• ホーム
  • ブログ
  • なぜ銀歯は保険が適用されるのに、セラミックは適用されないのですか?

なぜ銀歯は保険が適用されるのに、セラミックは適用されないのですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「銀歯は保険が適用されるのにセラミックには適用されない理由」です。
銀歯とセラミックは材質が違うものの、歯科治療においてどちらも用途は同じです。

銀歯もセラミックも詰め物や被せ物として使用するのですが、その時の治療費には大きな差があります。
なぜなら銀歯は健康保険がされますが、セラミックは健康保険が適用されないからです。
ではなぜセラミックだけ健康保険が適用されないのでしょうか。

 健康保険適用の条件

健康保険が適用される治療の条件を分かりやすく説明すると、「身体を健康にするための最低限の治療」です。
例えば、美容外科で行う治療を想像してみてください。
豊胸、脂肪吸引、二重手術など、いずれも医院で行う治療ですが、健康保険は適用されません。

これは美容外科の治療は審美目的の治療であって、身体を健康にすることが目的の治療ではないからです。
つまり「身体を健康にするための最低限の治療」という条件に当てはまらないため、
美容外科の治療では健康保険が適用されないのです。

セラミックは健康保険適用の条件から外れている

ではセラミックはどうでしょうか?セラミックは詰め物や被せ物として使用しますし、
虫歯治療において詰め物や被せ物は欠かせません。
このため、「身体を健康にするための治療」という点では条件を満たしています。

しかし、「最低限の治療」という点で条件から外れてしまうのです。
なぜならセラミックは審美性が高く、詰め物や被せ物として最低限以上の機能性を持っているからです。
その点銀歯は審美性を一切無視しており、文字どおり最低限の治療に留まります。

つまり銀歯とセラミックでなぜ健康保険適用の有無の違いがあるのかについては、
詰め物や被せ物として最低限かそれ以上かの差が理由になっているのです。

セラミックが持つ最低限以上の特徴

セラミックは「身体を健康にするための治療」ではあるものの、
それが「最低限」ではないために健康保険適用の対象外になっています。
では具体的にセラミックにはどんな最低限以上の特徴があるのでしょうか。

審美性が高い

セラミックは見た目が美しく、特にオールセラミックは天然の歯と遜色ない美しさを誇ります。
詰め物や被せ物を単に処置のためではなく、美しく見せているのです。

二次虫歯になりにくい

詰め物や被せ物をした歯でも虫歯が再発することがあり、それを二次虫歯と呼んでいます。
銀歯はこの二次虫歯が起こるリスクが非常に高いのですが、セラミックは材質上予防しやすくなっています。

金属アレルギーが起こらない

セラミックの材質は文字どおり陶器ですから、銀歯のように金属は使用していません。
一部金属使用のタイプはあるものの、100%セラミックのオールセラミックなら金属アレルギーが起こりません。

寿命が長い

セラミックも銀歯も一生使用することはできませんが、その寿命には大きな差があります。
5年程度が寿命と言われる銀歯に比べ、セラミックならケア次第で10年以上使用できます。

…セラミックにはこうした特徴があるため、「最低限の治療」という条件から外れています。
条件から外れることで健康保険が適用されないので高額になりますが、
高額になるだけのこうした魅力的な付加価値があることを忘れてはいけません。

セラミックの費用を抑えるコツ

健康保険は適用されませんが、セラミックの高額な費用をどれだけか抑えるコツはあります。
例えば医療費控除の申請…セラミック治療は医療費控除の対象の治療となるため、
治療時のレシートや領収書を保管しておけば確定申告時に申請ができます。

また、可能であれば最初に詰め物や被せ物を入れる時点でセラミックを希望するのも1つのコツです。
一旦銀歯を入れてから後にセラミックに交換できますが、その場合銀歯の治療費がムダになるからです。
さらにセラミックの種類にこだわる方法もあり、
レジンの混ざったハイブリッドセラミックなら比較的安くなっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、銀歯は保険が適用されるのにセラミックには適用されない理由についてまとめます。

1. 健康保険適用の条件 :「身体を健康にするための治療」で、なおかつ「最低限の治療」であること
2. セラミックは健康保険適用の条件から外れている :審美性を兼ねており「最低限の治療」ではないため
3. セラミックが持つ最低限以上の特徴 :審美性の高さ、二次虫歯の予防のしやすさ、寿命の長さなど
4. セラミックの費用を抑えるコツ :医療費控除の申請などによって少しでも費用を抑えられる

これら4つのことから、銀歯は保険が適用されるのにセラミックには適用されない理由が分かります。
健康保険が適用されるのは、身体を健康にするための最低限の治療の場合です。
審美性の高さを持ったセラミックは最低限とは判断されず、そのため健康保険が適用されないのです。
一方銀歯は審美性や機能性を無視しているため、健康保険が適用されるのです。