ホーム >Blog > 二次虫歯を予防しやすいセラミックですが、歯周病も予防しやすいのですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

二次虫歯を予防しやすいセラミックですが、歯周病も予防しやすいのですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミックにおける二次虫歯と歯周病の予防のしやすさ」です。
セラミックは二次虫歯を予防しやすいと言われています。

さて、ここで気になるのは2つです。1つは「なぜ二次虫歯を予防しやすいのか?」、
そしてもう1つは「二次虫歯を予防しやすいなら、歯周病も予防しやすいのか?」という点です。
そこで、ここでは二次虫歯が予防しやすい理由、さらには歯周病の予防のしやすさについてお答えします。

二次虫歯とは

そもそも二次虫歯を知らない方のために説明しておくと、
二次虫歯というのは一度虫歯治療をした歯が再度虫歯になる…つまり虫歯の再発のことです。
本来、虫歯をした後は患部を詰め物や被せ物で覆ってしっかりと接着させます。

これは虫歯の治療跡を細菌から守るためです。
虫歯の治療跡は歯を削ったことで象牙質が剥き出しになっており、非常に脆い状態にあるのです。
そこで詰め物や被せ物を使用して、患部に細菌が侵入するのを防いでいるのです。

しかし、何らかの理由で詰め物や被せ物に隙間が生じると、その隙間から細菌が侵入してしまいます。
そうなると虫歯治療をした患部が再びに細菌に感染してしまい、二次虫歯が引き起こされるのです。
つまり二次虫歯とは虫歯の再発で、要因は詰め物や被せ物に生じた隙間ということになります。

セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由

セラミックが二次虫歯を予防しやすいのは事実で、その理由は主に2つあります。
1つは、セラミックは歯との接着の相性が良くピッタリとつくことです。
このため接着が剥がれにくいですし、劣化しにくい材質上、年数の経過で隙間が生じることもないのです。

もう1つの理由は、セラミックはプラークが付着しにくいためです。
プラークには虫歯の原因菌が潜んでおり、本来歯の表面に付着する特徴を持っています。
しかし、ツルツルした感触になっているセラミックにはプラークが付着しにくいのです。

歯周病の予防のしやすさ

では、セラミックは歯周病も予防しやすいのでしょうか。これについて回答すると、
「銀歯よりは予防しやすいものの、二次虫歯ほどの予防効果はない」というのが答えです。
まず銀歯よりも予防しやすい理由としては、上記で挙げたプラークが付着しにくいという特徴が理由です。

歯周病の原因菌もまたプラークの中に潜んでいるため、
それが付着しにくいセラミックは銀歯に比べて歯周病が予防しやすいのは確かでしょう。
しかし、二次虫歯ほど大きな予防効果がないのも事実です。

何しろ歯周病は歯肉の病気ですから、セラミックや虫歯の治療跡とは直接関係ないのです。
このため、セラミックにしたからといって歯周病予防が格段にしやすくなるわけではないですし、
歯周病を予防するにはそれなりの予防策を実践する必要があるのです。

 歯周病の予防方法

ではどうすれば歯周病が予防できるのか?効果的な予防方法は主に3つです。
1つは精度の高い歯磨きをすることで、歯周病予防の基本は虫歯予防と同じで歯磨きです。
しかしただ磨くだけでは意味がなく、精度の高い歯磨きで効率よくプラークを除去しなければなりません。

それにはデンタルフロスの使用をおすすめしますし、
この点についてはプラークが付着しにくいセラミックは有利でしょう。
2つ目に挙げられるのは歯科医院の定期検診で、理想は3ヶ月に1度の頻度で受けることです。

定期検診ではお口の中をクリーニングするのでプラークを綺麗に除去できますし、
歯磨きでは除去できない歯石まで落とすことができるのです。
そして、3つ目は生活習慣の改善です。

歯周病は細菌に感染することで起こりますから、
日常生活を見直して身体の免疫力を低下させない生活習慣を身につけることが大切です。
これら3つを実践すれば、セラミック関係なく大抵の歯周病は予防できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックにおける二次虫歯と歯周病の予防のしやすさについてまとめます。

1. 二次虫歯とは :虫歯の再発。一度虫歯治療をした歯が再び細菌に感染して虫歯になってしまうこと
2. セラミックが二次虫歯を予防しやすい理由 :歯としっかりと接着し、プラークも付着しにくいため
3. 歯周病の予防のしやすさ :プラークが付着しにくい点はプラスだが、それほど大きな予防効果はない
4. 歯周病の予防方法 :精度の高い歯磨き、歯科医院の定期検診、生活習慣の改善の3つがポイント

これら4つのことから、セラミックにおける二次虫歯と歯周病の予防のしやすさが分かります。
セラミックはプラークが付着しにくいことから、その点においては歯周病予防に有利です。
しかし、二次虫歯ほど大きな予防効果があるわけではないので油断は禁物です。
歯周病を予防するにはセラミック関係なく精度の高い歯磨きが必要ですし、
さらに定期検診の受診と生活習慣の改善…これら3つをしっかりと実践しなければなりません。

PAGE TOP