ホーム >Blog > 審美歯科について知りたいです。特にセラミック治療を詳しく教えてください

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

審美歯科について知りたいです。特にセラミック治療を詳しく教えてください

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「審美歯科とセラミック治療の説明」です。
歯科医院の診療科目に注目すると、「審美歯科」というものがあります。

名前から審美目的の治療…すなわち審美治療を行うことを連想できますが、
一般的に審美治療と言えば医療脱毛や美容整形などが代表的でしょう。
では、歯科における審美治療とはどんなものがあるのでしょうか。

ここでは審美歯科をテーマにして、特にセラミック治療を中心とした説明をしていきます。

審美歯科の治療

審美歯科とは口元を美しくするための治療を行います。
主にホワイトニング、インプラント、セラミック治療などがありますが、
美容整形のように100%審美目的の治療が集まっているわけではありません。

例えばインプラントは失った歯への対処となる治療ですし、
セラミック治療のセラミックは詰め物や被せ物として使用するものです。
いずれも健康目的の治療ですが審美目的を兼ねているため、診療科目としては審美治療に該当します。

審美治療と健康保険

審美治療では健康保険が適用されません。100%審美目的であるホワイトニングはともかく、
インプラントやセラミック治療は健康目的のため、これらに健康保険が適用されないのは疑問に思うでしょう。
そこで説明すると、健康保険適用のためには以下の基準を満たす治療でなければならないのです。

「健康を目的とした必要最低限の治療」

…確かにインプラントやセラミック治療は健康目的の治療ですから、
「健康を目的とした治療」に該当しています。しかし入れ歯や銀歯などの選択肢があることから、
「必要最低限の治療」には該当せず、そのため健康保険が適用されないのです。

セラミック治療について

ここからはセラミック治療について詳しく説明していきます。
セラミック治療とは詰め物や被せ物の材質をセラミックにする治療で、
はじめて詰め物や被せ物を入れる時はもちろん、既に銀歯を使用している人でもセラミックに交換可能です。

セラミックは銀歯に比べて審美性が高く、それも天然の歯に限りなく近い白さや光沢を誇ります。
最も、セラミックにすることで得られるメリットはそれだけではありません。
虫歯の再発である二次虫歯を予防しやすくなりますし、銀歯と違って金属アレルギーも起こりません。

さらに詰め物や被せ物としての寿命も銀歯の2倍以上であることから、
単に審美性だけでなく機能性においても銀歯を上回る特徴を持っているのです。
ちなみに、セラミック治療は歯科医院によっては一般歯科でも対応していることがあります。

セラミックの種類

セラミック治療を受ける際はセラミックの種類を選ぶことができます。
種類ごとに独自の特徴があるため、以下の特徴に注目して自分に合ったものを選びましょう。

・オールセラミック
100%セラミックで仕上げてあるため、セラミックの中で最も美しいタイプです。
天然の歯と見分けがつかないほどの美しさで、なおかつ年数経過による変色も起こりません。
ただし他のセラミックに比べて性能が高い分、費用も高めに設定されています。

・ハイブリッドセラミック
セラミックとレジンが混ざっており、レジンならではの柔軟性を持っているタイプです。
ただしレジンの影響で年数経過による変色が起こるため、最初の美しさをずっと維持することはできません。
審美性や機能性でオールセラミックに劣りますが、その分費用が安めに設定されています。

・メタルボンド
見た目はセラミックですが、中身のフレームには金属が使用されているタイプです。
角度によっては金属が見えてしまいますし、金属を使用している点で金属アレルギーの対象にもなります。
メタルボンドの特徴は硬さで、金属を使用しているため金属ならではの強度を誇っています。

・ジルコニアセラミック
メタルボンド同様、硬さを特徴したタイプです。さらにメタルボンドよりも美しく、
金属を使用していないため金属アレルギーも起こらない…言わばメタルボンドの上位タイプです。
欠点は費用が高いことと、新しいセラミックのため取り扱っている歯科医院が少ないことです。

…これら4種類のセラミックの中から選択できますが、
取り扱っているセラミックの種類は歯科医院によって異なります。
特に新しく登場したジルコニアセラミックは、取り扱っている歯科医院はまだ少なくなっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、審美歯科とセラミック治療の説明についてまとめます。

1. 審美歯科の治療 :ホワイトニングやインプラントやセラミック治療などがある
2. 審美治療と健康保険 :審美治療は健康保険が適用されない
3. セラミック治療について :詰め物や被せ物をセラミックにする治療
4. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら4つのことから、審美歯科とセラミック治療の説明について分かります。
セラミック治療は銀歯に比べて高額ですが、審美性の高さ以外のメリットが多々あります。
そしてそれらに注目すると、セラミック治療は費用に見合った価値があることが分かります。

PAGE TOP