ホーム >Blog > セラミック治療をすすめられましたが、審美性にこだわっていないので断るべきですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミック治療をすすめられましたが、審美性にこだわっていないので断るべきですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「審美性にこだわらない人にとってのセラミック治療」です。
まずタイトルの質問にお答えすると、セラミック治療を受けるかどうかの判断は患者さんの自由です。

ですから、セラミック治療に興味がなければ例え歯科医にすすめられても堂々と断って構いません。
しかし断る理由が「審美性にこだわらない」なら、少し考えてほしいと思うのが本音です。
と言うのも、セラミックにするメリットは審美性が高まることだけではないからです。

セラミックにするメリット

セラミックの最大のメリットは審美性の高さですが、
それに興味がない人にとってこのメリットはそれほど価値のないものです。
そこで、セラミックのその他のメリットについて詳しく解説します。

1-1. 二次虫歯になりにくい
二次虫歯とは虫歯の再発のことです。虫歯治療によって削った歯は脆く、細菌に感染しやすい状態です。
それを防ぐために詰め物や被せ物で処置するのですが、
銀歯の場合はこれらの接着が剥がれやすい上にプラークも付着しやすい欠点があります。

このため詰め物や被せ物と歯との間に隙間が生じ、細菌が入り込んで二次虫歯が起こりやすいのです。
一方セラミックは歯との接着の相性も良く、さらにツルツルしているためプラークもほとんど付着しません。
このため二次虫歯になりにくいメリットがあるのです。

1-2. 金属アレルギーが起こらない
銀歯の材質は金属ですから、金属アレルギーの人にとっては天敵のようなものでしょう。
一方セラミックの材質は陶器ですから、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。
ただし、セラミックの種類によっては金属を使用しているものもあるので要注意です。

例えばメタルボンド…このタイプは、見た目はセラミックですが中身が金属になっています。
金属と同じ強度を誇るという点ではメタルボンドは優れていますが、
金属アレルギーの人はメタルボンドを選択してはいけません。

1-3. 長く使用できる
詰め物や被せ物は一度処置したら永久に使用できるわけではありません。
これらは人工物…つまり物ですから、いつかは寿命がきて交換が必要になるのです。
それは銀歯でもセラミックでも同じことですが、寿命の長さには大きな差があります。

ケア次第によって変動はあるものの、銀歯は一般的に3年~5年ほどが寿命とされています。
一方セラミックの寿命は10年以上の長さであり、
さらにセラミックの種類によっては変色などの劣化が起こることもありません。

…審美性の高さ以外にも、セラミックにはこのようなメリットがあります。
そして、これらはいずれも銀歯にはないセラミックならではのメリットです。
詰め物や被せ物にこれらのメリットを求めるなら、
例え審美性に興味がなくてもセラミック治療を受ける価値があることになります。

セラミックにするデメリット

セラミック治療を受ける…すなわちセラミックにすることにはメリットだけでなくデメリットもあります。
言わばセラミックの短所ですが、これについては方法次第である程度の克服も可能です。

2-1. 費用が高い
セラミック治療は健康保険が適用されません。
一方銀歯は健康保険が適用されるため、セラミックと銀歯の費用の差は非常に大きなものになります。
ただし、セラミック治療の費用を安くする方法が3つあります。

1つ目は医療費控除を利用することで、費用が10万円超えた場合はその対象になるので申請可能です。
2つ目はセラミックの種類にこだわることで、ハイブリッドセラミックは比較的安く設定されています。
3つ目は複数の歯科医院で意見を聞くことで、セラミック治療の費用は歯科医院ごとで異なります。

2-2. 「欠け」や「割れ」が起こる可能性がある
セラミックは陶器ですから、金属である銀歯と比較すると強度で劣ります。
最も、詰め物や被せ物として充分な強度は誇っているため、その点は問題ありません。
しかし陶器である以上、あまり強い力で噛むと欠けたり割れたりすることがあります。

このため、奥歯のように強い力が掛かる箇所をセラミックにする場合は不安を感じるかもしれません。
ただしこれについても対処が可能で、セラミックの種類の中には強度の高さを特徴としたものがあります。
それがメタルボンドやジルコニアセラミックで、これらのセラミックなら奥歯でも安心して使用できます。

銀歯について

銀歯のメリットは「安い」と「硬い」のみで、詰め物や被せ物として最低限の機能しか持っていません。
最も、最低限の機能だからこそ健康保険が適用されるわけです。何よりも費用の安さを重視して、
なおかつセラミックのメリットに一切惹かれないのであれば確かに銀歯がおすすめです。

しかしそうでないなら、一度歯科医に相談するなどセラミックにすることを検討してみてはいかがでしょうか。
特に銀歯は二次虫歯の繰り返しで悩む人が多く、虫歯と治療を繰り返してしまう人も多いのです。
つまりセラミックにすることは、詰め物や被せ物の下にある歯を守ることにもつながります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、審美性にこだわらない人にとってのセラミック治療についてまとめます。

1. セラミックにするメリット :二次虫歯になりにくい、金属アレルギーが起こらない、長く使用できる
2. セラミックにするデメリット :費用が高い、「欠け」や「割れ」が起こる可能性がある
3. 銀歯について :メリットは「硬い」と「安い」のみなので、セラミックを検討する価値がある

これら3つのことから、審美性にこだわらない人にとってのセラミック治療について分かります。
セラミックは審美性だけでなく機能性にも優れており、それに関係するメリットもあります。
このため、例え審美性にこだわっていない人でもセラミックにする価値はあるのです。

PAGE TOP