ホーム >Blog > セラミックの長所は審美性の高さだけですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックの長所は審美性の高さだけですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「審美性以外のセラミックの長所」です。
セラミック治療を希望する人は、主に審美性の高さをその理由にしています。

逆に言えば、審美性の高さを気にしない人はセラミック治療に興味がないかもしれません。
しかし、セラミックの長所は審美性の高さだけではありません。
ここではセラミックの長所…それも審美性の高さ以外の長所について説明します。

金属アレルギーでも安心して使用できる

セラミックの材質は陶器…言わば普段使用している茶碗や湯飲みと同じです。
材質的に身体に優しく、金属を使用していない点は特に金属アレルギーの人にとって大きな長所です。
ただし、全てのセラミックで金属アレルギーが起きないわけではないので注意してください。

セラミックの中にはメタルボンドと呼ばれるタイプがありますが、
このメタルボンドは金属をセラミックで覆った仕様になっています。
このため、セラミックの中でもメタルボンドは金属アレルギーの対象になってしまいます。

<メタルボンドとは>
金属を使用していることから、セラミックでありながら金属の強度を備えているのが特徴です。
金属アレルギーの人はメタルボンドを使用できませんが、
同じように強度の高いセラミックとしてジルコニアセラミックがあり、それなら金属を使用していません。

二次虫歯を予防できる

虫歯治療をして詰め物を入れた歯でも、再度虫歯になってしまうことがあります。
最も、そうならないために詰め物を入れるわけですが、
詰め物の材質が銀歯だと接着が剥がれやすく、そこから細菌が入り込んでしまいます。

一方セラミックは歯との接着の相性が良いため、隙間が生じるようなことはほとんどありません。
さらに材質的にもセラミックは表面がツルツルしているため、プラークも付着しにくいのです。
実際、二次虫歯の予防効果の高さを理由に銀歯をセラミックに交換する人が多くいます。

<二次虫歯の怖さ>
虫歯の再発のことで、二次カリエスとも呼ばれます。
「二次虫歯→治療→二次虫歯→治療」と繰り返されてしまうこともあり、
その場合治療のたびに歯を削ることで最終的に歯が失われてしまいます。

長持ちする

詰め物は人工物ですから、天然の歯のように永久に使用できるわけではありません。
それはセラミックも例外ではないですが、寿命の長さにおいてはセラミックが秀でています。
ちなみに銀歯の場合、一般的に3年~5年ほどが寿命だと言われています。

次にレジンの場合ですが、これは一般的に5年ほどが寿命だと言われています。
一方セラミックの場合はレジンの倍以上…つまり10年以上の寿命になっています。
さらに年数経過による接着の剥がれや変色も起こりにくく、長期間安全に美しく使用できるのです。

<セラミックの変色>
セラミックは年数経過による変色が起こりませんが、それはセラミックの種類にもよります。
例えばハイブリッドセラミックはレジンが混ざっており、その影響で変色してしまいます。
変色が起こらないのは、100%セラミックでできているオールセラミックです。

セラミックの短所

セラミックの長所は審美性の高さだけでなく、上記のようなものもあります。
しかし、このような長所だけでセラミック治療を決断するのはおすすめできません。
短所もしっかりと知っておき、その上でセラミック治療を受けるべきか考慮しましょう。

・健康保険が適用されない
セラミックは健康保険が適用されないため、費用が高額になります。
最も、詰め物は健康上なくてはならないものですから、
なぜ健康保険が適用されないのか疑問に思う人もいるかもしれません。

これについて説明すると、健康保険適用の基準は「健康目的でなおかつ必要最低限の治療」です。
セラミックは健康目的ではあるものの、審美性や機能性の高さから必要最低限の治療とは言えません。
このため、健康保険適用の基準から外れてしまうのです。

・強度が金属に劣る
セラミックは陶器ですから、あまり強い力で噛むと欠けたり割れたりすることがあります。
もちろん耐久性自体に問題はないものの、単純な強度においては金属…すなわち銀歯に劣るのです。
ただし、この短所はセラミックの種類にこだわることで克服できます。

それは、メタルボンドやジルコニアセラミックにすることです。
メタルボンドは金属を使用しているので金属に等しい強度がありますし、
人工ダイヤモンドを使用したジルコニアセラミックも強度の高さが長所です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、審美性以外のセラミックの長所についてまとめます。

1. 金属アレルギーでも安心して使用できる :セラミックは陶器なので金属を使用していない(一部例外あり)
2. 二次虫歯を予防できる :セラミックは歯との接着が剥がれにくい上にプラークも付着しにくい
3. 長持ちする :セラミックの寿命は10年以上で、これは銀歯やレジンの倍以上の長さである
4. セラミックの短所 :健康保険が適用されない、強度が金属に劣る

これら4つのことから、審美性以外のセラミックの長所について分かります。
セラミックの費用が高いと考える人は、審美性の高さだけがセラミックの長所と思っていないでしょうか。
実は審美性以外にもセラミックは銀歯やレジンに勝る長所がいくつかあります。
つまり見た目だけでなく、詰め物の質としてもセラミックは優秀なのです。

PAGE TOP