ホーム >Blog > オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を希望できますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を希望できますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。今回のテーマは「オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用」です。歯科医院で行うホワイトニングには、基本的にオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。

どちらにするかは患者さんが選択できますが、注意点としてそれぞれのホワイトニングは全く異なった特徴を持っています。そして、これら両方のホワイトニングを行うことも可能であり、それがデュアルホワイトニングです。

ホワイトニングが必要なケース

歯が変色しているのには次の2つのパターンがあります。

・歯の表面が変色している
・象牙質が変色している

歯の表面の変色は着色のようなものですから、この場合は市販のホワイトニング歯磨き粉でも白くできますし、歯科医院で行っている歯のクリーニングでも対処可能です。問題となるのはもう1つの象牙質が変色しているパターンです。

この場合、変色しているのは歯の表面の奥にある象牙質です。ですから、いくら歯磨きしても歯は白くならず、それは歯磨きでは歯の表面しか磨けないからです。では象牙質を白くするにはどうすれば良いか?…その答えとなるのがホワイトニングです。

ホワイトニングの仕組み

変色した象牙質を白くする方法はホワイトニングをすることですが、実は本当に歯が白くなるわけではなく、白くなったように見せるのがホワイトニングの効果です。さて、この点についてはホワイトニングの仕組みを理解すると分かります。象牙質の変色がうつるのは、歯の表面のエナメル質が無色透明であるためです。

例えるならエナメル質は透明ガラスであり、そのため奥にある変色した象牙質がうつってしまうのです。この問題を解決するには、透明ガラスであるエナメル質を曇りガラスに変えてしまうことです。ホワイトニング剤によって酸素が発生すると、角状のエナメル質が球状に構造変化します。そしてエナメル質が球状になることで、光が乱反射して曇りガラスのようになります。

これがマスキング効果をもたらし、変色した象牙質が見えなくさせます。つまり正確には、「歯が白くなる」ではなく「歯が白くなって見える」であり、これがホワイトニングの仕組みです。

ホワイトニングの種類

基本的にはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがありますが、どちらが優れているかの判断はできず、なぜならそれぞれ真逆のメリットとデメリットがあります。では、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングですから、当然薬剤は歯科医が使用します。このため薬剤の濃度が高く設定されており、早く歯を白くすることができます。しかし効果が出るのが早い分、薬剤の歯への浸透は弱いため、後戻りしやすいデメリットがあります。つまり、オフィスホワイトニングのメリットとデメリットは次のようになります。

・メリット :効果が出るのが早い(早く歯が白くなる)
・デメリット :後戻りが早い

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは自宅で行うため、薬剤を使用するのは患者さん自身です。このため安全性を考慮して薬剤の濃度が低く設定されており、歯が白くなるのに時間がかかります。ただし毎日ホワイトニングすることで薬剤が歯にしっかりと浸透しますから、後戻りもしにくくなっています。つまり、ホームホワイトニングのメリットとデメリットは次のようになります。

・メリット :後戻りしにくい
・デメリット :効果が出るまでに時間がかかる(すぐに歯が白くならない

それぞれの比較

「早く効果が出る反面後戻りしやすい」がオフィスホワイトニングの特徴なのに対して、「効果が出るのに時間がかかるが後戻りしにくい」がホームホワイトニングの特徴です。こう比較すると一目瞭然で、それぞれ全く逆の特徴であることが分かりますね。

しかし、患者さんの理想としては「早く効果が出て後戻りしにくい」であり、それぞれのホワイトニングのメリットをあわせることが患者さんの理想です。そして、そのための方法がデュアルホワイトニングです。

デュアルホワイトニング

さて、今回のテーマである「オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを合わせること」ですが、それは可能であり、それがデュアルホワイトニングと呼ばれる方法です。デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用です。

このため、それぞれのメリットを活かせる…つまり「早く効果が出て後戻りしにくい」が特徴となっています。最も、こう説明するとデュアルホワイトニングは万能に思えますが、そんなデュアルホワイトニングにもデメリットがあり、それは効果が高い分費用もまた高いことです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用についてまとめます。

1. ホワイトニングが必要なケース :象牙質が変色している場合
2. ホワイトニングの仕組み :ホワイトニング剤によってエナメル質が曇りガラス状に変化する
3. ホワイトニングの種類 :基本的にはオフィスホワイトニングとホームホワイトニング
4. デュアルホワイトニング :オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した方法

これら4つのことから、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用について分かります。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはそれぞれメリットとデメリットが真逆です。その点、デュアルホワイトニングはそれぞれのホワイトニングを併用するため、それぞれのメリットを活かしたホワイトニングが可能です。効果については申し分ないものの、その分費用が高くなっているのがデメリットです。

PAGE TOP