯が虫歯によって抜けてしまえば、
永久歯が正常な位置に生えてこない…つまり、歯並びが悪くなってしまうのです。

なぜ子供は虫歯になりやすいの?

子供が虫歯になりやすい理由はいくつかあります。
まず歯磨きの精度の問題で、子供は歯磨きの技術が未熟なため磨き残しが多いのです。
また、子供はお菓子が大好きですから、糖の摂取が多くなって虫歯になってしまいます。

さらに乳歯も原因の一つであり、乳歯は永久歯に比べてやわらかく、細菌に感染しやすいのです。
このため永久歯に比べて虫歯になりやすく、虫歯になった時に気づきにくいのも問題でしょう。
こうした理由から、子供は大人に比べて虫歯になりやすいのです。

小児歯科の検診は受けるべき?

虫歯予防の効果を高めるため、小児歯科の検診は定期的に受けてください。
小児歯科では様々な予防治療を行っており、いずれも自分ではできないものばかりです。
例えば、シーラントは奥歯の溝を塞いで虫歯菌がそこに溜まるのを防ぎます。

さらに、歯のクリーニングでは歯磨きは除去しきれないプラークも綺麗に除去できますし、
フッ素塗布では高濃度のフッ素を塗布して、虫歯菌の出す酸に溶かされにくい丈夫な歯を作ります。
何より、小児歯科で検診を受けていれば虫歯がある場合もすぐに発見して治療できるのです。

子供の虫歯を予防するには?

子供の虫歯を予防する方法をお伝えすると、まず歯磨きの時に親が仕上げをすることです。
仕上げをすることで磨き残しを減らせますし、子供も歯磨きの大切さが分かります。
また、脱灰の促進を防ぐためにダラダラ食いをさせないことも大切でしょう。

さらに唾液の分泌量を高めるため、食事の時はよく噛んで食べることを教えてあげるべきですし、
それだけ噛む必要があるものを食材にすることも考えなければなりません。
それ以外には、糖を過剰に摂取しないようにおやつのメニューを工夫してください。

子供の歯並びが悪いと虫歯になりやすい?

子供に限らず、歯並びが悪い人は虫歯になりやすくなります。
理由は簡単で、歯並びが悪いことで歯磨きがしづらく、そのため磨き残しが多くなるためです。
また、噛み合わせも悪くなることで口呼吸になると、唾液が蒸発して口の中に細菌が溜まってしまいます。

こうした理由から歯並びが悪い子供は虫歯になりやすく、その改善として矯正する人も少なくありません。
矯正は歯並びの改善という目的から、審美性の向上のみが治療のメリットと思われがちです。
確かに審美性の向上は矯正のメリットですが、それだけでなく虫歯を予防しやすくなるメリットもあります。

子供の虫歯は小児歯科で治すべき?

一般歯科でも虫歯治療は行えますが、小さな子供の場合は小児歯科に行くのが良いでしょう。
と言うのも、子供にとって歯科医院は恐怖の対象であり、素直に行く子供はなかなかいません。
その点、小児歯科だと子供が楽しく思える工夫がなされているのです。

また、小児歯科医は子供の扱いに慣れているため、親も安心して治療を任せられますし、
構造上子供の治療している姿を親が見ることもできます。
こうした理由から、小さな子供は小児歯科に行くことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供の虫歯予防についてまとめます。

1. 乳歯は抜けるのに虫歯になってはいけないの? :乳歯の虫歯は永久歯に悪い影響を与える
2. なぜ子供は虫歯になりやすいの? :歯磨きの技術が未熟、糖の摂取量が多いなどが考えられる
3. 小児歯科の検診は受けるべき? :検診では、シーラントやフッ素塗布など様々な予防治療が受けられる
4. 子供の虫歯を予防するには? :歯磨きの時に親が仕上げをする、ダラダラ食いをさせないなど
5. 子供の歯並びが悪いと虫歯になりやすい? :歯磨きがしづらくなるため、虫歯になりやすい
6. 子供の虫歯は小児歯科で治すべき? :小児歯科だと子供が嫌がりにくく、その点でおすすめできる

これら6つのことから、子供の虫歯予防について分かります。
子供だけで虫歯を予防するのは難しく、確実な予防のためには親の協力が欠かせません。
歯磨きが上手にできない子供のため、歯磨きの時には必ず仕上げをしてあげましょう。

また、食生活の改善を考えることも大切で、糖の摂取は虫歯になりやすくなってしまいます。
このように、子供の虫歯予防は本人以上に親の予防意識の高さがポイントであり、
今回お伝えしたことはぜひ覚えて実践してください。

PAGE TOP