ホーム >Blog > セラミックの被せ物は見た目が美しいですが、機能性についてはどうなのでしょうか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックの被せ物は見た目が美しいですが、機能性についてはどうなのでしょうか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミックの機能性」です。
セラミックにするメリットを挙げた時、ほとんどの方が「見た目が美しくなる」と答えるのではないでしょうか。

確かに審美性の高さはセラミックならではのメリットですが、
被せ物として使用する以上、審美性だけでなく機能性にも注目しなければなりません。
そこで、ここではセラミックの審美性ではなく機能性について説明していきます。

二次虫歯の予防効果

そもそも被せ物というのは、虫歯治療をした箇所が再度虫歯にならないようにするためのものです。
歯を削った箇所はエナメル質に覆われておらず、象牙質が剥き出しになった脆くなっています。
このため細菌に感染しやすく、そのままにしておくとすぐに虫歯が再発してしまうのです。

そして、セラミックはそんな二次虫歯の予防効果が非常に高い特徴を持っています。
元々二次虫歯は被せ物に隙間が生じることで起こりますが、
セラミックは銀歯のように劣化によって隙間が生じることがなく、なおかつプラークも付着しにくいのです。
このため銀歯に比べて二次虫歯を予防しやすく、それが理由で銀歯からセラミックにする方もいるほどです。

被せ物としての寿命

被せ物は人工物ですから寿命があり、ずっと使用し続けることはできません。
寿命の長さは被せ物の材質によって異なり、例えば銀歯の場合は5年ほどで劣化が起こります。
一方セラミックの寿命は長く、きちんとケアしていれば10年以上使用することもできるのです。

特にオールセラミックの寿命は長く、中には15年や20年使用している方もいるほどですし、
使用年数が経つにつれての変色などの劣化も起こりません。
寿命になるまでずっと美しいままで使用することができる…それがセラミックの特徴です。

身体への影響

金属アレルギーを持つ方にとっては銀歯もその対象であり、安全に使用することはできません。
しかしセラミックは陶器を材質としているため、こうした金属アレルギーの心配がないのです。
つまりセラミックは身体に優しい材質であり、銀歯のように身体への害がないのです。

ただし、全てのセラミックがそうと言うわけではないので注意が必要です。
具体的にはメタルボンドというタイプで、メタルボンドはセラミックであるものの一部金属を使用しています。
このため、金属アレルギーの方はあらかじめその旨を歯科医に伝え、
金属を使用していないセラミックを選ぶようにしてください。

耐久性

セラミックは寿命こそ長いですが、耐久性…つまり丈夫さを心配する声もあります。
何しろセラミックは陶器ですから、割れるのではないかという意見があるのです。
確かにあまり強い力で噛み過ぎると割れることがありますし、割れないにしても欠けることがあります。

しかし割れやすいということはないですし、特に最近のオールセラミックは以前より頑丈にできています。
また、それでも心配だという方はジルコニアセラミックにすることで問題は解決します。
ジルコニアはダイヤモンドの代わりに用いられるほど硬く、硬すぎるとまでいわれる硬さを誇っているからです。

費用

最後に、肝心の費用についても説明しておきます。
セラミックは健康保険が適用されないため、銀歯に比べると遥かに高額になります。
このためセラミックの費用は高く、それがセラミックの欠点と言ってもいいでしょう。

とは言え、単に高額というわけではなくそれに見合った価値があることも事実です。
ここでお伝えしてきたようにセラミックの機能性は高く、なおかつ審美性の高さという特徴もあるからです。
こうしたセラミックの価値を考えると、一概に高額とも言い切れないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの機能性についてまとめます。

1. 二次虫歯の予防効果 :歯としっかりと接着してプラークも付着しにくいので、二次虫歯を予防しやすい
2. 被せ物としての寿命 :銀歯は5年ほどだが、セラミックはケア次第で10年以上使用できる
3. 身体への影響 :オールセラミックなら100%セラミックなので、銀歯のような金属アレルギーの心配がない
4. 耐久性 :簡単に割れることはないし、ジルコニアセラミックなら硬すぎると言われるほど硬い
5. 費用 :健康保険が適用されないので費用は高いが、それに見合った価値があるのも事実

これら5つのことから、セラミックの機能性が分かります。
今回の説明で分かるとおり、セラミックは審美性だけでなく機能性においても優れています。
特に優れているのが二次虫歯の予防効果で、銀歯で二次虫歯の繰り返しに悩まされている方も多いでしょう。

その点セラミックなら二次虫歯を予防しやすいですし、
二次虫歯を予防しやすいということは自分の歯を守ることにもなるのです。
二次虫歯を繰り返して歯を失うのを防げると考えれば、セラミックの費用は決して高額とは言い切れません。

PAGE TOP