ホーム >Blog > 矯正治療を開始する上で最適な時期を教えてください

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

矯正治療を開始する上で最適な時期を教えてください

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「矯正治療を開始する最適なタイミング」です。
矯正治療を開始する上で考えなければならないのは、治療を開始する時期…つまりタイミングです。

最も、矯正治療の目的は歯並びの改善ですが、歯並びが悪いこと自体は病気ではありません。
このため、虫歯や歯周病のように一刻も早い治療が必要なわけではないですが、
だからこそどのタイミングで治療を開始しようかと悩む方が多く、今回はその点のアドバイスをしていきます。

矯正装置の装着が理由によるタイミングの検討

矯正治療では矯正装置を装着しますが、
それが理由で治療開始のタイミングを検討した方が良いケースがあります。

・管楽器の演奏会がある
部活にせよ趣味にせよ、管楽器をしている方は矯正装置の装着が演奏に影響します。
矯正装置を装着していると、それが理由で音が出しづらくなってしまうのです。
慣れで解消できるものの、近いうちに大会などがある場合は矯正治療を大会後に開始した方が良いでしょう。

・受験が近い
矯正装置を装着すると、慣れるまでは違和感が気になると思います。
このため、受験が近い場合はその違和感が原因で勉強に集中しづらくなるかもしれません。
例えば受験でも1年先などの場合は問題ないものの、近い場合は受験後に矯正治療を開始すべきでしょう。

・格闘技やスポーツの大会がある
矯正装置を装着した状態では、身体と身体がぶつかるような激しいスポーツは控えるのが理想です。
矯正装置を装着したまま格闘技やラグビーをしていると、ぶつかった衝撃で口の中を切ってしまうからです。
このため、これらの大会が近い場合は大会の終了後に矯正装置を開始した方が良いでしょう。

大人の矯正治療の場合

上記で挙げたようなケースでない限り、大人の矯正治療では特にタイミングを考慮する必要はありません。
そもそも治療開始のタイミングを考慮するのは、治療計画において顎や歯の成長がポイントになるからです。
しかし大人の場合は年齢的に考えて、既に顎の成長も終わって永久歯も生えそろっています。

このため、どのタイミングで矯正治療を行っても大きな影響はないのです。
その意味では、「矯正治療をしたいと思った時=矯正治療を開始する最適なタイミング」と言えるでしょう。
つまり、矯正治療はしたいと思った時にすれば良いのです。

ただし、日常生活のスケジュールは考慮する必要があります。
例えば3ヶ月後に長期間の出張がある場合、その期間は通院できなくなってしまいますから、
このようなケースにおいては出張が終わった後に矯正治療を開始すべきでしょう。

子供の矯正治療の場合

子供は年齢的に歯や顎が成長する時期ですから、
矯正治療を開始するタイミングもその点に考慮しなければなりません。
ただし、最適なタイミングを考えるとその時期には3つのパターンがあり、歯科医によって意見が分かれます。

どの時期も間違いではないですが、それぞれの時期においてメリットとデメリットが異なります。
そこで、どのメリットを優先してどのデメリットを避けるのか?…その回答が歯科医によって異なるわけです。
ちなみに、最適なタイミングとして挙げられる3つのパターンは以下の時期です。

・乳歯の時期
乳歯の時期に矯正治療を行うと、永久歯が正常な位置に生えてくる確率が高いのがメリットです。
一方デメリットはメリットの信憑性の問題で、あくまで「確率が高い」に留まるという点です。
このため、本格的な矯正治療は永久歯が生えてからの方が良いという意見もあります。

・乳歯と永久歯が混ざっている時期
乳歯と永久歯が混ざっている時期に矯正治療を行うと、
今後生えてくる永久歯のためのスペース作りが可能になり、非抜歯で矯正治療を行いやすいのがメリットです。
一方デメリットは第一期治療と第二期治療に分けて行うことから、トータルの治療期間が長くなることです。

・永久歯が生えそろった時期
効率の良さで考えれば、永z久歯が生えそろった時期に矯正治療を行うのがベストでしょう。
実際、永久歯が生えそろってから矯正治療を行うと治療期間が短くてすむため、それがメリットでもあります。
一方デメリットは既に永久歯が生えそろっているため、スペース作りのためには抜歯が必要になることです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療を開始する最適なタイミングについてまとめます。

1. 矯正装置の装着が理由によるタイミングの検討 :管楽器の演奏会、受験、格闘技の大会などが近い場合
2. 大人の矯正治療の場合 :通院さえ可能であれば、したいと思った時に矯正治療をすれば良い
3. 子供の矯正治療の場合 :治療開始の最適なタイミングは3パターン。それぞれメリットとデメリットがある

これら3つのことから、矯正治療を開始する最適なタイミングについて分かります。
大人の場合は矯正治療を開始するタイミングで悩む必要はなく、
矯正治療をしたいと思った時がその方にとって最適なタイミングと捉えれば良いでしょう。
一方子供の場合は歯や顎の成長を考慮した治療計画を立てるため、
矯正治療を開始するタイミングはそれなりに考える必要があります。

PAGE TOP