セラミックにすることで逆に目立たないか心配です

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミックの美しさ」です。
セラミックは銀歯に比べて遥かに美しく、天然の歯に近い自然な白さを持っています。

このため、本来人に見せたくないはずの被せ物を堂々と見せられるようになり、
審美性を求める方は銀歯よりもセラミックを選択します。
しかし、美しいセラミックが逆に目立ってしまわないか心配する意見もあります。

白さの度合いを心配する意見

「セラミックは白い」…これは審美性の高さを示す一方で、確かに不安を感じる表現でもあります。
と言うのも、具体的な白さは人によって異なるからで、
セラミックの白さが逆に目立ってしまうのではないかという意見があります。

これについてお答えすると、セラミックの白さは調節可能です。
セラミック治療をする場合は自分の歯の白さに近いセラミックにできるわけで、
そのため白さの度合いを心配する必要はなく、自然な白さを再現可能です。

美しさの限界を心配する意見

「セラミックは美しい」…これに対して「どのくらい美しいのか?」という意見もあります。
その答えをこのように文章で表現するのは難しいですが、天然の歯に近い美しさの再現が可能です。
ただし、その美しさはセラミックの種類によって異なります。

まず、最も美しいのはオールセラミックです。
このためハイブリッドセラミックにした場合、その美しさはオールセラミックに劣りますから、
とにかく最大限の美しさを手に入れるのが目的であれば、オールセラミックにするべきでしょう。

セラミックには種類がある

上記で触れましたが、セラミックにはいくつかの種類があります。
そして種類によって美しさは異なり、さらにそれぞれのセラミックごとで独自の特徴もあります。
セラミックの種類を選択する際には、美しさだけでなく独自の特徴についても把握しておきましょう。

オールセラミック

特徴 :審美性が最も高い
セラミックの中で最も審美性が高いのがオールセラミックです。
これはオールセラミックが文字どおり100%セラミックでできているからです。
審美性、機能性ともに最上位に位置するタイプですが、その分費用が高いのが欠点です。

ハイブリッドセラミック

特徴 :費用が安いのでお手軽
レジンが混ざっているので審美性はオールセラミックに劣りますし、年数経過による変色も起こります。
このため、審美性を追求する人にハイブリッドセラミックはおすすめできません。
ハイブリッドセラミックは審美性が劣る分費用が安く、そのお手軽さが最大のメリットです。

メタルボンド

特徴 :耐久性が高い
金属のフレームにセラミックを焼き付けたのがメタルボンドです。劣化すると金属のフレームが露出しますし、
見る角度によっては金属が露出するため、やはり審美性を最優先する人にはおすすめできません。
メタルボンドのメリットは金属と同様の耐久性の高さで、噛む力の強い奥歯の被せ物に最適です。

ジルコニアセラミック

特徴 :耐久性が高い
特徴だけに注目するとメタルボンドと同じですが、審美性はメタルボンドを上回っており、
さらに金属を使用していない点(金属アレルギーの対象外)で機能性もメタルボンドを上回っています。
ただしジルコニアセラミックは比較的新しいセラミックのため、取り扱っている歯科医院が少なめです。

例外 健康保険適用のハイブリッドセラミック

特徴 :従来のハイブリッドセラミックより審美性が劣る
ハイブリッドセラミックにおいて健康保険の適用が可能です。
ただしそれにはいくつか基準を満たす必要があるため、「例外」として称しておきます。
また、健康保険適用のハイブリッドセラミックは従来のハイブリッドセラミックより審美性が劣ります。

…単に審美性だけに注目すれば、おすすめのセラミックはオールセラミック一択になるでしょう。
しかし奥歯の被せ物にするとなると、耐久性を重視してジルコニアセラミックにしても良いですね。
このように、セラミックの種類ごとの特徴を知っておくことで、より自分に合ったセラミックにできるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの美しさについてまとめます。

1. 白さの度合いを心配する意見 :白さは調整可能。自分の歯の色に合った自然な白さを再現できる
2. 美しさの限界を心配する意見 :セラミックの種類の中で最も美しいのはオールセラミック
3. セラミックには種類がある :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンドなど

これら3つのことから、セラミックの美しさについて分かります。
セラミックの美しさについてですが、まず白さの度合いは調節可能です。
このため、セラミックの白さが逆に目立ってしまうことはありません。

また、セラミックそのものの美しさについてはセラミックの種類ごとで異なります。
最も美しいのはオールセラミックですが、だからと言ってそれ以外のセラミックが悪いわけではありません。
それぞれ独自の特徴があるため、重視する部分次第では他のセラミックがおすすめになるケースもあります。