ホーム >Blog > 今使用しているセラミックはずっと使用できますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

今使用しているセラミックはずっと使用できますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミックの寿命と交換について」です。
セラミックの詰め物や被せ物は永久に使用することはできません。

ですから、タイトルにある「今使用しているセラミックはずっと使用できるか?」の答えはノーになります。
最も、これはセラミックに限ったことではなく銀歯やレジンにも同じことが言え、
人工物である以上、年数が経過すると寿命になって交換が必要になるのです。

セラミックの寿命はどのくらいか

.セラミックの寿命は銀歯やレジンに比べると遥かに長くなっており、
銀歯が3年~5年、レジンが5年ほどなのに対してセラミックは10年以上です。
ただし明確な寿命の長さは断言できず、それはケア次第で長くも短くもなるからです。

実際、ケアや定期検診を欠かさない方でオールセラミックを15年使用している方もいますし、
10年で劣化が目立って交換する方もいます。
ちなみに、ケア次第で寿命が変化するのは銀歯やレジンも同じです。

寿命になる前に交換することは可能か

セラミックが寿命になる前に交換することも可能です。あまりこのようなケースはないですが、
考えられるパターンとしては「ハイブリッドセラミックだけどオールセラミックにしたい」など、
セラミックを別の種類のものに希望する場合です。

また、銀歯やレジンを希望した方で、後日「やはりセラミックにしたい」とセラミック治療する場合もあります。
いずれの対応も可能ですが、これらの場合は最初のセラミックの治療費、
もしくは銀歯やレジンの治療費がムダになってしまうため、その点は勿体なく思います。

セラミックの種類は変えるべきか

例えばオールセラミックを使用している方で、そのオールセラミックが寿命になった場合、
交換時の新しいセラミックもオールセラミックでなければならないような決まりはありません。
このため、交換時に別の種類のセラミックに変えることも可能です。

種類を変える意味としては、今までのセラミックの特徴が自分に合っていない場合です。
例えば噛む力の奥歯をハイブリッドセラミックにしている方が、
交換時に耐久性の高いメタルボンドやジルコニアセラミックにするパターンがあります。

セラミックの種類について

寿命の場合はともかく、まだ使用できるセラミックを別のセラミックに交換するのは少々勿体ない気がします。
セラミックは交換時も通常のセラミック治療と同様の費用がかかるため、
このような場合は費用が二重にかかってしまうようなものですからね。

そうならないためには、最初のセラミック治療でセラミックの種類を慎重に選ぶ必要がありますし、
そのためにはセラミックの種類とそれぞれの特徴をしっかりと把握しておかなければなりません。
そこで、セラミックの種類とそれぞれの特徴を分かりやすくまとめます。

・オールセラミック
最も審美性が高く、年数経過で変色することもないため、使用している間はずっと高い審美性を維持できます。
寿命の長いセラミックで100%仕上げてあるため、他の材質が混ざったセラミックより寿命も長めです。
このため、審美性と機能性においてセラミックの種類の中で最上位に位置しますが、その分費用は高めです。

・ハイブリッドセラミック
セラミックとレジンが混ざったタイプで、レジンの影響で年数経過による変色が起こります。
また、元々の審美性もオールセラミックに劣りますが、それでも銀歯やレジンよりは遥かに美しくなります。
ハイブリッドセラミックは目立った長所がない分、費用が安めでお手軽にセラミック治療ができます。

・メタルボンド
見える外側をセラミック、見えない内側を金属で仕上げたタイプです。
セラミックは金属アレルギーの対象ではないですが、メタルボンドはそれに該当しないので要注意です。
メタルボンドの特徴は金属の耐久性を持っていることで、噛む力の強い奥歯におすすめです。

・ジルコニアセラミック
人工ダイヤモンドを使用したタイプで、メタルボンド同様に耐久性の高さが特徴です。
ただし見た目はメタルボンドよりも美しく、金属を使用していないため金属アレルギーの対象にもなりません。
このため、ジルコニアセラミックはメタルボンドの上位タイプと捉えれば良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの寿命と交換についてまとめます。

1. セラミックの寿命はどのくらいか :一般的に10年以上だが、ケア次第でそれより長くも短くもなる
2. 寿命になる前に交換することは可能か :可能だが、治療費の点で少々勿体なく感じる
3. セラミックの種類は変えるべきか :自分の求めることに合っていなければ変えた方が良い
4. セラミックの種類について :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら4つのことから、セラミックの寿命と交換について分かります。
まとめると、セラミックには寿命があり、その長さは一般的に10年ほどになります。
寿命になった場合は新品のものへの交換が必要ですが、
この時セラミックの種類を別のものに交換することも可能ですし、同じ種類のものでも構いません。
セラミックは種類ごとで独自の特徴があるため、その点はしっかり把握しておきましょう。

PAGE TOP