ホーム >Blog > 審美目的がなければセラミック治療は全く価値のないものですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

審美目的がなければセラミック治療は全く価値のないものですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミック治療の価値」です。
セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミックにするための治療です。

最も、詰め物や被せ物の材質と言えばセラミックではなく銀歯を連想する人が多いでしょう。
しかし最近では審美性の高さから銀歯ではなくセラミックを希望する人が増えています。
では、審美性の高さに興味がない人にとっては、セラミックは価値のないものなのでしょうか。

審美性以外のセラミックのメリット

セラミックのメリットが「審美性が高い」のみなら、それに興味がない人はセラミックにする意味はないでしょう。
しかしセラミックのメリットはそれだけではなく、以下のメリットもあります。
つまり、審美性に興味がなくても以下のメリットに興味があればセラミックにする意味があるわけです。

・二次虫歯を予防しやすい
一度虫歯治療をした歯が再度虫歯になることを二次虫歯と呼びます。
本来虫歯治療をした歯は詰め物や被せ物で覆われて保護されていますが、
劣化などが原因でこれらの接着が弱まると歯との間に隙間が生じてしまいます。

そして、この隙間から細菌が入り込むことで二次虫歯が起こってしまうのです。
銀歯はプラークが付着しにくく接着も剥がれやすいのでこの二次虫歯が起こりやすいのですが、
セラミックはプラークが付着しにくく接着も剥がれにくいため、二次虫歯を予防しやすいのです。

・金属アレルギーが起こらない
セラミックは金属ではなく陶器ですから、銀歯と違って金属アレルギーの人でも安心です。
また、セラミック自体身体に優しい材質のため、使用することによる身体への害も一切ありません。
ただし、このメリットについては全てのセラミックが該当するわけではありません。

セラミックの種類の中にはメタルボンドと呼ばれるタイプがありますが、
このメタルボンドは見た目がセラミックでも中身が金属になっています。
このため、メタルボンドはセラミックでも金属アレルギーの対象になってしまうのです。

・寿命が長い
詰め物や被せ物は天然の歯のように永久に使用できるわけではありません。
それはセラミックも例外ではなく、人工物であるため寿命があるのです。
しかし肝心の寿命の長さは銀歯とセラミックで大きな差があります。

銀歯の寿命は一般的に3年~5年ほどですが、セラミックの寿命は10年以上です。
しかもセラミックの種類によっては年数経過による変色も起こらないため、
単に長く使用できるだけでなく審美性の高さを維持したまま長く使用できるのです。

セラミックのデメリット

セラミックは審美性の高さ以外に上記のメリットがあるため、
例え審美性を求めない人でもセラミックにする意味はあります。
しかしその一方でセラミックにはデメリットもあることも知っておきましょう。

・費用が高い
セラミックは健康保険が適用されないため、銀歯に比べて費用が大幅に高くなります。
セラミックの種類ごとに費用は異なり、ハイブリッドセラミックようにお手軽な費用のものもありますが、
それでも健康保険が適用される銀歯と比較すると費用の差は大きいです。

・強度が金属に劣る
セラミックは陶器ですから、強い力で噛むと割れてしまうことがあります。
このため、単純な強度で比較すればセラミックは金属である銀歯に劣ります。
ただしメタルボンドやジルコニアセラミックなど、強度に長けたセラミックもあります。

セラミックと健康保険

セラミックは「基本的に」健康保険が適用されないと表現したとおり、例外があります。
2014年の健康保険の改定により、ハイブリッドセラミックに健康保険が適用されるようになったのです。
ただしスムーズに適用されるわけではなく、以下の条件がついてきます。

・被せ物に限られる(詰め物の場合は健康保険が適用されない)
・治療対象となる歯の箇所が限られる(どの箇所の歯でも良いわけではない)
・治療を受ける歯科医院が厚生労働省の定めた基準を満たしていなければならない

ちなみに、3つ目の項目で触れた厚生労働省の定めた基準は以下の4つです。

・厚生労働省に施設基準の届け出を行っており、認可された歯科医院である
・歯科補綴治療に関する専門知識があり、なおかつ3年以上の経験を有する歯科医が在籍している
・厚生労働省の定める歯科用のCAD/CAM装置や材料を使用して製作する
・製作する歯科技工所との連携がとれている

…このように、健康保険適用のハイブリッドセラミックは条件や基準がありますし、
その条件や基準を自分で判断するのは難しいでしょう。
このため、希望する場合は歯科医院で相談してください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療の価値についてまとめます。

1. 審美性以外のセラミックのメリット :二次虫歯を予防しやすい、金属アレルギーが起こらない、寿命が長い
2. セラミックのデメリット :費用が高い、強度が金属に劣る
3. セラミックと健康保険 :基本的に健康保険は適用されないが、されるケースもある(本文参照)

これら3つのことから、セラミック治療の価値について分かります。
二次虫歯を予防できるなど、セラミックは審美性の高さ以外にもメリットがあります。
このため、審美性の高さを求めない人でもセラミックにする価値があるのです。

ちなみに、初めての詰め物や被せ物ではなく既に銀歯を使用している人がセラミックにすることも可能です。
特に銀歯で二次虫歯の繰り返しで悩んでいる人は、
それを予防しやすいセラミックにすることを検討してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP