ホーム >Blog > ホワイトニング以外で歯を白くする方法があれば教えてください

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

ホワイトニング以外で歯を白くする方法があれば教えてください

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「ホワイトニング以外で歯を白くする方法」です。
歯を白くする治療方法と言えばホワイトニングを連想しますが、正確にはそれだけではありません。

歯科治療の中にはホワイトニング以外にも歯を白くできる方法があり、
このためホワイトニングで白くならない歯でもそれらの治療によって白くすることが可能です。
そこで、ここではホワイトニング以外で歯を白くする方法について説明していきます。

ホワイトニングで白くならない歯

まずホワイトニングで白くならない歯の例をいくつか挙げておくと、1つがテトラサイクリンで変色した歯です。
テトラサイクリンとはひと昔前に子供の風邪薬に含まれていた抗生物質で、今でも使用することがあります。
年代的に考えて現在30代~40代の人が該当します。

次に神経が死んでいる、もしくは神経を除去したことで変色した歯です。
虫歯などで神経が死んだ歯は黒っぽく変色しますが、この場合もホワイトニングでほとんど白くなりません。
また、銀歯やレジンのような詰め物や被せ物…いわゆる人工物もホワイトニングできません。

これらの歯を白くするにはホワイトニングでは不可能ですが、
以下でお伝えするホワイトニング以外の方法によって白くできます。

ホワイトコート

歯に専用のコーティング剤を塗って白くする方法で、例えるなら歯のマニキュアです。
1度の治療で白くできるので、結婚式などのイベントにあわせて白くすることが可能です。
基本的に歯磨きしても問題ないですが、研磨剤入りの歯磨き粉を使用して強く磨くと剥がれることがあります。

また、そうでなくてもホワイトコートの持続力はあまり高くありません。
効果が続くのは一般的に1ヶ月~3ヶ月ほどとされており、そのくらい経つと除去に剥がれていってしまいます。
即効性がある点はメリットですが、白さを維持できる期間は一時的と捉えておいた方が良いでしょう。

ラミネートベニア

歯の表面をわずかに削り、そこに薄いセラミックを貼り付ける…言わば付け爪に似た方法です。
あくまで貼り付けて白く見せているので元の歯が白くなるではないですし、
さらに費用も歯1本につき10万円以上が相場のため、正直お手軽な治療とは言えません。

ラミネートベニアのメリットを挙げるなら、歯並びも美しく見せられる点でしょうか。
前歯にセラミックを貼り付けることですきっ歯などが見えなくなるため、
色だけでなく歯並びも改善したい人向けの治療方法です。

セラミック治療

詰め物や被せ物などの人工物を白くするための唯一の方法です。
セラミック治療とは詰め物や被せ物の材質をセラミックにする治療方法で、
もちろん既に銀歯やレジンを使用している人がセラミックに交換することも可能です。

また、セラミック治療は審美性の高さを理由に希望する人が多いのですが、
実際にはセラミックは審美性だけでなく機能性が高い特徴も持っています。
ちなみに、セラミックの機能性の高さとして以下のようなことが挙げられます。

•二次虫歯になりにくい
セラミックは歯としっかり接着しますし、ツルツルした材質上プラークが付着しにくくなっています。
さらに年数経過による接着の剥がれも起こりにくく、そのため虫歯の再発を予防しやすいのです。

•金属アレルギーが起こらない
銀歯の場合、金属を使用しているため金属アレルギーの対象になります。
一方セラミックの材質は陶器ですから、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。

•長持ちする
詰め物や被せ物は一定年数で交換が必要ですが、セラミックは寿命も長くなっています。
例えば銀歯は3年~5年が寿命とされていますが、セラミックならその倍以上…つまり10年以上使用できます。

歯のクリーニング

正確には歯のクリーニングは審美治療ではなく予防治療で、プラークや歯石の除去のために行うものです。
しかしクリーニング効果によって歯の表面の着色や汚れを落とせるため、
例えばコーヒーなどが原因による歯の表面の変色には効果があります。

象牙質が変色している場合はそれを白く効果はないですが、
このように歯の表面の変色においてはそれを綺麗に落とせる効果があるのです。
最も、歯のクリーニングは歯の変色関係なく虫歯や歯周病予防のために定期的に必要な治療です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニング以外で歯を白くする方法についてまとめます。

1. ホワイトニングで白くならない歯 :テトラサイクリンで変色した歯、神経が死んだ歯、詰め物などの人工物
2. ホワイトコート :歯に専用のコーティング剤を塗るマニキュアに似た方法で、効果は長続きしない
3. ラミネートベニア :歯を削ってセラミックを貼り付ける付け爪に似た方法で、歯並びも綺麗に見せられる
4. セラミック治療 :詰め物や被せ物をセラミックにする治療で、人工物を白くする唯一の方法
5. 歯のクリーニング :歯の表面の汚れや着色を落とせるが、元々の目的は虫歯や歯周病予防

これら5つのことから、ホワイトニング以外で歯を白くする方法について分かります。
このように、歯を白くする方法はホワイトニングだけではありません。
ホワイトニングで白くならない歯もありますが、その場合もこれらの方法によって対処可能です。
特にセラミック治療は一般化しつつあり、
最近では銀歯ではなく最初からセラミックを希望する人も増えています。

PAGE TOP