• ホーム
  • ブログ
  • 銀歯を白くしたいです。セラミック治療とホワイトニング、費用はどちらが安いですか?

銀歯を白くしたいです。セラミック治療とホワイトニング、費用はどちらが安いですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「銀歯を白くする方法」です。
銀歯は費用が安いのがメリットですが、逆に言えばメリットはそれだけです。

このため費用が安くて銀歯にしたものの、見た目の悪さで後悔する人も少なくありません。
しかし、既に銀歯を使用している人でも方法によっては白く美しく変えることが可能です。
そこで、ここでは銀歯を白くするための方法について説明していきます。

銀歯のホワイトニングは不可能

歯を白くする方法と言えばホワイトニングを連想するでしょうが、銀歯にホワイトニングはできません。
と言うのも、ホワイトニングは人工物には効果がないからです。
このため、銀歯に限らず金歯やレジンをホワイトニングすることもできません。

ではどうすれば銀歯を白くできるのか?…銀歯自体は白くできないため、
被せ物の材質を銀歯から別のものに交換すれば良いのです。
その別のものとはセラミックであり、すなわちセラミック治療です。

セラミックのメリット

セラミック治療によって銀歯をセラミックに交換すれば見た目は美しくなります。
さらにそれだけなく、銀歯からセラミックにすることで他にも以下のメリットがあります。

・二次虫歯になりにくい
銀歯は歯との間に隙間が生じやすく、被せ物で覆った歯が細菌に感染して二次虫歯が起こりやすいのです。
一方セラミックは歯としっかり接着するため、銀歯と違って二次虫歯が起こりにくくなります。
さらにセラミックは材質的にもツルツルしていてプラークが付着しにくく、清潔さを維持しやすくなっています。

・長く使用できる
長い間銀歯を使用している人は知っていると思いますが、
銀歯は寿命が短いので3年~5年おきに新品のものに交換しなければなりません。
セラミックも寿命があるのは同じですが、寿命は10年以上と銀歯の倍以上の長さになっています。

・金属アレルギーの心配がない
銀歯は金属ですから、金属アレルギーの人にとってはアレルギー対象になります。
一方セラミックは陶器ですから、金属アレルギーが起こる心配がありません。
ただしメタルボンドと呼ばれるセラミックは別で、このタイプは一部金属を使用しているので注意してください。

セラミックのデメリット

銀歯からセラミックに交換することで、白く美しくなるだけでなく上記のようなメリットもあります。
しかしそれだけでセラミック治療を決断するのはおすすめできません。
セラミックにもデメリットがあるため、それも把握した上で治療を検討しましょう。

・費用が高い
セラミック治療は健康保険が適用されないので、費用は銀歯よりも大幅に高くなります。
最も、数々のメリットを考えると費用に見合った価値があるのも事実です。
しかし患者さんとしては予算もあると思うので、セラミック治療を受ける時は必ず費用を確認してください。

・欠けること、割れることがある
陶器であるセラミックは、あまり強い力で噛むと欠けることや割れることがあります。
もちろん充分な耐久性は誇っていますが、単純な強度で比較すれば金属である銀歯に劣ります。
ただしメタルボンドやジルコニアセラミックなど、強度に長けたタイプのセラミックも存在します。

セラミック治療後のホワイトニング

セラミック治療によって銀歯をセラミックに交換すれば、天然の歯の近い見た目になるでしょう。
しかし他の歯が変色していると、美しすぎるために逆にセラミックが目立ってしまうケースがあります。
この場合、セラミック治療後にホワイトニングすることで対処できます。

ホワイトニングは一定期間で後戻りが起こるものの、重ねて行える治療です。
歯の白さが戻ったことに再度ホワイトニングを行えば、結果的に白さを維持できます。
ちなみに、ホワイトニングには歯科医院で行う方法だけでなく自宅で行う方法もあります。

ホワイトニングの注意点

セラミック治療で被せ物は100%美しくなりますが、ホワイトニングでは歯が白くならないことがあります。
と言うのも、変色の原因によってはホワイトニングでもほとんど効果がないのです。
代表的なのが、テトラサイクリンによって変色した歯です。

テトラサイクリンとはひと昔に子供の風邪薬に含まれていた抗生物質で、
現在でも治療によっては使用することがあります。
この場合、歯の変色はホワイトコート(歯のマニキュア)などで白くできます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、銀歯を白くする方法についてまとめます。

1. 銀歯のホワイトニングは不可能 :人工物はホワイトニングできない。セラミック治療で対処できる
2. セラミックのメリット :見た目の美しさ以外にも、二次虫歯になりにくいなどのメリットがある
3. セラミックのデメリット :費用が高い(健康保険が適用されないため)、欠けることや割れることがある
4. セラミック治療後のホワイトニング :他の歯が変色しているとセラミックの美しさが逆に目立ってしまう
5. ホワイトニングの注意点 :テトラサイクリンの影響で変色した歯はほとんど白くならない

これら5つのことから、銀歯を白くする方法について分かります。
銀歯を直接白くはできないですが、セラミックにすることで美しくすることは可能です。
しかし、他の歯が白くなければセラミックが逆に目立ってしまうでしょう。
最も対処は可能で、この場合はセラミック治療をした後にホワイトニングすれば良いのです。