ホーム >Blog > 虫歯の痛みを我慢できる人なら、虫歯は治療しなくても良いですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯の痛みを我慢できる人なら、虫歯は治療しなくても良いですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯の進行について」です。
虫歯の痛みは辛く、そのため痛みを感じた場合はすぐ歯科医院に行く人がほとんどです。

では仮に虫歯の痛みを我慢できるのであれば、治療は必要ないのでしょうか。それは違います。虫歯は必ず治さなければならない病気であり、軽い風邪の感覚で放置すれば後悔するのは何より自分自身です。

進行した虫歯は自然に治らない

まず知っておいてほしいのが、進行した虫歯は自然には治らないということです。大人の場合、ちょっとした風邪なら時間の経過で治ります。虫歯の細菌に感染して発症するため、その点では風邪と似ています。

しかし風邪と違うのは、一度でも進行すると治療しない限り治らないということです。つまり、痛みを我慢して虫歯を放置すれば、いつまで経ってもその虫歯は治らないのです。それも現在の状態が続くわけではなく、進行して悪化していきます。

虫歯を放置すると症状が酷くなる

虫歯を放置すれば進行して悪化していきますが、具体的にどう悪化するのでしょうか。仮に現在虫歯で歯が痛む状態だとして、放置すれば次のように悪化していきます。

痛みが酷くなる

虫歯は象牙質まで進行すると痛みを感じるようになります。そしてさらに進行すれば、今度は象牙質の下にある神経まで虫歯菌が到達します。そうなると痛みどころか激痛を感じるようになり、痛み止めなどでは抑えられないほど強い痛みになります。

神経を失う

虫歯が神経まで進行すれば、その神経は失うことになってしまいます。虫歯菌によって神経が腐ってしまいますし、治療したとしても神経は残せなくなります。神経を失うと歯に栄養が行き届かなくなるため、歯は脆くなり見た目も黒く変色します。

虫歯に弱くなる

虫歯になった時、神経は自然に防御機能を働かせます。歯を強くして虫歯菌の出す酸に溶かされにくくし、さらに虫歯菌の進行経路を防ぎます。しかし神経を失うことで防御機能も働かなくなるため、虫歯への抵抗力が弱くなって進行しやすくなります。

歯を失う

虫歯菌は酸を出して歯を溶かしますが、治療しない限りずっと歯を溶かし続けます。このため重度段階まで虫歯が進行する頃には、歯はボロボロでほとんど残っていない状態です。こうなると治療時にも抜歯が必要ですし、歯を残せたとしても歯としての機能は果たせなくなります。

脳梗塞や心筋梗塞が起こる

確率としては稀ですが、虫歯の放置によって脳梗塞や心筋梗塞が引き起こされることがあります。これは虫歯菌が血液に入り込み、血管を通じて全身にまわってしまうことが原因です。実際、脳梗塞や心筋梗塞が起こって死亡した例が過去にあります。

虫歯治療が嫌な人ほど早く治療すべき

虫歯治療で嫌で虫歯を放置している人は、それは全くの逆効果だと知っておきましょう。「虫歯の治療=歯を削って詰め物を入れる」のイメージがありますが、あくまでそれは象牙質まで虫歯が進行した場合の一般的な治療の流れです。

放置して虫歯が進行すれば、これとは全く別の治療が必要になってきます。神経を抜いて根管を清掃・消毒する根管治療、さらに重度段階の場合は状態によっては抜歯などです。治療を怖れた結果、歯を削るだけではすまなくなり、こうした辛い治療が必要になってきます。

二次虫歯にも注意

虫歯の中でも、虫歯の再発に該当する二次虫歯は特に要注意です。と言うのも、二次虫歯は初めての虫歯に比べて次のような問題点があるからです。

二次虫歯は気づきにくい

虫歯治療して詰め物や被せ物で処置した歯が再度虫歯になる…それが二次虫歯です。本来虫歯は歯の変色や歯に穴があいていることで自覚できますが、二次虫歯だと詰め物や被せ物で覆われているため、見た目で虫歯であることに気づけないのです。

二次虫歯は歯を失いやすい

二次虫歯になった治療する、また二次虫歯になる、また治療する、このように繰り返せば、やがて歯を失ってしまいます。治療の繰り返しでその都度歯を削れば、徐々に歯がなくなっていくからです。

…二次虫歯は元々詰め物や被せ物に隙間が生じることで起こるため、歯と強く接着させられてプラークも付着しにくいセラミックにすると予防しやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の進行についてまとめます。

1. 進行した虫歯は自然に治らない :虫歯は一度でも進行すると治療しない限り治らず、進行し続ける
2. 虫歯を放置すると症状が酷くなる :より痛みが増し、神経を失い、最後には歯を失ってしまう
3. 虫歯治療が嫌な人ほど早く治療すべき :虫歯治療の内容は虫歯が進行するほど辛いものになる
4. 二次虫歯に注意 :二次虫歯は気づきにくく、繰り返すことで歯を失ってしまうため

これら4つのことから、虫歯の進行について分かります。
虫歯を放置することには一切のメリットがなく、ただ虫歯を進行させてしまうだけです。症状はより酷くなり、それに比例して治療内容も大掛かりで辛いものになります。進行した虫歯はどんなに歯を綺麗にしても治らず、治すためには治療するしかありません。虫歯の放置が思わぬ事態を招く恐れもあるため、早期治療を心掛けましょう。

PAGE TOP