ホーム >Blog > 歯周病に注意すれば歯を失うことはないですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯周病に注意すれば歯を失うことはないですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「歯を失うことについて」です。
歯を失う要因として最も多いのは歯周病であり、この状態はもう何年も続いています。

では歯を守ることを考えた時、歯周病にだけ注意すれば良いのでしょうか。
歯を失う要因として歯周病が主な以上、歯周病を予防すれば歯を失わずにすむのでしょうか。
そこで、ここでは歯を失う要因について考えていきます。

歯周病で歯を失う人が多い理由

そもそもなぜ歯周病で歯を失う人がそこまで多いのでしょうか。
おそらくですが、その理由として次の2つことが考えられます。

重症化するまで気づかない

歯周病は静かなる病気と呼ばれており、それは目立った自覚症状がほとんどないからです。
自覚症状がないことで自分が歯周病だと気づかず、その間にどんどん進行していくのが歯周病の怖さです。
やっと気づいた時には既に重症化しており、歯を抜け落ちる事態になってしまうのです。

歯周病を軽い病気と思っている

歯周病は虫歯のような辛い痛みがなく、そのため自覚しても放置する人がいます。
痛みがないから歯周病は怖くない…そう思ってしまうのです。
そして放置した結果重症化してしまい、歯を失うほど歯周病が悪化してしまうのです。

虫歯でも歯を失う

歯周病に限らず虫歯でも歯を失います。
ですから、冒頭の「歯周病だけ予防すれば歯を守れるのか?」の質問に対する回答はノーです。
虫歯は虫歯菌の出す酸で歯が溶かされますが、虫歯菌は治療しない限り悪さを続けます。

虫歯によって歯に穴があくことは知っていると思いますが、
さらに進行すればやがて原型を失うほど歯はボロボロに溶かされてしまいます。
そうなると歯としての機能は完全に失われ、そこに歯が残っているかも確認できない状態になります。

また、一度虫歯治療した歯が再度虫歯になることがあり、これを二次虫歯と呼びます。
二次虫歯は何度でも繰り返され、その都度治療して歯を削っていると徐々に歯は失われていきます。
虫歯菌の出す酸でも歯が溶けますし、二次虫歯の繰り返しは例え治療していても最終的に歯を失います。

歯科治療でも歯を失う

誤解のないように先にお伝えすると、歯科治療で歯を失うのは医療ミスの意味ではありません。
一般的な虫歯治療や歯周病治療においても、状態次第で歯を失ってしまうのです。
その理由は抜歯であり、虫歯や歯周病の進行度次第では治療しても歯を残せないことがあります。

重症化した虫歯や歯周病の治療では状態によって抜歯が必要と判断され、
治療するために歯を抜かなければならなくなるのです。
この場合、仮に抜歯しなくても歯は完全に機能を失っています。

重症化した虫歯だと、既に歯はボロボロになっていて被せ物を立てることもできないですし、
重症化した歯周病だと歯槽骨が溶かされているため、自然に歯が抜け落ちてしまいます。
いずれにしても歯を残せないと判断した場合、治療において抜歯が必要なケースがあります。

歯を失った後の選択肢

歯を失った場合、そのままにしておくと歯並びが悪くなるなどの問題が起こります
このため対処が必要になりますが、その対処とは人工の歯を入れることです。
具体的には3つの選択肢があり、患者さんはその中から好きな方法を選択できます。

入れ歯

費用が安くて治療も簡単なため、お手軽さを重視するなら最も優れた治療方法です。
ただし、人工の歯と比較すると不自由な点が多々あります。
外れてしまう、食事制限がある、噛む力が弱いなど、歯としての再現度はそれほど高くありません。

ブリッジ

歯を失った箇所に隣接する歯を架け橋にして人工の歯を入れる治療方法です。
文字どおり橋の構造をイメージした治療方法であり、入れ歯に比べると機能性も高いです。
ただし健康な歯を削る必要がありますし、歯並びの状態次第ではブリッジでの対応は不可能です。

インプラント

人工の歯の根を埋め込むため、天然の歯に近い感覚を再現した治療方法です。
ただし治療の過程で手術が必要ですし、自由診療のため費用も高額です。
歯としての再現度は高いものの、費用や身体に対して大きな負担がかかります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を失うことについてまとめます。

1. 歯周病で歯を失う人が多い理由 :重症化するまで気づかない、症状を軽く見て放置するなどの可能性
2. 虫歯でも歯を失う :虫歯が重症化すれば、歯は原型を失うほどボロボロに溶かされてしまう
3. 歯科治療でも歯を失う :重症化した虫歯や歯周病の場合、治療において抜歯が必要となることがある
4. 歯を失った後の選択肢 :入れ歯、ブリッジ、インプラント

これら4つのことから、歯を失うことについて分かります。
確かに、歯を失う要因として最も多いのは歯周病です。
しかし虫歯で歯を失うこともありますし、症状を放置することで抜歯が必要になることもあります。
このため、歯周病だけ予防すれば歯を守れるというわけではなく、
歯を守るためには口の中全体の健康と症状が起こった場合の早期治療を心掛けなければなりません。

PAGE TOP