ホーム >Blog > 金属を使用しているメタルボンドは、銀歯にように審美性が低いのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

金属を使用しているメタルボンドは、銀歯にように審美性が低いのですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「メタルボンドについて」です。
メタルボンドは名前から連想できるとおり、金属を使用しています。

ただしセラミックの種類に含まれるため、金属を使用していても銀歯とは全くの別物です。
しかし実際に金属を使用している以上、審美性は銀歯のように低いのでしょうか。
そこで、ここではメタルボンドについての説明をしていきます。

メタルボンドの特徴

メタルボンドは、金属を使用していてもそれが剥き出しになった銀歯とは全く違います。
フレームを金属で仕上げ、その上にセラミックを焼き付けているのです。
このため見た目は他の種類のセラミック同様、セラミックならではの高い審美性を持っています。

では金属のフレームには何の意味があるのか?…それは耐久性の高さです。
陶器であるセラミックは充分な耐久性はあるものの、金属と比較するとそれは劣ります。
しかしメタルボンドはフレームが金属であるため、セラミックでありながら金属と同じ耐久性を持っています。

メタルボンドの審美性

今回のタイトルでもあるメタルボンドの審美性ですが、
銀歯と比較すれば遥かに審美性は高いものの、他の種類のセラミックと比較すると劣ります。
これは金属を使用していることが理由になっており、見る角度によっては金属が見えてしまうからです。

また、年数経過による劣化が起こると焼き付けたセラミックが剥がれることがあり、
その場合は金属のフレームが露出するため審美性は著しく低下してしまいます。
このため審美性を最優先する場合、セラミックの種類にメタルボンドを選択するのはおすすめできません。

金属アレルギーの方へ

金属アレルギーの方は、それを理由に銀歯を被せ物にすることはできません。
そして、金属アレルギーの心配がない点からセラミックをすすめられた経験があると思います。
しかし、メタルボンドは金属アレルギーの対象になるので注意してください。

つまり、「セラミックの被せ物=金属アレルギーの心配がない」のイメージがありますが、
正確には「メタルボンドを除いたセラミックの被せ物=金属アレルギーの心配がない」になります。
このため金属アレルギーを理由にセラミックにする方は、メタルボンド以外のセラミックを選択してください。

金属アレルギーの方で耐久性の高いセラミックにしたい場合

ここで問題になるのは、金属アレルギーの方で耐久性の高いセラミックを希望したい場合です。
例えば噛む力の強い奥歯をセラミックにするとなると、本来なら耐久性の高いメタルボンドがおすすめです。
しかし金属アレルギーの方はその選択ができません。

この場合、おすすめなのはジルコニアセラミックです。
ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドを使用しており、メタルボンド同様に耐久性の高さが特徴です。
さらに金属を使用していないため、金属アレルギーの方でもジルコニアセラミックなら安心して使用できます。

<ジルコニアセラミックの欠点>
ジルコニアセラミックはメタルボンドより審美性も高く、
なおかつ金属を使用していないため金属アレルギーの方でも安心して使用できます。
しかし欠点が2つあり、1つはオールセラミックと同じくらい費用が高いことです。

もう1つの欠点は、ジルコニアセラミックを取り扱っている歯科医院が少ないことです。
これは、ジルコニアセラミックは比較的新しいタイプのセラミックであることが理由になっています。
つまり審美性も機能性もメタルボンドより高い分、費用も高いというのがジルコニアセラミックの特徴です。

セラミックにするメリット

今回お伝えしたメタルボンドとジルコニアセラミック、
さらに他の種類のセラミックとしてオールセラミックとハイブリッドセラミックがあります。
そして、これら全てのセラミックに共通したメリットがあります。

・審美性が高い
セラミックの最大のメリットが審美性の高さです。ただ白いだけでなく光沢のある白さを持っており、
特にオールセラミックは天然の歯と見分けがつかないほどの美しさです。

・二次虫歯を予防できる
銀歯はプラークが付着しやすく、さらに接着も剥がれやすいので二次虫歯になるリスクが高くなっています。
セラミックは全く逆で、プラークが付着しにくくピッタリ接着するため二次虫歯を予防しやすくなっています。

・寿命が長い
被せ物は人工物ですから、いくらセラミックでも永久の使用は不可能です。
しかし寿命は銀歯より長く、銀歯の3年~5年に対してセラミックの寿命は10年以上です。

…これらは全てのセラミックに共通するメリットのため、
これらのメリットを求めるならメタルボンドにこだわる意味はありません。
例えば「二次虫歯の予防」を目的とした場合、オールセラミックやハイブリッドセラミックでも良いのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、メタルボンドについてまとめます。

1. メタルボンドの特徴 :フレームは金属だが、セラミックで焼き付けてあるため見た目はセラミック
2. メタルボンドの審美性 :見る角度によって金属が見えるなど、他の種類のセラミックには審美性で劣る
3. 金属アレルギーの方へ :メタルボンドはセラミックであるものの、金属アレルギーの対象になる
4. 金属アレルギーの方で耐久性の高いセラミックにしたい場合 :ジルコニアセラミックにする選択肢がある
5. セラミックにするメリット :審美性が高い、二次虫歯を予防できる、寿命が長い

これら5つのことから、メタルボンドについて分かります。
まとめると、メタルボンドはセラミックでありながら金属を使用しています。
これが長所にも短所にもなっており、長所は金属の耐久性の高さを持っていることです。
一方短所は金属アレルギーの対象になることと、
年数経過の劣化によって金属のフレームが露出してしまう可能性があることです。

PAGE TOP