ホーム >Blog > ずっと口臭が気になりますが、私は歯周病なのでしょうか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

ずっと口臭が気になりますが、私は歯周病なのでしょうか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「口臭の原因について」です。
口臭を自覚した時、最も気になるのはエチケットの問題ではないでしょうか。

自分の口臭で会話の相手に不快感を与えることは絶対に嫌でしょうし、
だからこそ口臭を自覚した時には歯磨きやガムで解消しようとするでしょう。
確かにそのようなエチケットを考えることは大切ですが、もっと大切なのは口臭の原因を考えることです。

一時的口臭と病的口臭

口臭は二つの種類に分けることができ、それは一時的口臭と病的口臭です。
一時的口臭は飲食によって起こるものであり、例えばニンニクを食べた時の口臭などがそれに該当します。
最も、一時的口臭それほど深刻ではなく、歯磨きやガムでの解消が可能です。

深刻なのは病的口臭の場合であり、これは文字どおり病気が原因によって口臭が起こっています。
病気が原因で口臭が起こっている以上、例え歯磨きしても解消できるのは一時的であり、
時間の経過で再び口臭が起こります。この場合、原因となる病気を治療しなければ口臭は解消されません。

歯周病による口臭

病的口臭は病気が原因で起こる口臭ですが、そこで気になるのが具体的な病名です。
100%の断言はできないものの、口臭がする以上は口の中で問題が起こっていることが多く、
可能性として最も高いのは歯周病です。では、歯周病になるとなぜ口臭が起こるのでしょうか。

まず歯周病になると歯周ポケットの中に細菌が溜まりますが、
ここで細菌が繁殖することで歯肉に炎症が起こります。
その炎症が酷くなると膿みが発生し、その膿みが口臭を引き起こすとされています。

歯周病の治療方法

歯周病を治すには歯科医院で治療を受けなければなりません。
治療の基本は口の中を綺麗にすることで、そのため歯石の除去やプラークコントロールが必要です。
初期の歯周病ならこれらを徹底すれば歯周病は治りますが、進行度によっては難しくなります。

と言うのも、歯周病が進行すると歯周ポケットの溝が深くなり、
歯科医院の医療器具でもその箇所の清掃ができなくなるからです。
その場合は歯肉を切開しての清掃が必要ですし、重度段階まで進行すると抜歯が必要になることもあります。

歯周病以外の病的口臭

歯周病以外の病的口臭としては、次の病気が考えられます。

可能性1. 胃炎

胃酸が出にくくなることで食べた物が未消化のまま胃の中で停滞してしまい、
本来腸で行われる発酵が胃の中で起こります。すると胃の中で発酵臭が発生し、
それが肺に入り込むことで呼吸時に口臭が起こります。

可能性2. 逆流性食道炎

逆流性食道炎とは胃液が食道に逆流する病気です。
酸っぱい臭いの胃液が食道に逆流しますが、これが喉の方まで上がってくるため口臭が起こります。
さらに胃の臭いも混ざるため、逆流性食道炎による口臭は相当きつい臭いがします。

可能性3. 胃がん

がんの壊死によって臭いのきつい成分が発生し、
その成分が血液中に吸収された時、肺のガス交換によって排出されて口臭が起こります。
また原因は究明されていませんが、胃がんになると胃がん特有の口臭が起こるとも言われています。

可能性4. 腸内環境の悪化

腸内環境が悪化すると、善玉菌と悪玉菌のバランスが乱れて悪玉菌が増加します。
悪玉菌が発生すると腐敗したガスが腸の中に充満しますから、
それが多く発生することで腸壁から血液、血管から肺に回って呼吸時に口臭が起こります。

可能性5. 肝臓の不調

有毒なアンモニアの解毒は肝臓の働きの一つですが、
肝臓が悪いとその働きが低下するため、正常に解毒が行われなくなります。
そうすると有毒なアンモニアが血液中に溶け出し、血管から肺に回って呼吸時に口臭が起こります。

…いずれも決して軽い病気ではなく、だからこそ病的口臭は無視できる問題ではありません。
歯磨きやガムによる一時的な解消を繰り返している間にも、こうした病気はどんどん悪化していきます。
口臭を身体の危険信号と捉え、口臭を自覚した時には歯科医院や口臭外来で検査を受けてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、口臭の原因についてまとめます。

1. 一時的口臭と病的口臭 :病的口臭は病気が原因による口臭で、最も可能性が高いのは歯周病
2. 歯周病による口臭 :歯肉が炎症を起こすことで膿みが発生し、その膿みが口臭を引き起こす
3. 歯周病の治療方法 :歯石の除去やプラークコントロールが基本だが、進行すると大きな治療が必要
4. 歯周病以外の病的口臭 :胃炎、逆流性食道炎、胃がん、腸内環境の悪化、肝臓の不調など

これら4つのことから、口臭の原因について分かります。
口臭を自覚した時、ほとんどの人はそれを解消することを真っ先に考えると思いますが、
そうではなくその原因を究明することをまず考えてください。

なぜなら、病的口臭の場合は原因となる病気の治療が必要で、
歯磨きやガムでいくら一時的に口臭を解消しても病気はそのまま残っているからです。
そして、具体的な病名として最も可能性が高いのが歯周病です。

PAGE TOP