ホーム >Blog > ホワイトニングでしみるという意見としみないという意見がありますが、どちらが正しいのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

ホワイトニングでしみるという意見としみないという意見がありますが、どちらが正しいのですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。今回のテーマは「ホワイトニングによる知覚過敏」です。ホワイトニングは歯を白くする審美治療です。

最も、審美とは言え歯科医院で行う治療ですから、やはり治療の痛みの有無は気になると思います。実際、ホワイトニングをしたら歯がしみたという意見がありますが、その一方で全くしみなかったという意見もあり、これらの意見はどちらが正しいのでしょうか。

ホワイトニングでしみる理由

ホワイトニングでしみる理由は、ホワイトニングで使用する薬剤によって知覚過敏が起こるためです。最も、知覚過敏は必ず起こるわけではないですから、知覚過敏が起こる人はホワイトニングでしみますし、知覚過敏が起こらない人はしみません。

ですから、ホワイトニングでしみたという意見としみなかったという意見はどちらも間違いではなく、その違いは知覚過敏が起こるか起こらないかによるものです。ちなみに、知覚過敏の有無の違いでホワイトニングの効果に差が出ることはありません。

知覚過敏とは

さて、ホワイトニングで起こる知覚過敏とはどのようなものなのでしょうか。知覚過敏とは歯が一瞬ピシッとしみる症状のことで、冷たいものを飲食した時などに起こります。実際、冷水を飲んだ時やアイスクリームを食べた時に歯が一瞬しみた経験のある人は多いと思います。

ではなぜこのような知覚過敏が起こるのか?…それを知るにはまず歯の構造を知っておくと良いでしょう。歯の表面にはエナメル質があり、その奥に象牙質、そして象牙質の下には神経があります。この中で中心となるのは象牙質ですが、実は象牙質は元々刺激に対して非常に敏感になっています。

しかし普段それを感じないのは、象牙質がエナメル質によって保護されているからです。ただし何らかの理由で象牙質がエナメル質に保護されていない場合、象牙質は直接刺激を受けてしまいます。そうなると知覚過敏が起き、つまり知覚過敏が起こる人はエナメル質が破損しているということになります。

知覚過敏の原因

上記で説明したように、知覚過敏が起こるのは象牙質が直接刺激を受けてしまうからで、象牙質が直接刺激を受けるのはエナメル質が破損しているからです。ではなぜエナメル質が破損しているのか?…理由として次のことが考えられます。

虫歯

虫歯が進行すると歯に穴があくため、患部のエナメル質は破損します。そして虫歯の穴が象牙質に到達すれば、象牙質が直接刺激を受けてしまいます。

歯周病

歯周病が進行すると歯肉退縮が起こって歯肉の高さが下がり、そのため歯の根が露出します。露出した歯の根には元々エナメルがなく、象牙質が剥き出しの状態になっています。

衝撃

歯をぶつけてヒビが入ってしまえばエナメル質も破損しますし、例え日ヒビが入っていなくても衝撃のダメージでエナメル質が破損することがあります。

歯磨きの仕方の問題

歯を強く磨きすぎるとエナメル質が傷ついてしまい、知覚過敏が起こることがあります。歯には正しい磨き方があり、それは歯科医院のブラッシング指導で学ぶことができます。

噛み合わせの悪さ

噛み合わせが悪いと、噛んだ時の力が歯に負担となります。その負担がダメージとなって、エナメル質を傷つけてしまうことがあります。

日常の癖

例えば歯ぎしりや食いしばりの癖などが該当します。これらの癖は摩擦によって歯の表面…つまりエナメル質を傷つけてしまいます。

ホワイトニングで知覚過敏が起こった時の対処

ホワイトニングで知覚過敏が起こった場合、次の方法で対処できます。ちなみにホワイトニングによる知覚過敏は一時的なものですから、時間の経過とともに解消されていきます。

知覚過敏用の歯磨き粉を使用する

歯磨き粉の中には知覚過敏用のものも販売されています。知覚過敏用の歯磨き粉を使用して歯磨きすることで、知覚過敏が解消されていきます。

知覚過敏用のジェルを塗布する

特にホームホワイトニングをしている人におすすめです。マウスピースに知覚過敏用のジェルを入れて装着することで知覚過敏が解消されていきます。

冷たいものの飲食を控える

冷たさは知覚過敏を引き起こす原因となるため、冷たいものの飲食を控えることで知覚過敏によるしみを緩和できます。

痛み止めを飲む

知覚過敏によるしみは痛み止めでも対処できます。ただし即効性はないため、効果が出るまでには少々時間がかかります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングによる知覚過敏についてまとめます。

1. ホワイトニングでしみる理由 :薬剤が刺激となって知覚過敏が起こるため
2. 知覚過敏とは :歯が一瞬ピシッとしみる症状。何らかの理由でエナメル質が破損していると起こる
3. 知覚過敏の原因 :虫歯、歯周病、衝撃、歯磨きの仕方の問題、噛み合わせの悪さ、日常の癖
4. ホワイトニングで知覚過敏が起こった時の対処 :知覚過敏用の歯磨き粉を使用するなど

これら4つのことから、ホワイトニングによる知覚過敏について分かります。ホワイトニングで知覚過敏が起こった場合、それは一時的なものです。時間の経過によって解消されるため、実際にはそれほど深刻な問題ではありません。ただし症状が一向に改善されない場合は別の原因が考えられるため、その際は必ず歯科医院に行って相談してください。

PAGE TOP