ホーム >Blog > 歯が痛んだ当日に歯科医院に行ったら、既に虫歯が進行していました。虫歯は数時間で進行するのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯が痛んだ当日に歯科医院に行ったら、既に虫歯が進行していました。虫歯は数時間で進行するのですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。今回のテーマは「虫歯の進行と痛みについて」です。虫歯の治療では歯を削るイメージがありますが、必ずしもその治療方法とは限りません。

初期の虫歯…それも虫歯になりたての状態であれば削らずに治すことも可能ですし、歯を削って詰め物で処置することに比べれば治療期間も短く、治療費も安くすみます。では歯が痛んだらすぐ歯科医院に行けば簡単な治療ですむのか?…その答えはノーです。

歯が痛む時点で虫歯は進行している

初期の虫歯とは、まだ虫歯が進行していない状態です。さて、虫歯になると歯に痛みを感じますが、実は初期の虫歯には歯の痛みはありません。これは初期の虫歯は歯の表面にできるからで、歯の表面はエナメル質で覆われています。

エナメル質は歯を刺激から保護しているため、虫歯になったとしても痛みは感じないのです。しかし、虫歯が進行すればさらに奥まで虫歯が進みますから、そうなると虫歯は象牙質に到達します。象牙質は刺激に対して非常に敏感ですから、ここまで虫歯が進行すると歯が痛みます。

つまり虫歯で歯が痛むということは、その虫歯は既に象牙質まで進行していることになり、そうなるとおそらく歯を削ってでしか虫歯は治せないでしょう。初期の虫歯の時点で治療するには、痛みを感じる前の段階で治療しなければなりません。

初期の虫歯は自覚しにくい

初期の虫歯の時点で治療するには、痛みを感じる前の段階で治療が必要と説明しましたが、実際にそうするのは正直難しいでしょう。と言うのも、ほとんどの人は歯の痛みを理由に虫歯に気づきます。逆に言えば、歯の痛みがなければ自分が虫歯だと思わないわけです。

自分が虫歯だと思わなければ、歯科医院に行こうとは思わないでしょう。そうすれば虫歯は放置に等しい状態になるため、やがて痛みを感じるほど進行してしまいます。つまり、「歯が痛くない=虫歯がない」と思っている限り、初期の虫歯の時点で治療することは不可能です。

ではどうすれば初期の虫歯に気づけるのか?…その方法は2つあります。1つは目で見て確認することで、虫歯になると歯が変色するため、それに気づけば虫歯にも気づけます。もう1つの方法はもっと確実で、歯科医院で定期的に検診を受けることです。

定期検診の効果

定期検診では歯科医が患者さんのお口の健康状態をチェックするため、例え痛みがなくても虫歯があればそれを発見でき、その時点で治療可能です。つまり、初期の虫歯の時点で治療するには定期検診が欠かせないのです。

また、定期検診を受ければ虫歯の予防効果も高まります。歯のクリーニングでプラークや歯石を除去できますし、ブラッシング指導で歯磨きの技術も高まります。さらに生活習慣改善のアドバイスによって、日常生活に潜む虫歯の要因を最大限カットできます。

最も、いくら定期検診でもたった1度受けるだけでは一時的な効果しか得られません。虫歯の予防と虫歯の早期治療を継続するのであれば、できれば3ヶ月に1回、長くても半年に1回の頻度で定期検診を受けるべきでしょう。

痛みのない虫歯のケース

初期の虫歯には痛みはなく、そのため気づきにくいのが問題です。さて、そんな痛みのない虫歯のケースは実は稀ではなく、次のようなケースの虫歯にも痛みがありません。

虫歯が進行して神経が死んでいる

虫歯が進行すればやがて神経まで虫歯菌に侵され、治療せずに放置すると神経が死んでしまいます。そうなると神経が失われたことで痛みを感じなくなります。しかし、ただ痛みを感じないだけで、そのままにしておくとさらに虫歯は進行していきます。

神経を失った歯の二次虫歯

虫歯治療の際に神経を抜いた歯、もしくは神経が死んでから虫歯治療を行った歯、どちらの場合も虫歯は治っても神経は失った状態になります。こうした歯に虫歯が再発した場合、既に神経を失っているため痛みは感じません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の進行と痛みについてまとめます。

1. 歯が痛む時点で虫歯は進行している :歯が痛むということは、その虫歯は象牙質まで進行している
2. 初期の虫歯は自覚しにくい :初期の虫歯は痛みがないため、そもそも自分が虫歯だと気づきにくい
3. 定期検診の効果 :虫歯の早期発見と治療が可能な上で、虫歯の予防効果も高まる
4. 痛みのない虫歯のケース :神経が死んでいる場合、神経を抜いた歯が二次虫歯になった場合

これら4つのことから、虫歯の進行と痛みについて分かります。歯が痛くなってすぐ歯科医院に行くこと自体は何も間違いではありません。しかし、それで虫歯を進行前に治せると思ってしまうのは間違いです。

なぜなら、歯に痛みを感じた時点で既に虫歯は進行しているからで、進行前に虫歯を治すのであればもっと前…痛みの感じない段階で虫歯に気づいて治療しなければなりません。つまり、歯が痛くないというのは虫歯がない証明にはならないということです。

PAGE TOP