ホーム >Blog > 奥歯の詰め物や被せ物をセラミックにする必要性はありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

奥歯の詰め物や被せ物をセラミックにする必要性はありますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「奥歯の詰め物や被せ物をセラミックにする必要性」です。
最近は詰め物や被せ物をセラミックにする人が増えています。

セラミックは審美性が高いため、
目立つ箇所の詰め物や被せ物をセラミックにすることで美しさが手に入りますからね。
では、目立たない箇所をセラミックにする意味はあるのでしょうか。

例えば目立たない奥歯…審美性が高くなるのはもちろん良いことですが、
ほとんど見えない奥歯を高額にセラミックにすることにメリットはあるのでしょうか。
そこで、ここでは奥歯の詰め物や被せ物をセラミックにする必要性について説明していきます。

セラミックのメリットは審美性だけではない

確かに、審美性の高さだけがセラミックのメリットなら、
目立たない奥歯の詰め物や被せ物をセラミックにした場合メリットは半減するでしょう。
しかしここで重要なのが、セラミックのメリットが審美性の高さだけではないということで、
他にも以下のようなメリットがあるのです。

・二次虫歯を予防できる
セラミックのツルツルとした表面はプラークが付着しにくく、さらにセラミックは歯とピッタリ接着します。
このため歯との接着が剥がれにくく隙間も発生しにくいため、
セラミックは銀歯に比べて二次虫歯が予防しやすくなっています。

・金属アレルギーが起こらない
金属アレルギーの人にとって銀歯はその対象になります。その点セラミックは陶器ですから、
一部金属を使用したメタルボンドを除いて金属アレルギーの対象にはなりません。
このためセラミックなら金属アレルギーの人でも安心して使用できます。

・寿命が長い
銀歯の寿命は一般的に3年~5年ほどなのに対して、セラミックの寿命は10年以上です。
特に100%セラミックでできたオールセラミックはケア次第で15年以上使用できますし、
金属を使用していないため金属イオンが溶け出すなどの問題も起こりません。

セラミックの耐久性について

セラミックは陶器なので耐久性を不安視する意見もありますが、
詰め物や被せ物の材質として国に正式に認められている以上、充分な耐久性を誇ります。
しかし金属に比べると耐久性が劣るのは事実ですし、あまり強い力で噛むと欠けてしまうこともあります。

このため、力の掛かる奥歯の詰め物や被せ物をセラミックにするのは抵抗がある人も多いでしょう。
ただし、これについてはセラミックの種類にこだわることで問題が解決します。
セラミックにはいくつか種類があり、その中でも以下のタイプなら奥歯でも安心して使用できます。

・メタルボンド
一部金属を使用したセラミックで、見る角度によっては金属が見えてしまいます。
セラミックでありながら金属アレルギーの対象になる点はデメリットですが、
金属を使用している分金属の耐久性を誇るため、奥歯でも安心して使用できるメリットがあります。

・ジルコニアセラミック
人工ダイヤモンドのジルコニアを使用しており、硬すぎると言われるほどの耐久性を誇ります。
さらにメタルボンドよりも美しく、金属も使用していません。
ただし新しいタイプのため取り扱っている歯科医院がまだ少なく、費用も高いのがデメリットです。

…メタルボンドやジルコニアセラミックは、セラミックの種類の中でも高い耐久性を持つタイプです。
このため力の掛かる奥歯に向いていますし、もちろん他の箇所でも使用できます。

その他の種類のセラミック

奥歯向けという点でメタルボンドとジルコニアセラミックを紹介しましたが、
実際には他に2種類のセラミックがあり、もちろんそれらを奥歯に使用することも可能です。

・オールセラミック
文字どおり100%セラミックでできており、セラミックの中で最も美しいタイプです。
年数経過による変色も起こらないため、寿命になるまで美しさを維持し続けることができます。
費用は高いものの、奥歯でも美しさにこだわりたい人におすすめです。

・ハイブリッドセラミック
セラミックとレジンが混ざったタイプですから、オールセラミックほど美しくありません。
レジンの影響で年数経過による変色も起こります。
ただしその分費用が安く、お手軽なセラミックとして位置づけられています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、奥歯の詰め物や被せ物をセラミックにする必要性についてまとめます。

1. セラミックのメリットは審美性だけではない :二次虫歯を予防しやすい、寿命が長いなどのメリットもある
2. セラミックの耐久性について :メタルボンドやジルコニアセラミックなど、耐久性の高いタイプもある
3. その他の種類のセラミック :オールセラミック、ハイブリッドセラミック

これら3つのことから、奥歯の詰め物や被せ物をセラミックにする必要性について分かります。
もちろん材質の最終判断は患者さんが決めることですし、銀歯を否定するわけではありません。
しかし、セラミックのメリットが審美性の高さだけと思っているならそれは間違いです。
セラミックは二次虫歯を予防しやすいなど…言わば機能性におけるメリットも多々あるため、
その機能性を考えれば目立たない奥歯の詰め物や被せ物でもセラミックにする意味はあるのです。

PAGE TOP