ホーム >Blog > 私の周りで詰め物をセラミックにする人が増えていますが、セラミックはそんなに人気なのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

私の周りで詰め物をセラミックにする人が増えていますが、セラミックはそんなに人気なのですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミックについての説明」です。
まず質問にお答えすると、確かに最近ではセラミック治療を希望する人が増えています。

しかし、セラミック治療は歯科治療ですから、
人気という流行やファッション感覚ですすめられる治療ではありません。
セラミック治療を希望するなら、セラミックについて詳しく知っておくことが大切です。

セラミックと銀歯

セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミックにする治療です。
元々、詰め物や被せ物の材質は銀歯が一般的でしたし、現在でも銀歯は使用されています。
保険診療である銀歯は費用が安いメリットがありますが、一方でデメリットも多いのです。

・見た目が悪い
・虫歯が再発しやすい
・金属アレルギーの人には使えない
・寿命が短い

…銀歯にはこうしたデメリットがあり、それは保険診療であるため最低限の材質で作られているからです。
一方でセラミック治療は自由診療であり、健康保険が適用されないため費用は高くなります。
しかし銀歯のこうしたデメリットが解消されており、それがセラミック治療を希望する人が多い理由です。

セラミックのメリット

では、セラミックにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

見た目が美しい

セラミックの最大のメリットは審美性の高さです。目立つ銀歯と違ってセラミックは美しく、
特にオールセラミックは天然の歯に限りなく近い美しさを誇ります。
もちろん白さの調節もできるため、自分の歯に合った自然な白さを再現できます。

虫歯が再発しにくい

セラミックは材質的に表面がツルツルしており、プラークが付着しにくくなっています。
また、歯としっかり接着するため詰め物や被せ物に隙間が生じにくくもなっています。
このため細菌の蓄積や侵入を防ぎやすく、虫歯が再発しにくいのです。

金属アレルギーの人でも使える

セラミックは陶器であり、銀歯のように金属でできていません。
このため金属アレルギーの人でもセラミックなら安心して使えます。
ただし全てのセラミックがこれに該当するわけではなく、金属を使用したセラミックも一部存在します。

寿命が長い

最初にお伝えしておくと、詰め物や被せ物の寿命は毎日のケア次第で長くも短くもなります。
毎日のケアが万全な場合、自由診療のセラミックは保険診療の銀歯に比べて材質的に長持ちしやすく、
また年数経過による変色も起こりにくいため、長い間美しさを維持できます。

…セラミックのメリットに注目すると、セラミックは銀歯のデメリットが解消されていることが分かります。
見た目の悪さがデメリットな銀歯に対してセラミックは美しく、
虫歯の再発のしやすさがデメリットな銀歯に対してセラミックはそれが起こりにくくなっています。

また、銀歯の金属アレルギーや寿命の短さなどのデメリットにおいてもセラミックは解消されており、
つまりセラミックは銀歯における問題点が全て解消されているのです。

セラミックの種類

セラミックにはいくつか種類があり、治療時に好きな種類のものを選択できます。
最も、歯科医院によって取り扱うセラミックの種類は異なるため、
どの歯科医院でも全ての種類のセラミックに対応しているわけではありません。

オールセラミック

文字どおり100%セラミックでできており、最も審美性が高くて機能性も高いタイプです。
年数経過による変色も起こらないため、使っている間はずっと美しさを維持できます。
性能だけで比較すればオールセラミックは最もおすすめですが、その分だけ費用も高くなっています。

ハイブリッドセラミック

セラミックの微粒子をレジンに練り込んだタイプで、材質的にはセラミックとレジンの中間に位置します。
レジンを使用している分、他の種類のセラミックに比べると審美性で劣り、年数経過による変色も起こります。
ただし費用が安くなっているため、お手軽なセラミックとして位置付けられています。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたタイプで、見る角度によっては金属が見えてしまいます。
また金属を使用しているため、セラミックでありながら金属アレルギーの対象にもなっています。
こうした欠点があるものの、メタルボンドは耐久性が高く、奥歯をセラミックにする場合におすすめです。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドのジルコニアを使用しているため、耐久性の高さが特徴のタイプです。
さらにメタルボンドよりも美しく、金属を使用していないため金属アレルギーも起こりません。
こうした点からメタルボンドより優れていますが、その分だけ費用も高くなっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックについての説明をまとめます。

1. セラミックと銀歯 :セラミックは見た目の悪さなど、銀歯の問題点が解消されている
2. セラミックのメリット :見た目が美しい、虫歯が再発しにくい、金属アレルギーの人でも使えるなど
3. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら3つのことから、セラミックについての説明が分かります。
費用が高い点から敬遠されがちなセラミックですが、近年では銀歯に比べて希望する人が多く、
それは審美性の高さだけでなく機能性も高さも理由になっています。
また、費用の高さは確かにセラミックの欠点ですが、
医療費控除を利用するなどの方法である程度安くすることも可能です。

PAGE TOP