ホーム >Blog > 虫歯がありますがホワイトニングしても良いですか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯がありますがホワイトニングしても良いですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。今回のテーマは「虫歯とホワイトニングについて」です。何らかの歯科治療を希望する時、虫歯があるとすぐにできないことがあります。

例えば矯正治療を希望する場合、虫歯があるとまず虫歯治療を優先しなければなりません。これはホワイトニングも同様で、虫歯がある人でもホワイトニングすることは可能です。ですが、基本的には虫歯治療が優先され、治療後にホワイトニングする流れになります。

虫歯治療を優先する理由

虫歯になった状態でホワイトニングをすると、知覚過敏を引き起こしてしまいます。と言うのも、歯が進行すると歯に穴があき、患部のエナメル質は失われた状態になります。そうなると象牙質が直接刺激を受けるため、ホワイトニングの薬剤がしみてしまうのです。

また、虫歯治療とホワイトニングを同時にすすめることもできません。これは、ホワイトニングの薬剤によって詰め物や被せ物の接着が弱くなってしまうからで、虫歯治療とホワイトニングを同時にすることで詰め物や被せ物が剥がれやすくなってしまいます。

虫歯でもホワイトニングできるケース

基本的には虫歯になった状態のままホワイトニングはできないですが、「基本的に」と表現したのはその判断をするのはあくまで担当の歯科医だからです。虫歯を確認した時、その状態によってはホワイトニングできると判断するケースもあるかもしれません。

例えば虫歯が完全に初期段階であるケース、ホワイトニングしたい歯と虫歯の歯が全く別のケース、結婚式など何らかのイベント出席を理由にホワイトニングしたいケースなどが挙げられます。もちろん、それでも最終的には虫歯の治療は必要です。

詰め物や被せ物の材質

虫歯治療の後、ホワイトニングをするのであれば詰め物や被せ物の材質は慎重に選びましょう。と言うのも、詰め物や被せ物などの人工物はホワイトニングできないからです。例えば銀歯の詰め物を入れた場合、その後にホワイトニングをしても銀歯は白くなりません。

いくらホワイトニングをしても銀歯で処置すれば銀歯が目立ってしまうため、自然な美しさを求めるなら詰め物や被せ物の材質はセラミックにすべきでしょう。セラミックなら天然の歯に近い白さを再現しているため、ホワイトニングした後も目立つことはありません。

歯周病とホワイトニング

虫歯に限らず、歯周病がある場合もホワイトニングする前の段階で歯周病の治療が必要です。初期段階の歯周病ならホワイトニングできると判断されるケースもありますが、歯周病が進行している場合はその治療を優先しなければなりません。

また、歯周病が進行すると歯肉退縮が起こって歯肉の高さが下がります。そうすると歯の根が露出しますが、この露出した歯の根にはエナメル質が存在しないため、その状態でホワイトニングしてしまえば歯の根の象牙質が刺激を受けて知覚過敏を引き起こしてしまいます。

ホワイトニングできないケース

ホワイトニングする上で前提となるのは歯が健康であることで、そのため虫歯や歯周病がある場合はこれらの治療を優先しなければなりません。しかし、例え歯が健康な状態であったとしてもホワイトニングできないケースがあります。

正確にはホワイトニングできないのではなく、ホワイトニングをしても白くならないケースがあるのです。それはテトラサイクリンによって歯が変色しているケースで、テトラサイクリンはひと昔前に子供の風邪薬に抗生物質として含まれていた成分です。

ホワイトニングの種類

歯科治療のホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングとデュアルホワイトニングの3つの種類があります。最も、どのホワイトニングにおいても使用する薬剤やホワイトニングの仕組み自体は同じです。

・オフィスホワイトニング :歯科医院で行うホワイトニングで、効果が出るのは早いが後戻りもしやすい
・ホームホワイトニング :自宅で行うホワイトニングで、効果が出るまで時間がかかるが後戻りもしにくい
・デュアルホワイトニング :オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した方法で費用が高い

…このように、使用する薬剤やホワイトニングの仕組みは同じでも、効果や特徴において異なった部分があるため、自分にあったホワイトニングの種類を選択しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯とホワイトニングについてまとめます。

1. 虫歯治療を優先する理由 :知覚過敏が起こる、詰め物や被せ物の接着が弱まるなどの問題があるため
2. 虫歯でもホワイトニングできるケース :初期段階の虫歯などのケースにおいて歯科医の判断次第で可能
3. 詰め物や被せ物の材質 :ホワイトニングをするなら、詰め物や被せ物はセラミックにすると良い
4. 歯周病とホワイトニング :歯周病がある場合もその治療が優先となる
5. ホワイトニングできないケース :テトラサイクリンによって変色した歯はほとんど白くならない
6. ホワイトニングの種類 :オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニング

これら6つのことから、虫歯とホワイトニングについて分かります。虫歯がある人でもホワイトニングできますが、まずは虫歯の治療が優先されます。ホワイトニングは歯科治療の一つですが、完全な審美目的の治療です。つまり病気の治療ではないため、まずは虫歯という病気を完治させることを考えなければなりません。

PAGE TOP