ホーム >Blog > 根管治療とはどんな治療ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

根管治療とはどんな治療ですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「根管治療について」です。虫歯は最初歯の表面にできますが、治療しないとどんどん奥に向かって進行していきます。

歯の表面、その奥の象牙質、さらにその奥の神経と進行していきますが、神経まで進行した場合は歯を削るだけでなく根管治療が必要です。ここでは、そんな根管治療について説明していきます。

根管治療について

根管とは神経や血管などが通っている管のことで、神経や血管などを合わせて歯髄と呼びます。虫歯が神経まで進行すると根管の神経まで虫歯菌に侵され、炎症を引き起こして激しい痛みを感じます。そこで治療によって神経を抜き、根管の細菌を全て取り除きます。

言ってみれば根管を綺麗に清掃して消毒するわけで、これが根管治療と呼ばれる治療です。軽い虫歯の治療では必要なく、なぜならその場合は根管の神経が虫歯菌に感染していないからです。一方虫歯が神経まで進行すると神経が虫歯菌に感染しているため、根管治療が必要となります。

神経を抜くことについて

治療とは言え、神経を抜くことに抵抗を感じる方もいると思います。しかし虫歯菌に感染した神経は抜かない限り炎症による激痛が続きますし、そのままにしておいたところで神経は死んで腐ってしまいます。

このため、虫歯が神経まで進行した場合はどうしても神経を抜かなければなりません。また、人によっては神経を抜けば痛みが解消されるため、神経を失うことをプラスに考える方もいます。しかしそれは間違いで、神経を失うことには様々なデメリットがあります。

<神経を失うことのデメリット>

歯が脆くなる

神経は歯に栄養を届けていますから、神経を失えればそれができなくなります。栄養が届かない歯はやわらかく脆くなり、虫歯菌に対する抵抗力も弱くなってしまいます。

歯が黒くなる

神経を失うと歯に栄養が届かなくなりますが、それは歯の見た目にも影響します。栄養が届かない歯は元の白さを失ってしまい、黒く変色してしまいます。

虫歯が進行しやすくなる

神経は虫歯に対する防御機能を持っており、歯を強くして虫歯菌の進行経路を塞ごうとします。しかし神経を失えばこのような防御機能が働かなくなるため、虫歯が進行しやすくなってしまいます。

痛みを感じなくなる

痛みを感じなくなるのは一見メリットに思えますが、実は大きなデメリットです。痛みを感じなくことで歯が虫歯になってもそれを自覚できず、知らない間に進行させてしまうからです。

…このようなデメリットがあることを考えると、神経を抜く根管治療はやってはいけない治療のようにも思えるかもしれません。それでも根管治療が必要なのは、それだけ虫歯が深刻な状態になっているということです。

根管治療の難易度

根管治療は治療の難易度としては非常に高い分類に入ります。と言うのも、治療対象となる根管の形状は人によって異なる上、複雑な形状をしています。しかも根管の中は直接目で見えないため、その中の細菌を全て除去するのは難しいのです。

このため、根管治療を成功させるには歯科医の腕はもちろんのこと、マイクロスコープやCTなど充実した医療設備も必要になっています。虫歯治療と違い、根管治療を行う場合は歯科医院選びにこだわった方が良いでしょう。

虫歯の早期治療の必要性

根管治療は大きな治療ですから、行うこと自体が患者さんにとって負担になりますし、簡単な虫歯治療に比べて治療期間や治療費にも影響してきます。このため、本来なら根管治療を行うことなく虫歯を治せるのが理想です。

そして、そのために大切なのが虫歯を早期治療することです。早い段階で治療すれば虫歯も神経まで進行していないため、根管治療を行うことなく神経を残したまま虫歯を治せます。

なお、虫歯を早期治療するためには早期発見が必要ですから、そのためには歯科医院で定期的に検診を受けるのが効果的です。定期検診を受ければ、歯科医が歯の健康状態を確認して初期の虫歯でも発見できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、根管治療についてまとめます。

1. 根管治療について :虫歯が神経まで進行した場合に行う。根管の清掃と消毒が目的
2. 神経を抜くことについて :根管治療では神経の除去が必要だが、神経を失うと多くのデメリットがある
3. 根管治療の難易度 :根管の形状などから、根管治療は治療としての難易度が高い
4. 虫歯の早期治療の必要性 :虫歯を早期治療すれば根管治療を行う必要はない

これら4つのことから、根管治療について分かります。虫歯の進行によって神経が炎症を起こすと、常にズキズキと痛みを感じるようになります。

この炎症は自然には治まらないため神経を抜く必要がありますし、その場合は根管を清掃・消毒する必要があるため根管治療を行います。根管治療は難易度が高い治療のため、腕の良い信頼できる歯科医の元で治療を受けるようにしましょう。

PAGE TOP