ホーム >Blog > セラミックの種類ごとでそれぞれの長所と短所を知りたいです

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックの種類ごとでそれぞれの長所と短所を知りたいです

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミックの種類とそれぞれの長所と短所」です。
詰め物や被せ物をセラミックにするセラミック治療…実はこのセラミックにはいくつかの種類があります。

そして、同じセラミックでも種類ごとで特徴が異なり、さらに言えば長所と短所も異なります。
そうなると、患者さんとしてはどのセラミックにするかで悩んでしまうと思います。
そこで、ここではセラミックの種類ごとで長所と短所を分かりやすく説明していきます。

 オールセラミック

名前が示すとおり、100%セラミックで仕上げてあるタイプです。
セラミックについての説明は、このオールセラミックが基準になっていることが多いです。

オールセラミックの長所

100%セラミックであるため、セラミックの中で最も美しいタイプと言われています。
白さはもちろん、オールセラミックは天然の歯と同じような光沢のある白さを持っています。

オールセラミックの短所

セラミックの中で最も美しい…すなわち高級なだけあって費用が高いのが短所です。
他のセラミックも銀歯に比べれば高額になりますが、その中でもオールセラミックは高くなっています。

ハイブリッドセラミック

セラミックにレジンを混ぜ合わせたタイプであり、その点からハイブリッドと名付けられています。
レジンが混ざっていることはある部分では長所になり、またある部分では短所となっています。

ハイブリッドセラミックの長所

レジンが混ざっていることで柔軟性があり、100%セラミックでない分費用が安めに設定されています。
このため、お手軽なセラミックとして他のセラミックに比べて気軽に入れることができます。

ハイブリッドセラミックの短所

セラミックは劣化による変色が起こらないですが、それは100%セラミックであることが前提です。
レジンが混ざったハイブリッドセラミックは、長年使用するとレジンの影響で若干の変色が起こります。

メタルボンド

これもメタルという名前から連想できるとおり、一部金属を使用したセラミックです。
見える外側がセラミックになっており、見えない裏側が金属という少し特殊なタイプです。

メタルボンドの長所

金属を使用していることで、セラミック自体の耐久性が補われています。
このため、セラミックにありがちな欠けや割れが起こりにくく、頑丈なところが長所です。

メタルボンドの短所

金属を使用しているため、セラミックでも金属アレルギーの対象になります。
また、見えないとは言え裏側は金属が見えているため、全体の審美性はそれほど高くありません。

 ジルコニアセラミック

新しいタイプのセラミックで、ジルコニアはダイヤモンドの代わりに用いられるほどです。
このため、金属より脆いというセラミックの短所を補っています。

コニアセラミックの長所

ジルコニアは非常に硬いため、他のセラミックに比べて強度が圧倒的に優れています。
さらに100%セラミックですから、オールセラミックに近い美しさを誇ります。

ジルコニアセラミックの短所

極端に差があるわけではないですが、同じ100%セラミックのオールセラミックよりも光沢がありません。
また、オールセラミック同様他のセラミックに比べて費用が高くなるのが短所です。

 セラミック自体の長所と短所

上記で紹介した種類に限らず、以下の長所と短所は全てのセラミックに言えることです。

セラミック自体の長所

セラミックは審美性が高く、さらに二次虫歯になりにくい長所を持っています。
さらに詰め物や被せ物として長持ちし、ケア次第では10年以上使用することも可能です。

セラミック自体の短所

健康保険が適用されないことから、最大の短所は費用が高いことです。
最も、それに見合った価値があるのも事実です。また、硬さの点で銀歯に劣ります。

いかがでしたか?

最後に、セラミックの種類とそれぞれの長所と短所についてまとめます。

1. オールセラミック :全てのセラミックの中で最も美しいが、その分費用が高くなっている
2. ハイブリッドセラミック :レジンが混ざっているため費用が安め。レジンの影響で変色することがある
3. メタルボンド :一部金属を使用しているので頑丈だが、金属アレルギーの対象になる
4. ジルコニアセラミック :他のセラミックよりも硬くて頑丈。美しさはオールセラミックに若干劣る
5. セラミック自体の長所と短所 :審美性が高く二次虫歯も予防しやすいが、費用が高い

これら5つのことから、セラミックの種類とそれぞれの長所と短所が分かります。
このように、セラミックは種類ごとで異なった特徴を持っています。
それぞれのセラミックの長所と短所を把握し、その上で自分に合ったタイプのセラミックを選びましょう。
1つだけ注意点を挙げておくと、全ての歯科医院が全てのセラミックを取り扱っているわけではありません。
特にジルコニアセラミックは新しいタイプですから、中には現状取り扱っていない歯科医院もあるでしょう。

PAGE TOP