ホーム >Blog > 歯が一瞬痛むことがあるのはなぜですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯が一瞬痛むことがあるのはなぜですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。今回のテーマは「知覚過敏について」です。歯が痛いというだけでは、診察しない限りその原因を特定することはできません。

と言うのも痛み方にも色々あり、例えば常にズキズキと痛むのであれば虫歯の可能性が高く、それも神経まで進行していることが考えられます。しかし時折一瞬だけ痛むのであれば、それは虫歯ではなく知覚過敏の可能性があります。

知覚過敏と歯の構造

実は歯の象牙質は刺激に対して非常に敏感で、本来なら毎日の食事の中で冷たいものを飲食するだけで刺激となって痛みます。また、強い風が吹いた時に象牙質に当たれば、それだけで歯が痛むこともあります。

最も、普段そのような痛みを感じることはなく、それは象牙質がエナメル質によって保護されているからです。しかし、何らかの理由でエナメル質が傷ついていると象牙質が直接刺激を感じてしまいます。そうなると刺激を受けた時に歯は一瞬痛み、こうした症状を知覚過敏と呼びます。

知覚過敏の原因

知覚過敏が起こるのは、エナメル質が傷ついている、もしくは破損して象牙質が露出しているからです。そこで問題なのは「エナメル質が傷ついている、破損している原因」であり、それには次のことが可能性として考えられます。

虫歯

虫歯によって知覚過敏が起こるケースもあります。虫歯は進行すると歯の奥に進んでいきますから、そうなると患部のエナメル質が失われ、象牙質まで虫歯の穴が到達している状態になります。このため、冷たい水などが虫歯の穴に入ると象牙質にとって刺激となり、痛みを感じてしまいます。

歯周病

歯周病が進行して知覚過敏が起こるケースもあります。これは歯周病の進行によって歯肉退縮するためで、歯肉が下がることで歯の根が露出します。そして露出した歯の根はエナメル質で覆われておらず、象牙質が剥き出しになっているため刺激を受けることで痛みを感じてしまいます。

事故

例えば歯を強くぶつけた、歯が欠けたなどの事故が該当します。歯が欠けた場合は明らかですし、強くぶつけた場合もエナメル質が傷ついている可能性があります。そうなると象牙質が露出した状態になるため、刺激を受けることで痛みを感じてしまいます。

歯ぎしり、食いしばり

歯ぎしりも食いしばりも癖の一種ですが、これらの癖を継続的に行うことで歯はダメージを受けます。歯ぎしりや食いしばりは摩擦が起きますから、これによってエナメル質が傷ついてしまうことがあります。そしてエナメル質が傷つくことで象牙質が露出するため、刺激を受けると痛みを感じてしまいます。

歯科治療の影響

例えば歯石取りを行うことでエナメル質が傷ついてしまうことがあります。そうなると象牙質が露出するため、刺激を受けると痛みを感じてしまいます。他にも被せ物の高さが合わず、その結果噛み合わせが悪くなってエナメル質が傷つくケースもあります。

自宅でできる知覚過敏対策

ここでは自宅でできる知覚過敏対策の方法をお伝えしますが、実際に知覚過敏が起こった場合は必ず歯科医院に行って診察を受けてください。と言うのも、虫歯や歯周病が原因で知覚過敏が起こっている可能性もあるからです。

知覚過敏用の歯磨き粉を使って歯磨きする

市販の歯磨き粉に注目すると、中には知覚過敏用のものも販売されています。知覚過敏で歯が痛む時には、このタイプの歯磨きを使って歯磨きすると良いでしょう。

正しい歯の磨き方を覚える

強い力でゴシゴシと歯を磨くと、エナメル質が傷ついて知覚過敏が起こってしまいます。歯科医院の定期検診や予防歯科を受診して、その中でブラッシング指導を受けましょう。

酸性の食品の過剰な摂取を控える

あまり敏感になり過ぎてもいけませんが、酸性の食品を過剰に摂取するとエナメル質が溶けてしまいます。炭酸飲料やアルコールが該当しますが、常識的な範囲で摂取する分には何の問題もありません。

食事の時によく噛む

よく噛んで食事すればそれだけ多くの唾液が出ます。唾液には歯の再石灰化に必要な物質が含まれており、知覚過敏になりにくい身体作りができます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、知覚過敏についてまとめます。

1. 知覚過敏と歯の構造 :象牙質が露出すると、冷たさなどの刺激によって痛みを感じる
2. 知覚過敏の原因 :虫歯、歯周病、事故、歯ぎしりや食いしばりなどの癖、歯科治療の影響
3. 自宅でできる知覚過敏対策 :知覚過敏用の歯磨き粉を使って歯磨きするなど

これら3つのことから、知覚過敏について分かります。知覚過敏はもちろん歯科医院でも治療できます。治療方法は一般的に薬の塗布、さらに原因に合わせた治療方法になります。

また、歯科医院によってはレーザー治療によって知覚過敏を治療できるところもあります。虫歯や歯周病など思わぬことが原因で知覚過敏が起こっているケースもあるため、知覚過敏が起こった時には安易に考えず必ず歯科医院で診察を受けるようにしてください。

PAGE TOP