ホーム >Blog > セラミックの白さは自分の歯に合った色に調節できますか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックの白さは自分の歯に合った色に調節できますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミックの白さは調節できるのか」です。
セラミックにする方は、その審美性に憧れて希望される方がほとんどです。

天然の歯に近い白さを誇るセラミック…しかし、肝心の天然の歯の白さは人それぞれ異なります。
このためいくらセラミックが白いといっても、自分の天然の歯と白さに違いがあれば、逆に目立ってしまいます。
そこで気になってくるのが、セラミックの白さは自分の歯に合った色に調節できるのかということです。

セラミックの白さは調節可能

冒頭の疑問に対する答えを言っておくと、セラミックの白さは調節可能です。
元々セラミックの白さ…つまり色にはいくつかのバリエーションがあり、
それらの中から最も患者さんの歯の色に合った色を選ぶことになります。
このため、自分の歯の色関係なく違和感ないピッタリの白さのセラミックがあると思えばいいでしょう。

セラミックの種類と特徴

セラミックにはいくつかの種類があり、それらの中から好きなセラミックを選ぶことができます。
ただし種類によって特徴が異なりますし、歯科医院によっては取り扱っていない種類のものもあります。
そこで、それぞれのセラミックの特徴を説明しておきます。

まずオールセラミック、これは100%セラミックで仕上げられた最も美しいタイプです。
今回のテーマのように歯の白さや美しさにこだわるなら、オールセラミックがベストでしょう。
ただし、最も美しい反面費用が他のセラミックよりも高くなるのが欠点です。

次にオールセラミック、これはセラミックとレジンが混ざったタイプです。
充分美しさは誇るものの、レジンが混ざっていることで美しさはオールセラミックに劣ります。
費用は他のセラミックより比較的安くなっているため、お手軽なセラミックと位置付けられています。

そしてメタルボンド、これは一部金属を使用したセラミックで金属の影響で頑丈なのが特徴です。
最後にジルコニアセラミック、これはセラミックの中で最も硬くて頑丈なタイプです。
光沢の点でオールセラミックに劣りますが、100%セラミックなので充分な美しさを誇ります。

審美性の高さ以外のセラミックのメリット

セラミックのメリットは、今回のテーマでもあるとおり美しい白さ…つまり審美性の高さにあります。
しかし、セラミックのメリットはそれだけでなく他にもいくつかあるのです。
ちなみに、審美性の高さ以外には以下のようなメリットがあります。

長持ちする

セラミックは人工物ですから、いくら美しいとは言え永久に使用できるわけではありません。
つまり寿命があるわけでは、これについては銀歯やレジンにも同じことが言えます。
ただしそれらの中でもセラミックの寿命は長く、ケアを怠らなければ10年以上使用可能です。

属アレルギーの方でも安心

セラミックの材質は陶器ですから、銀歯のように金属は使用していません。
このため、金属アレルギーの方でも安心して使用できるメリットがあります。
ただしメタルボンドは金属を使用しているため、全てのセラミックがこれに該当するわけではありません。

二次虫歯を予防しやすい

銀歯を使用している方は二次虫歯の繰り返しに悩まされることが多いですが、
歯にしっかりと接着してプラークも付着しないセラミックは、二次虫歯の予防効果が非常に高いのです。
もちろん予防のためにはしっかりとしたケアが必要ですが、銀歯に比べて遥かに予防しやすくなります。

…審美性の高さというメリットだけが目立ちがちなセラミックですが、
実際にはこうしたメリットもあり、見た目だけでなく実は機能性にも優れているのです。

セラミックのデメリット

セラミックには魅力的なメリットが多々ありますが、同時に知っておくべきなのがデメリットです。
メリットと合わせてデメリットも把握し、その上でセラミックにするかどうかを決めましょう。

費用が高い

セラミックの最大のデメリットが費用の高さです。
健康保険が適用されないセラミックは費用が高く、銀歯の費用とは雲泥の差があります。
最も、それに見合ったメリットがあるのも事実ですから、それを考えると一概に高額とも言い切れません。

割れや欠けが起こる

決して脆いというわけではないですが、陶器であるセラミックは時に割れたり欠けたりすることがあります。
ただし、最近のオールセラミックは以前のものに比べて丈夫になっていますし、
最近登場したジルコニアセラミックはダイヤモンドの代わりに用いられるほどの硬い素材を使用しています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの白さは調節できるのかについてまとめます。

1. セラミックの白さは調節可能 :自分の歯に近い白さのものを選べるため、白さの違いの問題は起こらない
2. セラミックの種類と特徴 :セラミックにはいくつかの種類がある。最も美しいのはオールセラミック
3. 審美性の高さ以外のセラミックのメリット :長持ちする、二次虫歯を予防しやすいなどのメリットもある
4. セラミックのデメリット :費用が高い、割れたり欠けたりすることがある(ジルコニアなら問題ない)

これら4つのことから、セラミックの白さは調節できるのかが分かります。
結論を言うと白さの調節は可能ですから、その点については問題ありません。
最も、それだけでセラミックにするのは軽率ですし、セラミック自体いくつかの種類があります。
このため、実際にセラミックにする際はセラミックのメリットとデメリット、
さらにセラミックの種類ごとの特徴を抑えた上で決断するのがベストです。

PAGE TOP