ホーム >Blog > 歯がズキズキと痛むのは何が原因ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯がズキズキと痛むのは何が原因ですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。今回のテーマは「歯がズキズキと痛む場合について」です。歯がズキズキと痛むのは、夜も眠れないほどの辛さがあります。

もちろんすぐ歯科医院に行くべきですが、その前に何が原因か気になる人も多いでしょう。そこでお答えすると、この場合可能性として最も高いのは虫歯です。それもその虫歯は歯の神経まで進行している状態です。

虫歯の進行と痛み

「虫歯=歯が痛む」のイメージがありますが、実は初期の虫歯には痛みはありません。初期の虫歯は歯の表面だけ虫歯になった状態であり、歯の表面にはエナメル質があります。エナメル質は歯…正確には象牙質を刺激から保護しているため、虫歯になっても痛みは感じないのです。

しかし、虫歯は進行する病気です。虫歯が進行するとやがて虫歯菌は象牙質まで到達し、そうなると象牙質は刺激に対して敏感なため、虫歯による痛みを感じるようになります。さらに虫歯が進行すると、今度は神経まで虫歯菌は到達します。

神経は感覚を伝えるため、その神経が虫歯菌によって炎症を起こすと激しい痛みを感じます。この時の痛みはズキズキとした激痛で、夜も眠れないほど辛くて激しい痛みです。歯がズキズキと痛む場合、このように神経まで進行した虫歯が原因の可能性が高いのです。

治療方法

虫歯の治療は歯を削って詰め物で処置するのが一般的ですが、あくまでそれは一例です。正確には虫歯の進行度によって治療方法は異なり、例えば完全に初期の虫歯であれば削らずに治せることもあります。

一方、ズキズキと痛むような神経まで進行した虫歯の場合、歯を削るだけでは治せません。もちろん歯を削るものの、虫歯菌に感染した神経は除去する必要がありますし、根管内の細菌を取り除いて消毒や清掃を行う根菅治療も必要です。

ただし根管治療は歯科治療として難易度が高く、なぜなら根管の形状は人によって異なるからです。さらに根管の中を目で見て確認できないため、歯科医の腕が良くないと細菌を取り残してしまうこともあり、そうなると残った細菌によって炎症が起き、その場合もズキズキとした痛みを感じてしまいます。

神経を失うこと

神経まで進行した虫歯は、治療しても神経の除去が必要になる可能性があります。と言うのも、虫歯菌に感染した神経をそのまま残すことはできないですし、仮にそのまま残せたとしても炎症によってズキズキとした痛みがずっと続いてしまうからです。

最も、神経を除去すれば痛みが解消されるため、むしろそれをプラスと考える人もいます。しかしそれは間違いで、神経を失うことは今後の歯の健康において確実にマイナスになります。では神経を失うとどんな問題があるのか?…具体的には次のことが挙げられます。

虫歯の進行に対する防御機能が失われる

虫歯になると、神経に防御機能が働いて虫歯の進行経路を塞ごうとします。しかし神経を失うとそれが行われなくなるため、虫歯が進行しやすくなってしまいます。

歯が脆くなる

神経を失った歯には栄養が届かなくなるため、健康な歯に比べて脆くなります。このため細菌に感染しやすくなりますし、衝撃に対しても割れやすくなってしまいます。

歯が変色する

これも歯に栄養が届かなくなることで起こる問題です。神経を失った歯は栄養が届かないことで黒く変色し、歯の白い美しさを失ってしまいます。

虫歯が再発しても気づきにくい

神経を失えば感覚を失い、感覚を失えば痛みを感じなくなります。神経を失った歯に虫歯が再発しても痛みを感じず、そのため歯の異常に気づきにくくなってしまいます。

定期検診のすすめ

ズキズキと歯が痛むのは辛いですし、治療しても神経を残せない可能性が高く、そう考えると虫歯の進行がいかに怖いことか分かると思います。しかし、実際には虫歯を放置さえしなければここまで深刻な状態になることはまずありません。

そのためにおすすめしたいのが、歯科医院での定期検診の受診です。定期検診では歯のクリーニングや歯磨き指導を行うため、受診することで虫歯を予防しやすくなりますし、歯科医が歯の健康状態も確認するため虫歯があった場合でも発見して治療できます。

このため、定期検診を受けていれば虫歯になったとしても重症化することはないですし、それどころか痛みを感じないほどの初期の時点で虫歯を発見して治療できます。虫歯を予防する、もしくは重症化させないためにも定期的に検診を受けましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯がズキズキと痛む場合についてまとめます。

1. 虫歯の進行と痛み :歯がズキズキと痛む場合、虫歯が神経まで進行したのが原因である可能性が高い
2. 治療方法 :神経まで進行した虫歯は削るだけでは治せず、根管治療も必要になる
3. 神経を失うこと :痛みは解消されるが、歯が脆くなるなどのデメリットが多々ある
4. 定期検診のすすめ :定期的に検診を受けていれば、虫歯になっても神経まで進行することはない

これら4つのことから、歯がズキズキと痛む場合についてまとめます。大人でも虫歯の治療が嫌だと感じる人は多く、そのため虫歯になっても放置する人がいます。しかしそれは大きな間違いで、虫歯の治療が嫌だからこそ早く治療すべきです。

もちろん歯の健康にとって早期治療は大切ですし、虫歯を放置すればそれだけ症状も深刻になり、同時に簡単な治療では治らなくなってしまいます。つまり、虫歯を放置することに一切のメリットはなく、辛いデメリットだけが増えていくのです。

PAGE TOP