ホーム >Blog > ホワイトニング歯磨き粉で歯を磨いても、全く歯が白くなりません

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

ホワイトニング歯磨き粉で歯を磨いても、全く歯が白くなりません

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。今回のテーマは「ホワイトニング歯磨き粉について」です。「ホワイトニング歯磨き粉で歯を磨いても歯が白くなりません」…以前、患者さんからそう相談を受けました。

その患者さんは確かに歯が黄色く変色しており、歯を白くしたいとずっと考えていたそうです。歯科治療のホワイトニングは高いため、安いホワイトニング歯磨き粉を購入して使用したものの、いくら歯を磨いても白くなる気配が一向にないため、一度相談したいと思ったとのことです。

歯の変色のパターン

歯が変色していると言っても、そのパターンは2つあります。1つは歯の表面だけ変色しているパターンで、タバコのヤニ、コーヒー、ワインなどによる着色が原因です。そしてもう1つは歯全体…つまり象牙質が変色しているパターンです。

歯の変色としてどちらのパターンなのか?…その答えによってホワイトニング歯磨き粉の効果は変わります。この場合、ホワイトニング歯磨き粉の効果がないのは後者の象牙質が変色しているパターンです。一方、歯の表面の汚れや着色であれば、ホワイトニング歯磨き粉の使用によって対処できます。

ホワイトニングの仕組みの比較

歯科治療のホワイトニングとホワイトニング歯磨き粉は全くの別物です。これは、それぞれのホワイトニングの仕組みと効果を比較すると分かりやすいと思います。

歯科治療のホワイトニング

過酸化尿素、もしくは過酸化水素を含んだ薬剤を歯に塗布します。そうするとエナメル質の構造が変化し、無色透明から曇りガラス状になります。変色した象牙質は曇りガラス状のエナメル質によってマスキングされ、歯が白くなって見えるようになります。

ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉の仕組みは、「汚れや着色を削って落とす」です。これは、ホワイトニング歯磨き粉に含まれている研磨剤による効果です。そしてその効果は歯を磨くことで得られるため、歯の表面の汚れや着色しか落とせないのです。

…これらを比較すると分かるとおり、歯科治療のホワイトニングは薬剤の効果で歯全体を白くさせますが、ホワイトニング歯磨き粉は歯の表面の汚れや着色にしか効果はありません。ですから、象牙質が変色している場合だとホワイトニング歯磨き粉では歯を白くできないのです。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングの名前がつくものとして、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングもありますが、ではこれらのホワイトニングはどういったものなのでしょうか。結論から言うと、これらのホワイトニングは歯科治療のホワイトニングを意味します。

ホワイトニングの名前ばかりで分かりづらいと思いますが、歯科治療のホワイトニングは次のようになります。

<歯科治療のホワイトニングの種類>
・オフィスホワイトニング :歯科医院で行うホワイトニング
・ホームホワイトニング :歯科医院で薬剤を受け取り、自宅にて自分で行うホワイトニング
・デュアルホワイトニング :オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したホワイトニング

歯科医院でホワイトニングを希望すると、今度はその種類を決めることになります。種類は3つで、歯科医院で行うオフィスホワイトニング、自宅で行うホームホワイトニング、それぞれのホワイトニングを併用したデュアルホワイトニングです。

これら3つのホワイトニングはそれぞれメリットやデメリットが異なりますが、いずれも歯科治療のホワイトニングですから歯を白くする仕組み自体は同じです。ですから、変色した象牙質を白くできるという点ではどの種類のホワイトニングも変わりません。

ホワイトニングで白くできない歯

歯の表面のみの汚れや着色のみしか対応できないホワイトニング歯磨き粉と、変色した象牙質を白くできる歯科治療のホワイトニングでは、明らかに後者の方が効果は高いでしょう。しかし、歯科治療のホワイトニングでも白くできない歯があり、それはテトラサイクリンによって変色した歯です。

テトラサイクリンとは、ひと昔前に子供の風邪薬に含まれていた抗生物質で、今でも治療内容によっては使用することがあります。このテトラサイクリンによって変色した歯はホワイトニングでもほとんど白くなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニング歯磨き粉についてまとめます。

1. 歯の変色のパターン :歯の表面が変色しているパターンと、象牙質が変色しているパターン
2. ホワイトニングの仕組みの比較 :歯科治療のホワイトニングとホワイニング歯磨き粉は全く違う
3. ホワイトニングの種類 :オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニング
4. ホワイトニングで白くできない歯 :テトラサイクリンによって変色した歯

これら4つのことから、ホワイトニング歯磨き粉について分かります。コーヒーやタバコのヤニなどによる変色は、いわば歯の表面に着色しているだけです。ですから、この場合はホワイトニング歯磨き粉でも対応できます。

しかし、象牙質が変色している場合はホワイトニング歯磨き粉では対応できず、対応できるのは歯科治療のホワイトニングになります。ただし、変色の原因によっては歯科治療のホワイトニングでも対応できないことがあります。

PAGE TOP