ホーム >Blog > 妊娠していてもホワイトニングはできますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

妊娠していてもホワイトニングはできますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。今回のテーマは「妊娠している時のホワイトニングについて」です。女性は妊娠すると、普段と同じ生活ができなくなる部分がいくつかあります。

その1つが薬を飲むことで、胎児への影響の問題から妊娠中は風邪薬など…いわゆる薬の類は飲めません。では、薬が飲めないということを考えると、薬剤を使用するホワイトニングはどうなのでしょうか。そこで、ここでは妊娠している女性のホワイトニングについて説明をしていきます。

妊娠中のホワイトニングは避けるべき

妊娠中のホワイトニングは避けるべきですし、実際にほとんどの歯科医院が対応していません。ではなぜ避けるべきなのか?…それは当然ホワイトニング剤の胎児への影響が考慮されてのことですが、実はホワイトニング剤が胎児に影響を与えるかどうかについては解明されていません。

ですから、もしかすると全く影響がなく安全なのかもしれません。しかし影響がある可能性も否定できず、現時点ではどちらなのか解明されていないのです。影響がある可能性がある以上、ホワイトニングは避けるべき…これが多くの歯科医院の見解です。

ホワイトニングの価値

胎児に影響があるか分からないなら、安全だと信じてホワイトニングをしたいと思う方もいるかもしれません。しかし、考えてみてください。ホワイトニングは変色した歯を白くする審美治療になりますが、その審美治療を敢えて妊娠中にリスクを冒してまでする意味があるのでしょうか。

例えばそれが大きな病気の治療なら納得できますが、完全に審美目的であるホワイトニングを妊娠中のタイミングで行う意味はありません。確かにホワイトニングは魅力的な治療ですが、だからと言って妊娠中に行う必要性はないのです。

ホワイトニングができる時期

妊娠中の女性がホワイトニングを希望した場合、それができる時期はいつになるのでしょうか。まず胎児への影響を考えると妊娠中は避けるべきですから、そうなると出産後ということになります。しかし出産後は授乳が始まりますし、母乳は母親の体内の成分が影響します。

このため、安全を考えるなら授乳中もホワイトニングは避けるべきで、その後…つまり授乳が終わった時期がホワイトニングをできるタイミングになります。また、妊娠の可能性がゼロでないという点で、妊活中のホワイトニングも避けるべきでしょう。

妊娠中の歯科治療

ここでは妊娠中のホワイトニングは避けるべきとお伝えしていますが、あくまでそれはホワイトニングについてであり、歯科治療の全てを避けるべきという意味ではありません。例えば虫歯や歯周病の治療…これらは妊娠中でも治療するべきですし、むしろ治療しなければなりません。

特に歯周病の場合、妊娠中に発症すると早産や低体重児を出産するリスクが高くなるのです。とは言え、妊娠中は普段に比べて身体の負担も大きく感じるため、妊娠中であれば治療前にそのことを必ず歯科医に伝えるようにしてください。

妊娠中に歯を白くする方法

妊娠中、どうしても歯を白くしたい事情があるのであれば、ホワイトニング以外の方法もあります。

ホワイトコート

ホワイトコートは歯のマニキュアで、歯科治療の1つです。ホワイトコートは妊娠中でも受けられる治療であり、使用するコーティング剤も胎児への影響はありません。ただし、最大限に安全性を考えると安定期以外のタイミングではやはり避けるべきでしょう。

ホワイトニング歯磨き粉

市販のホワイトニング歯磨き粉は、歯科治療のホワイトニングとは全く違います。ホワイトニング歯磨き粉では変色した象牙質を白くするほどの効果はないですが、コーヒーやお茶などによる歯の表面の着色であれば、それを落とすことは可能です。

歯のクリーニング

予防歯科や検診時に受けられる治療です。ホワイトニング歯磨き粉同様、歯の表面の着色や汚れなら落とすことができますし、プラークや歯石も綺麗に除去できるため、トータルの効果はホワイトニング歯磨き粉よりも高いです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、妊娠している時のホワイトニングについてまとめます。

1. 妊娠中のホワイトニングは避けるべき :胎児への影響が不明のため、影響がある可能性を否定できない
2. ホワイトニングの価値 :審美治療であるため、敢えて妊娠中のタイミングに行う必要性はない
3. ホワイトニングができる時期 :出産して授乳が終わった時期
4. 妊娠中の歯科治療 :虫歯や歯周病治療は可能であり、むしろこれらの治療は必要
5. 妊娠中に歯を白くする方法 :ホワイトコート、ホワイトニング歯磨き粉、歯のクリーニング

これら5つのことから、妊娠している時のホワイトニングについて分かります。妊娠中のホワイトニングについては、ホワイトニング剤が胎児に影響するか不明の段階です。ですから影響がないとは言い切れないですし、影響があると言い切ることもできません。

漠然とした結論ですが、影響があるかもしれないし、影響がないかもしれないのです。しかし、影響がある可能性がある以上、妊娠中の女性へのホワイトニングは避けるべきと考えています。審美治療は急ぐ必要はないので、ホワイトニングは出産して授乳を終えてからすれば良いのです。

PAGE TOP