ホーム >Blog > ホームホワイトニングなら自宅でホワイトニングできますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

ホームホワイトニングなら自宅でホワイトニングできますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。今回のテーマは「ホームホワイトニングの説明」です。ホワイトニングには種類があり、その中の1つがホームホワイトニングです。

ホームホワイトニングは通院がなかなかできない方におすすめで、歯科治療でありながら自宅で行えるホワイトニングです。とは言え、通院自体はゼロではないため、その点も含めてホームホワイトニングについて説明します。

通院について

自宅で行えるはずのホームホワイトニングでなぜ通院が必要なのでしょうか。それは、ホワイトニングするために必要な薬剤やマウスピースは歯科医院で受け取る必要があるからです。

・歯科医院でマウスピースの型を取る
・完成したマウスピースと薬剤を受け取る
・ホームホワイトニングについての説明

確かに、治療そのものは自宅にて自分で行いますが、そのために必要なものは歯科医院で製作・受け取りの流れになりますし、注意点含む説明も必要です。このため、ホームホワイトニングでも通院がゼロというわけではありません。

最も、通院の回数で言うならホームホワイトニングは一般的に1回~2回の通院ですみますから、歯科医院でホワイトニングするオフィスホワイトニングに比べて通院回数が少ないのは事実です。ですから、ホームホワイトニングはあまり頻繁に通院できない方におすすめです。

ホームホワイトニングの特徴と注意点

ホームホワイトニングはホワイトニングの仕組みこそオフィスホワイトニングと同じですが、具体的な治療方法を含めていくつか異なる点があります。

治療方法

ホームホワイトニングでは、薬剤を入れたマウスピースを装着してホワイトニングします。ここで注意が必要なのがマウスピースの装着時間で、約2時間の装着が必要です。ホームホワイトニングを希望する場合、最低2時間のマウスピース装着の時間を確保できなければなりません。

治療の効果

オフィスホワイトニングでは治療したその日に白さを実感できる方が多いですが、ホームホワイトニングでは最低3日、ハッキリと白さを実感するまでには2週間ほどかかります。これは患者さんが薬剤を使用する上で安全性が考慮され、薬剤の濃度が薄めになっているからです。

白さの持続性

ホームホワイトニングでは白さを実感するのに時間がかかる分、白さの持続性には長けています。これは、白くなるまでに薬剤がしっかりと歯に浸透するためで、オフィスホワイトニングの持続性が3ヶ月ほどなのに対して、ホームホワイトニングは半年~1年ほどになります。

費用

費用の相場を比較すると、オフィスホワイトニングよりもホームホワイトニングの方が安くなっています。ちなみにオフィスホワイトニングの相場が35000円~70000円ほど、ホームホワイトニングの相場が15000円~50000円ほどになります。

…全体の注意点として、数値の記載についてはあくまで一般的なものですから個人差があります。例えばホームホワイトニングの持続性は半年~1年と説明しましたが、その期間より前後することもあり、あくまで目安として参考にしてください。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、ホームホワイトニングを含めて3つの種類があります。そこで、ホームホワイトニング以外のホワイトニングについても特徴を簡単にまとめます。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングで、特徴としてはホームホワイトニングと全く逆です。「効果が出るまでに時間がかかり、その分持続性は高い」…これがホームホワイトニングの特徴ですが、オフィスホワイトニングは「効果が出るのは早く、その分持続性は低い」です。

これはオフィスホワイトニングの場合、歯科医が薬剤を取り扱うため高濃度の薬剤を使用できるからで、高濃度であるため即効性があるのですが、一方で薬剤の歯への浸透においては弱いのです。通院の手間はかかりますが、自分でホワイトニングしなくても良い点では手軽さがあります。

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用したホワイトニングです。それぞれの長所が活かされているため、効果の点では最も優れた方法です。治療に即効性があり、なおかつ持続性も高く、治療の効果にこだわる方におすすめです。

これだけの説明だとホワイトニングの種類を選択する時、デュアルホワイトニング一択と思うかもしれません。しかしデュアルホワイトニングにも欠点はあり、それは効果において優れている分、ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングに比べて費用が高いことです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホームホワイトニングの説明についてまとめます。

1. 通院について :ホームホワイトニングでも薬剤の受け取りなどによる通院が必要
2. ホームホワイトニングの特徴と注意点 :毎日最低2時間のマウスピース装着が必要など
3. ホワイトニングの種類 :オフィスホワイトニングやデュアルホワイトニングがある

これら3つのことから、ホームホワイトニングの説明について分かります。自宅でホワイトニングできるのがメリットのホームホワイトニングですが、それは通院が一切必要ないという意味ではありません。

また毎日2時間のマウスピース装着が必要なため、ホームホワイトニングを行うにはその時間を確保できることが前提です。効果としては薬剤の濃度が薄いため即効性はないものの、その分持続性が高いという特徴があります。

PAGE TOP